家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった

三葉空

23 お姉さんと妹と……

ホテルからの帰り、僕らは手を繋いだまま、歩いていた。

「……翔ちゃん、すごかった」

「えっ?」

「あんなにおっきいの、あたしの人生で初めてだったよ」

「そ、そんなにですか?」

「けどね、そんな大きさとか何よりも……翔ちゃんに抱いてもらえて嬉しかったの」

「僕も……灯里さんとエッチ出来て嬉しかった」

「本当に?」

「うん。おっぱい、メチャクチャ揺れていたし」

「だって、翔ちゃんが激しくするから……」

お互いに言い合って、僕らはまた無言になる。

「……僕、ちゃんと真由美ちゃんに謝るよ」

「え、でも……」

「黙っていた方が、真由美ちゃんにとって優しいのかもしれない。けど、やっぱり言わないと」

「……男らしいね、翔ちゃんは」

「タダの二股野郎だよ」

そして、我が家にたどり着いた。

緊張しながら、ドアを開ける。

「あ、翔太くん、お姉ちゃん。お帰りなさい」

真由美ちゃんがエプロン姿でいた。

「えへへ。今日はね、私が夕飯を作ったんだ」

真由美ちゃんの笑顔が眩しくて、直視できない。

「どうしたの? あ、もしかして外で食べて来ちゃった?」

「真由美ちゃん、話があるんだ」

「翔太くん?」

真由美ちゃんは小首をかしげる。

僕と灯里さんは神妙な面持ちでテーブルの前に正座をした。

「二人とも、どうしたの? そんな風に改まって」

真由美ちゃんもテーブルを挟んで向かいに座る。

「真由美ちゃん、実は僕……今日、灯里さんとデートをして……最後にエッチをしちゃったんだ」

シン、と静まり返る。

お鍋がコトコト煮える音だけが聞こえていた。

「本当にごめん。僕は真由美ちゃんの彼氏でありながら……」

僕は歯を食いしばって言う。

「違うの、真由美。悪いのはあたしなの。あたしが、翔ちゃんのことを本気で好きになっていたから……だから……」

灯里さんはまた涙をこぼしてしまう。

「……二人とも、顔をあげて」

僕らは同時にゆっくりと、顔を上げる。

すると、頬をパチと叩かれた。

本当に、軽く。

真由美ちゃんは両手で僕らを挟むようにしながら、ニコっと笑う。

「メッ、だよ」

「「えっ?」」

「そんな暗い顔をしたら、ダメ」

「ま、真由美ちゃん? 怒ってないの?」

「そりゃ、少しは怒るよ? だって、私は翔太くんの彼女で、翔太くんのことが大好きなんだから」

真由美ちゃんは言う。

「でもね、お姉ちゃんのことも大好きなの」

「真由美……」

「私ね、ずっと心配していたんだ。お姉ちゃんは見た目こそ派手だけど、純情な人だから。合わない彼氏と無理に付き合って、辛そうだなって思っていた」

真由美ちゃんは言う。

「でも、翔太くんと話しているお姉ちゃんは本当に自然体で楽しそうで……翔太くんなら、きっとお姉ちゃんを幸せにしてくれるなって思ったの」

「真由美ちゃん……」

「でもね、翔太くん。私だって、ずっと翔太くんのことが好きだったんだよ? だから、もしお姉ちゃんのことが好きになっても……」

とっさに、真由美ちゃんに駆け寄って、抱き締めていた。

「……翔太くん?」

「ごめん、ごめん……」

「よしよし、謝らないで良いよ」

真由美ちゃんは僕の頭を優しく撫でてくれる。

「ほら、お姉ちゃんもおいで」

「えっ?」

灯里さんは戸惑いつつも、真由美ちゃんのそばに寄る。

「三人でぎゅっ」

真由美ちゃんが泣き面の僕と灯里さんを抱き寄せる。

「ごめんね、おっぱい小さいけど」

「そんなことないよ……真由美ちゃんのおっぱい、柔らかい」

「本当に……小さいけど、何て母性的なの」

「こら、私は二人のお母さんじゃないんだぞ?」

真由美ちゃんはくすりと笑う。

そんな彼女を見て、僕は姿勢を正して見つめた。

「真由美ちゃん、灯里さん」

二人も僕を見つめてくれる。

「僕は二人とも大好きだ。だから、これからも……ずっと、一緒に居て欲しい」

なんてワガママなことだろう。

ラブコメのハーレム主人公でもあるまいし。

こんな美女2人を同時に自分の物にしたいだなんて。

「「良いよ」」」

姉妹はそろえて言う。

「ほ、本当に?」

「けど良いの、翔太くん?」

「えっ?」

「あたしらもう、すっかり翔ちゃんにメロメロなんだよ?」

「はっ?」

あれよあれよという間に、二人が服を脱ぎ捨てた。

「うわ、やっぱり、お姉ちゃんのおっぱいすごく大きいね」

「真由美こそ、小さいけど素敵よ」

「ありがとう」

「え、えっと……これから、夕飯の時間だよね?」

僕がたじろぎながら言うと、二人はニヤリとする。

「翔太くん、お腹空いているよね?」

「翔ちゃん、若いんだから大丈夫よね?」

「マ、マジですか……」

この後のことは、詳細を語れない。

ただ、言えることは……

「「ああああぁん! 翔太、すごおおおおぉい!!」」

二人とも、僕の大切なヒトだ。






          

「家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く