家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった

三葉 空

31 真由美ちゃんのバストアップ計画

ここ最近のこと。

「んしょ、んしょ」

真由美ちゃんが熱心に、自分の胸を揉んでいる。

「ねえ、真由美ちゃん。どうしたの?」

「へっ?」

「いや、何か一生懸命に胸を揉んでいるから」

「あ、うん」

真由美ちゃんは照れくさそうに俯く。

「あのね、結構3人でエッチをしたりするでしょ?」

「ま、まあね」

「その時ね、お姉ちゃんの胸を見ていつも思うんだ。とにかくすごいって。私が出来ないことも、お姉ちゃんはいとも簡単にやってのけて、翔太くんを気持ちよくさせてあげて」

「ま、真由美ちゃん。僕は真由美ちゃんの小さなおっぱいも好きだよ」

「ありがとう、翔太くん」

真由美ちゃんは微笑む。

「でもね、私もやっぱり女の子だから、大きいのに憧れるというか……もっと、翔太くんのために尽くしてあげたいの」

「ま、真由美ちゃん……」

「だから、こうやって頑張って、おっぱいを大きくしたいの」

「そうか、僕のために……」

何だか、涙腺が緩くなってしまう。

「よし、僕も協力するよ。真由美ちゃんのバストアップに」

「本当に?」

「そうやって、胸を揉むのも良いけど、やっぱり食事も大切だと思うんだ。唐揚げとか、バストアップに良いから、そういった食事を今後のメニューにするよ」

「翔太くん……でもそれだと、お姉ちゃんもますます成長しちゃうんじゃ」

「……確か今、灯里さんって友達と旅行に行っているんだよね?」

「うん。2泊3日だったかな?」

「その後、しばらく実家で過ごしてってお願いしておくよ」

「えっ?」

「これからしばらく、僕と真由美ちゃんで『おっぱい合宿』をしよう」

「お、おっぱい合宿……」

「あ、そこまでやると引いちゃうかな?」

「ううん、嬉しいよ。それって、翔太くんと二人きりってことだよね?」

「そ、そうなるね」

「お姉ちゃんが居るといつもにぎやかで楽しいけど……翔太くんと二人になれるの、嬉しい」

「よ、よーし! 僕も張り切っちゃうぞ!」

かくして、僕と真由美ちゃんの『おっぱい合宿』が始まった。







「んっ、あっ……」

僕は背後から真由美ちゃんのおっぱいを揉んでいた。

円を描くように優しく。

「こうやっておっぱいを揉むことで、血行が良くなる。それから、女性ホルモンが活性化する。それがバストアップに効くんだって」

「そ、そうなんだ……あっ」

「真由美ちゃん、痛くない?」

「う、うん。翔太くんに揉んでもらって、嬉しい」

「どこまで可愛いんだ、君は」

僕は健気な真由美ちゃんに悶えつつ、おっぱいを揉み続ける。

「ごめんね、お姉ちゃんみたいに揉みがいが無くて」

「何度も言っているけど、真由美ちゃんの手の平に収まるおっぱい、すごく可愛いよ」

「嬉しい……けど、もうちょとだけ、大きくして」

「じゃあ、とりあえず、Cカップを目指そうか」

「うん。なりたい、Cカップ……あっ」

僕にたっぷりと胸を揉まれた真由美ちゃんの体は火照り、軽く湯気が立ち、汗も噴いていた。

僕はタオルで真由美ちゃんの体を拭いてあげる。

「ねえ、翔太くん」

「ん?」

「バストアップには、女性ホルモンを活性化させると良いんだよね?」

「うん、そうだよ」

「だったら……エッチしよ?」

「えっ?」

「せっかくの機会だから……翔太くんと二人きりでエッチがしたいの……」

「ま、真由美ちゃん……」

僕はサッとそばに置いていたノートをめくって見せる。

「見て、このスケジュール」

「あっ」

真由美ちゃんがご所望のエッチタイムは、夜にしっかりと設定されていた。

「夜更かしはバストアップの妨げになるから、いつもみたいにたっぷりとは出来ないかもしれないけど。その分、二人だけで密度が濃く出来るかなって」

「しょ、翔太くん……」

「けど、アレだな……何だか、僕もムラムラしちゃったよ」

僕は服を脱ぐ。

「今日は休日で時間も余裕があるから……ちょっとフライングエッチしちゃう?」

「し、したい」

真由美ちゃんは赤面しながら頷く。

「じゃあ、しよっか」

それから、僕は真由美ちゃんをベッドに押し倒した。







エッチを終えた僕らは、シャワーを浴びてさっぱりしてから……

「「いただきまーす!」」

二人で晩ごはんを食べる。

約束通り唐揚げと、それからキャベツのサラダを用意した。

両方とも、バストアップに効果てきめんだ。

「翔太くん、美味しいよ」

「良かった」

僕らが微笑み合っていると、スマホが鳴った。

「ん? あ、灯里さんからだ」

僕は届いた画像を見る。

「真由美ちゃん、これ」

「あ、お姉ちゃんってば、楽しそう」

そこに写っていたのは、女友達で盛り上がる灯里さんの姿だ。

今回は大学の仲良しグループでの女子旅だそうだ。

「よし、じゃあ二人でがんばって、灯里さんをびっくりさせてあげよう」

「うん。あっ、翔太くん」

「どうしたの?」

僕はみそ汁をすすりなが聞き返す。

「えっと、その……夜もまた、エッチをしてくれるのかな?」

「へっ?」

「ほら、さっきフライングしちゃったし」

「あ、ああ」

「しかも、あんなに激しくて……私、壊れちゃうかと思ったもん。翔太くんの、相変わらずすごいから……」

「ま、真由美ちゃん? ちょっとばかり、いやかなり、灯里さんの影響を受けているよ」

「やだ、もう。お姉ちゃんみたいにエッチじゃないもん」

「いやいや、真由美ちゃんはもう十分、エッチな子だよ」

僕が言うと、真由美ちゃんはむすっと頬を膨らませる。

「翔太くんが一番エッチだよ」

「うっ……返す言葉もございません」

「なんてね。けど、翔太くんがエッチな方が嬉しいよ。だって、その方が……ううん、何でもない」

真由美ちゃんは慌ててごはんをかき込む。

そんな彼女のことが、とても可愛いと思った。






          

「家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く