家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった

三葉空

24 朝からイケナイことしちゃう?

朝、目が覚めると。

「おはよう、翔ちゃん」

そばで頬杖を突いて、僕を見つめる灯里さんがいた。

「お、おはよう、灯里さん」

「うふふ」

「何を笑っているの?」

僕が問いかけると、灯里さんはプチ、プチ、とパジャマのボタンを外す。

そこから、むっちりとした谷間が覗く。

「あ、灯里さん?」

戸惑う僕の指先をつまむと、灯里さんはそのまま、自分の谷間に差し込んだ。

「えっ」

「どう? お姉さんのおっぱいは」

「いや、その……温かくて、柔らかいです。あと、肉圧もすごくて……」

「そこは肉圧じゃなくて、乳圧って言うの♡」

灯里さんはそう言って、僕の指をゆっくりと前後させる。

「んっ、あっ♡」

「ちょ、ちょっと、朝からやめてよ」

「だって、翔ちゃんのことが好きだから」

「ス、ストレートに言うなぁ」

「じゃあ、お姉さんの胸で温めて翔ちゃんの指先を……」

パクっと。

「あっ」

灯里さんは僕の指を軽く咥えながら、少しずつ舐める。

「お、おい、何するんだ」

僕が言うけど、灯里さんは無視をして、優しくちゅぱちゅぱと僕の指を舐める。

「……あっ。翔ちゃんの指、おいちい♡」

「赤ちゃんか、あんたは」

「え、赤ちゃんごっこがちたいの?」

「おい、マジでやめろ、クソお姉さん」

「とか言って、本当は嬉しいくせに。ドMの翔ちゃん♡」

「へえ、そんなこと言っちゃうんだ?」

僕はむくりと起き上がると、灯里さん胸をつねった。

「あッ!?」

灯里さんは目元を歪ませた。

「ちょ、ちょっと、痛いよ」

「いたいけな弟分の僕をいじめた罰だよ」

「お、弟じゃなくて、彼氏でしょ?」

「へえ、可愛いこと言ってくれるんだね」

ぎゅうううぅ。

「んあああああぁ……や、やめて」

灯里さんは言うけど、日頃から好き勝手にされているので、僕は仕返しをやめない。

「ねえ、ちょっと待って、先っちょはダメ……」

「そうなんだ」

ぎゅっ!

「うああああああああああああぁん!」

灯里さんが大声を出してクタッとした。

「……はぁ、はぁ。翔ちゃん、ひどい子ね♡」

「ごめんね、灯里さん。僕ちょっと、楽しいかも」

「もう、変態くん♡」

息を切らす灯里さんを見て、僕も笑っていた。

その時、後ろからチョンチョン、と肩をつつかれる。

「えっ?」

振り向くと、真由美ちゃんが笑顔だった。

僕は即座に冷や汗を流す。

「ま、真由美ちゃん……」

「おはよう、翔太くん。朝から楽しそうだね」

「いや、これは……ハハ」

「ねえ、真由美。あんたもやってもらいなよ」

灯里さんが言う。

「え?」

「翔ちゃんにいじめてもらいな♡」

「いや、それは……」

「……うん、そうだね」

「真由美ちゃん!?」

真由美ちゃんはスッと胸を前に出す。

「小さくて、いじめがいがないだろうけど……どうぞ」

真由美ちゃんは頬を赤らめて言う。

僕はゴクリ、吐息を呑みつつ、真由美ちゃんの胸をつねった。

「あっ……」

真由美ちゃんの体がピクンとする。

「……ねえ、ちょっと。何かあたしの時よりも優しくない?」

「えっ? そんなことないよ」

「ねえ、真由美。どうなの?」

「んっ……翔太くん、優しい」

「ほら、やっぱり~」

「灯里さん」

「何よ?」

「ちょっと集中したいんで、黙っていて下さい」

「何よ、もう~!」

背後で喚く灯里さんを無視しつつ、僕は真由美ちゃんの小さな膨らみをつねって行く。

「ね、ねえ、翔太くん」

「ん?」

「あたしも……その……先端を……」

「あ、う、うん」

僕はドキドキしつつ、真由美ちゃんの先端を、優しくつまんだ。

「はっ……!」

すると、真由美ちゃんの体がビクビクビク、と震えた。

そのまま、僕の方に倒れて来る。

「はぁ、はぁ……」

「真由美ちゃん、大丈夫?」

「うん……すごく気持ち良かったよ」

「そ、そっか」

「ちょっと、二人とも」

呼ばれて、僕と真由美ちゃんは顔を向ける。

灯里さんは最大限に頬を膨らませていた。

「お姉ちゃんを仲間外れにするとは、何事か」

「あ、存在を忘れていた」

「翔ちゃん? もぐよ?」

「怖いな」

「お姉ちゃん、落ち着いて。そんなことをしたら、お姉ちゃんも困るでしょ?」

「うん、困るぅ~! だってあたし、もうこのご立派さまの虜だもの~!」

「その言い方はやめてよ」

「けど、真由美。あんた処女だったのに、よく大丈夫だったわね」

「う、うん。最初は苦しかったけど……もうちゃんと、翔太くんの形だから」

「ま、真由美ちゃん……」

「ちょっと、知らない間にあたしの妹がめちゃエロくなっているんだけど。ちょっと前まではあんなにウブっ子だったのに」

「お姉ちゃん、私も成長しているんだよ」

「けど、おっぱいはいつまでも小さいままじゃん」

「は? ひっぱたくよ?」

「やだもう、怖い~」

むぎゅっ。

後ろから豊満な胸が触れる。

「ちょっと、お姉ちゃんばかりズルい」

むにゅっ。

前から可愛らしい胸が触れる。

「あ、このサンドイッチ、久しぶりだ」

「これが朝ごはんよ♡」

「そんな訳ないでしょ」

「二人とも、あまりケンカしないでね」

「じゃあ、翔ちゃんが……」

「ちゃんと私たち姉妹を可愛がってね?」

「えっと、じゃあ……」

同時にぎゅっ、と。

「「ああああああああぁん!」」

朝から姉妹のユニゾンが響いた。






          

「家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く