家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった

三葉空

25 彼女とアイスを食べっこする

学校からの帰り道。

「ねえ、翔太くん」

「なに、真由美ちゃん?」

「あのアイス屋に寄りたいな」

「ん?」

見ると、アイスの移動販売をやっていた。

「良いね、食べよう」

僕は真由美ちゃんと一緒にアイス屋に向かう。

「いらっしゃいませ~」

「うーん、どれにしようかなぁ」

真由美ちゃんは唇に指先を添えて悩んでいる。

可愛いなぁ。

「ねえねえ、翔太くんはどれが良いと思う?」

「そうだね……僕はブルーハワイかな。真由美ちゃんはストロベリーとかどう?」

「じゃあ、それにする」

僕らはアイスを買い終えると、近くのベンチに座った。

「いただきます、と」

僕らはアイスを食べる。

「う~ん、美味しい」

「何か、女子とアイスの組み合わせって良いよね」

「そうかな?」

「うん、可愛いよ。真由美ちゃんが可愛い」

「やだ、もう……あっ」

照れた拍子に、真由美ちゃんはアイスを落としてしまった。

「ご、ごめん。僕のせいで」

「う、ううん。私が悪いの」

「じゃあ、僕が新しいのを買って来るから……」

「待って」

真由美ちゃんが僕の手を掴んで止める。

「良ければその……翔太くんのアイスを二人で食べない?」

「えっ?」

「ダメかな?」

「いや、僕は全然良いよ。真由美ちゃんが良ければ」

「じゃあ、食べよ?」

僕は座り直すと、

「じゃあ、どうぞ」

真由美ちゃんにアイスを手渡そうとするg、なぜか受け取ってもらえない。

「真由美ちゃん?」

「……翔太くんが、食べさせて?」

「えっ」

戸惑う僕のことを、真由美ちゃんがじっと見つめて来る。

「わ、分かったよ」

僕はアイスを真由美ちゃんの口元に寄せる。

すると、真由美ちゃんは小さく一口食べた。

「……うん、美味しい」

そして、ニコリと笑う。

「よ、良かったね」

「じゃあ、今度は翔太くんの番」

「へっ?」

きょとんとする僕の手からアイスを取ると、今度は真由美ちゃんが……

「翔太くん。はい、あーん♡」

「あ、あーん」

僕は尚も戸惑いつつ、パクっとした。

「どう? 美味しい?」

「う、うん」

「じゃあ、今度は私に食べさせて?」

それから、交互に食べさせ合う。

ブルーハワイのアイスは少しずつ減って行くけど……

「あ、大変。溶けて来ちゃった」

真由美ちゃんが言う。

「ごめんね、私のせいで」

「いや、気にしなくて良いよ」

「けど、手がベトベトになっちゃう」

「近くに手洗い場があるから、平気だよ」

「翔太くん……」

すると、真由美ちゃんはなぜか、僕の手をじっと見つめている。

それから、かすかにコクリ、とその細い喉が動いたように見えた。

そして……

「えっ」

真由美ちゃんは、遠慮がちに僕の指を咥えて、それから舐めた。

「んっ……はっ……」

わずかばかり、吐息を乱しながら。

僕はそんな真由美ちゃんを呆然と見つめていた。

「……ごめんね、翔太くん」

僕の指を舐め終えた真由美ちゃんが顔を上げて言う。

「お姉ちゃんのせいで……ううん。翔太くんのことが好き過ぎて……エッチな子になっちゃった」

僕と付き合う前は、とにかく爽やかさが魅力的だった真由美ちゃん。

けれども、今ではすっかり、こんなにもエッチな女の子に……

「幻滅した?」

「……正直に言って良い?」

「うん」

「メチャクチャ興奮する」

「それって、嬉しいってこと?」

「まあ、そうだね」

僕は照れながらそう答える。

「じゃあ、翔太くんのために……もっとエッチな子になっちゃおうかな」

真由美ちゃんは僕に寄り添って、上目遣いにそう言った。

「……か、可愛い過ぎるから、少しだけ手加減してくれる?」

「ダーメ♡ だって、お姉ちゃんっていう手強いライバルがいるんだもん」

「ダ、ダメだよ。姉妹で仲良くしないと」

「それは翔太くん次第だよ。ちゃんと私もお姉ちゃんも、平等に愛してね?」

「も、もちろんです」

「けど、昨日はお姉ちゃんとの回数の方が多かったよ。やっぱり、巨乳の方が興奮するの?」

「そ、そんなことは……えいっ」

「あっ! ちょ、ちょっと、こんな所で胸を……」

「僕はこの手の平に収まる真由美ちゃんのおっぱいも好きだ」

「も、もう、エッチな翔太くん」

それからしばらく、ベンチでくっついていた。






          

「家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く