家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった

三葉空

29 いっぱい遊んだあとは……エッチな姉妹がご奉仕してくれます♡

「はぁ~、楽しかったねぇ」

ホテルの部屋に入るなり、灯里さんは言う。

「もう、お姉ちゃんってば。一番年上なのに、一番ハシャいでいたよ?」

真由美ちゃんが苦笑まじりに言う。

「良いでしょ? 楽しかったんだもん。それは……大好きな翔ちゃんと一緒だったから!」

灯里さんが僕の腕に抱きつく。

「わっ」

それを見た真由美ちゃんが、

「ズルい、私も」

僕の腕に抱き付く。

「おっ」

僕は例のごとく、また美人姉妹にサンドイッチされてしまう。

「ねえ、二人とも、落ち着こうよ。お腹とか空いてない」

「うん、空いているよ。だから、翔ちゃんを食べちゃう♡」

「わ、私だって」

「肉食だな~」

僕は肩をすくめる。

「じゃあ、せめてお風呂に入って汗を流そう」

「やだ、翔ちゃんってば。そうやって、お風呂プレイを楽しむつもりね」

「しょ、翔太くん……」

「よし、顔に思い切り冷たいシャワーをぶっかけてやる」

「ぶっかけてやるって……翔ちゃん♡」

「翔太くん……」

「もう君たちの思考回路はおかしいよ」

そんなこんなで、3人でお風呂にイン。

「真由美、翔ちゃんの背中を洗って良いわよ」

「え、良いの?」

「うん。その代わり、あたしは……」

灯里さんはニヤリと笑う。

「正面から、翔ちゃんを洗っちゃう♡」

「し、しまったぁ!」

「真由美ちゃん、しまったぁ、じゃないよ」

賢いはずの真由美ちゃんが、エロバカな灯里さんのせいで、どんどん偏差値を落として言っているのが少し悲しい。

まあ、可愛いけど。

「ほれほれ~♡」

そうこうしている内に、灯里さんが僕を攻めて来た。

「あっ」

「うふふ、あたしのデカメロンはどうかな~?」

「やっぱり、バカだな~」

「とか言って、嬉しいくせに」

「わっぷ……おい、顔はやめろ。死ぬって!」

「お姉ちゃん、もっと翔太くんから離れて!」

真由美ちゃんがグググ、と灯里さんを押す。

「あら、すっかり生意気になったわね、真由美」

灯里さんは不敵に微笑む。

「それっ」

そして、自分の胸を真由美ちゃんに掴ませた。

「んっ」

「えっ?」

真由美ちゃんは灯里さんの大きな胸をモミモミする。

「あっ、はっ」

「す、すごい。こんなに大きくて重いんだ……それに比べて、私のは……」

真由美ちゃんの目がドンドン虚ろになって行く。

「しっかりして、真由美ちゃん!」

「ハッ……お、おっぱいが小さくたって、翔太くんに喜んでもらうんだから!」

真由美ちゃんは一生懸命、僕の背中を洗ってくれる。

「翔太くん、どうかな? 気持ち良い?」

「うん。スポンジじゃなくて、手の平で洗ってくれるの、何だか嬉しいね」

「本当に?」

「何よ~、お姉ちゃんを差し置いてイチャラブしちゃって」

「言ったでしょ? お姉ちゃんには負けないって」

「本当に生意気な妹だこと」

姉妹は笑い合う。

「じゃあ、あたしは頭を洗ってあげようかしら」

「ちゃんと洗ってよ、灯里さん」

「任せなさいって。じゃあ、おっぱいに泡をつけて……」

「おい、のっけからおかしいだろうが」

「えへへ、バレた?」

「しかも、体を洗うならまだしも、何で髪を洗うんだよ」

「あれあれ~、翔ちゃんってば。もしかして、して欲しいの?」

「遠慮しておきます。ここはいかがわしいお店じゃないんだから」

「もう、とっくにエッチをしている仲なんだから、良いじゃない」

「だって、灯里さん絶対に暴走するでしょ?」

「暴走機関車です♡」

「うざいな~」

そう言いつつも、僕は灯里さんの大きなおっぱいで遊んだ。

「あんっ、やんっ♡」

「しょ、翔太くん、私も……」

「うん、良いよ」

何だかんだ、僕もエッチな男だ。






          

「家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く