家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった

三葉空

27 可愛い姉妹ゲンカ、ノックアウトされる僕

「そういえば、もうすぐGWだね」

いつも通り、3人で晩ご飯を食べていた時に灯里さんが言った。

「うん、そうだね」

真由美ちゃんが頷く。

「せっかくだし、みんなでどこかに行こうよ」

「それは良いアイディアだけど。お金はどうするの?」

僕は言う。

「大丈夫。パパとママから軍資金はもらったから」

「えっ」

「うふふ。普通ならおかしいこの三人の関係も、パパとママは応援してくれているみたい」

灯里さんは微笑んで言う。

「何かでも申し訳ないなって、思うんだ」

「どうして、翔ちゃん?」

「だって、こんな美人姉妹を2人とも独占するなんて。ご両親にもそうだけど、世の男性にも悪いって言うか」

「翔太くん……」

「もう、翔ちゃんってば相変わらず良い子なんだから」

灯里さんが僕のそばに寄り、豊満な胸で顔をぎゅっとしてくれる。

「あっ、お姉ちゃんばかりズルい」

真由美ちゃんも負けじと僕に抱き付く。

「ふふふ、真由美。せめてCカップくらいになってから出直して来なさい」

「で、でも、Bカップにはなったもん」

「あら、いつの間に? Aカップちゃんだったのに」

「それは……翔太くんがたくさん触ってくれたから」

「コ、コホン」

「へぇ~。やっぱり、あたしたち姉妹はもう、翔ちゃんが居ないとダメね♡」

むぎゅうううぅ。

「あ、灯里さん……苦しい」

「むぎゅ~♡」

「す、すごい……胸が大きいと、何でもできるんだ」

「真由美ちゃん、感心しないで……」

「もうすぐJカップになりそうだから、楽しみにしていてね?」

「Jカップってマジ……あっ、何でもないです」

「ねぇ、どうしてお姉ちゃんばかりそんなに胸が大きくなるの? 姉妹なのに」

「ふふふ、妹はお姉ちゃんに敵わない運命なのよ」

「ま、負けないもん」

ふにゅっ。

あっ、真由美ちゃんの可愛らしい胸の感触もまた……って、僕は変態かよ。

「ていうか、GWにどこに行くか決めようよ」

と、言うことで……

「せっかくだから、お泊りが良いなぁ」

灯里さんが言う。

「じゃあ、温泉とか?」

真由美ちゃんが言う。

「まあ、温泉でしっぽりも良いけど……あ、そうだ」

灯里さんはスマホを手に取ると、何やらパパパッと画面をタップする。

「ここなんてどう?」

灯里さんが示したのは、レジャーランドの写真だった。

「遊園地?」

「そう。そこにホテルも併設しているから」

「今から予約って取れるの?」

「GWの終盤あたりなら空いているみたいよ」

「良いね~。じゃあ、それまではどうするの?」

「お家でまったりしましょう。いや、激しくなっちゃうのかな?」

「灯里さん? 何を言っているのかな?」

「だって、翔ちゃんって可愛い顔に似合わずご立派さまなんだもん」

「それ言わないで」

「真由美もそう思うでしょ?」

「う、うん。正直、最初の時は壊れちゃうかと思った……」

「えっ……ご、ごめん」

「い、良いの。すごく気持ち良かったから……あっ」

「ふぅ。純情だった真由美もすっかりエロ子ちゃんか。お姉ちゃんは嬉しいような、寂しいような」

「お姉ちゃんって相変わらずムカつくよね」

「それがあたしの売りよ」

「開き直らないでよ」

「まあまあ、姉妹ゲンカはやめて」

「じゃあ、翔ちゃんのご立派さまで二人とも可愛がりなさい」

「いや、まだご飯を食べている最中だから」

「とか言って、もう起立しているじゃない」

「えっ?」


「なーんてね。やーい、引っかかった~」

「灯里さんって、やっぱりウザいなぁ。後で真由美ちゃんとだけしよ」

「やったー」

「ちょっと、お姉ちゃんを仲間外れにしないで。謝るから、後でいっぱいナメナメするから」

「おい、変態お姉さん」

「足の裏の話だよ?」

「どちらにせよだよ。僕はそんな鬼畜な男じゃないよ」

「けど、ソレの大きさは鬼畜……」

「灯里さんはもう晩飯抜きだね。あと、エッチもなし」

「あ~ん! 何でお姉ちゃんばかりいじめるのよ~!」

灯里さんは泣きながらおっぱいでビンタをして来る。

「いたっ……柔らかいけど、結構痛いよ!」

「ふふふ、これがあたしのおっぱいの力よ」

「ぐぬぬ、やっぱりおっぱいが大きいのって凄い……」

「真由美ちゃん、悔しがらなくても良いよ……へぶしっ!?」

とうとう、僕は灯里さんのおっぱいにノックアウトされる。

「やった~。翔ちゃんを倒したぞ~!」

「もう、お姉ちゃん! そんなことしてどうするのよ!」

結局、また姉妹ゲンカが始まってしまう。

僕は止めてあげたいけど、しばらく立ち上がれそうになかった。

ピンッ!

あ、でも確かに、下の方はちゃんと元気だった。






          

「家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く