家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった

三葉 空

16 灯里さんのサプライズ

夕日に照らされる帰り道を二人で歩いていた。

お互いに会話をすることもなく。

けれども、しっかりと手を握り合っていた。

僕はチラ、と隣を歩く真由美ちゃんを見た。

今日の昼休み、あの小さくぷるんと可愛らしい唇に、いっぱいキスをしたんだ。

しかも、少し大人のキスというか……深く繋がってしまった。

ヤバい、思い出すだけでもドキドキしてしまう。

「翔太くん」

「へっ?」

ふいに呼ばれたので、間抜けな声が出てしまう。

「えっと、その……手があったかいね」

「あ、そうかな?」

「うん。男の人って感じがする……」

夕日に照らされているせいだろうか、真由美ちゃんの頬が赤く染まって見える。

ああ、やっぱり、この子は可愛いなぁ。

この帰り道が永遠に続けば良いとさえ思ってしまう。

けれども、僕らはあっという間に自宅のアパートにたどり着いた。

「お腹すいたでしょ? すぐに晩ご飯の用意をするからね」

「ありがとう、翔太くん」

玄関ドアを開ける。

「あ、お帰りなさい♡」

笑顔で僕らを出迎えたのは、灯里さんだった。

「「えっ?」」

僕と真由美ちゃんは同時に目を丸くする。

なぜなら、灯里さんがエプロン姿だったから。

「あ、灯里さん? それは……」

「えへへ、可愛いでしょ? 新しく買ったの」

「な、何でまた?」

「今日は~、あたしが~、可愛い妹カップルのために~、お料理を作ったの♡」

「お、お姉ちゃん、大丈夫なの?」

「え、何で?」

「だって、料理なんてしたことある?」

「あるよ。カップ麺」

いや、Vサインして言うことか。

「大丈夫よ~、ちゃんとスマホでレシピを見ながら作ったから」

灯里さんは笑顔で言うが、僕らは不安で仕方がない。

「ほら、そんな所に突っ立ってないで、早く上がりなさい」

灯里さんに言われて、僕らはとりあえず玄関から上がった。

「ねえ、見て見て~」

そして、嬉々とした灯里さんに誘われて、恐る恐る食卓に目をやる。

「「えっ」」

そこには、思った以上にまともな料理が並んでいた。

うな丼に、カキのフライに、イカの丸焼き……

少し贅沢だなぁ、と思いつつ、ちゃんと納豆のネバネバサラダも用意されている。

「灯里さん、本当に一人で作ったんですか?」

「うん。まあ、お惣菜だけどね」

「おい」

「でもでも~、うな丼のご飯はちゃんと炊いたよ~」

「まあ、納豆と豆腐、オクラを合わせてネバネバサラダにしたのは褒めてあげますけど」

「やった~、翔ちゃんに褒められちゃった」

「けど、本当に美味しそう。お姉ちゃん、ちゃんと出来るんだね」

「見たか、妹よ」

灯里さんは腕組みをして言う。

「ほらほら、二人とも。早く食べようよ」

灯里さんに言われて、僕らは食卓に座る。

僕と真由美ちゃんが隣り合って座り、向かい側にニコニコ、ドヤ顔な灯里さんが座る。

「じゃあ、いただきます」

「「いただきます」」

僕は早速、うな丼に箸を付けた。

「……うん、美味い。さすがは大手スーパーのお惣菜」

「もう、ひどい~! ご飯はちゃんと炊けているでしょ?」

「まあ、そうですね」

「けどお姉ちゃん、このネバネバサラダ、美味しいよ」

「うふふ、ありがとう」

まあ何だかんだ、灯里さんが用意してくれたのはありがたかった。

こんな風に、家に帰ってすぐにご飯を食べられるなんて、実家に住んでいた時以来だ。

「灯里さん、ありがとうございます。とても美味しいですよ」

「良かった、喜んでもらえて」

灯里さんは微笑む。

「ちなみに、今日の晩ご飯のテーマは分かるかな?」

「えっ? んー、魚介ですか? あ、でも納豆があるか」

「ぶっぶ~、時間切れ~」

「ちょっと、早いですよ」

「正解はね……」

そこで、灯里さんはなぜかニヤリとした。

「精力がつく晩ご飯です♡」

こっそりと、囁くように言った。

直後、僕と真由美ちゃんは硬直した。

そして、みるみる内に赤面して行く。

「あ、灯里さん……」

「お、お姉ちゃん……」

灯里さんは尚も笑っている。

「あなた達はもう、あたしの教えでキスは散々しているでしょ? だったら、そろそろ次にステップに進んでも良いわよね?」

「つ、次のステップって……?」

「もうさ、エッチしなよ」

灯里さんはあっさりと言う。

「その方が、あたしもスッキリするし」

「どういうことですか?」

「そ、そうだよ、お姉ちゃん。いきなり、そんな……」

「あら、真由美は翔ちゃんとエッチしたくないの?」

「そ、それは……」

真由美ちゃんはボッと頬を赤らめながら、チラと僕を見て、また目を逸らす。

「あ、灯里さん。そういうことは、もっとゆっくりと時間をかけて、大切にしたいんです」

「え~、でもムラムラしているでしょ? あたしのお料理のおかげで♡」

「いや、大丈夫ですから。とにかく、今日は何もしないですぐに寝ます」

「何よもう、つまらないの。せっかく、お姉さんが頑張ったのに」

灯里さんはぷくっと頬を膨らませた。







夜。

僕らは静かに寝ていた。

ちなみに、僕がベッドで寝て、須藤姉妹は床に布団を敷いて寝ている。

もしこの暮らしが続くようなら、引っ越さないといけないかなと考えつつ。

「……マジか」

いつもなら、グッスリと眠れる時間になっても、なぜか目が冴えていた。

そして、下の方が何やら熱い。

「まさか、本当に灯里さんの料理のせいで……」

と言うか、灯里さんが変なことを言うからだ。

内心で文句を言っていた時。

ふいに、掛け布団の端がゴソリとした。

僕はギョッとする。

え、まさか、ユーレイ?

動揺する僕だが、すぐその正体を目の当たりにする。

「……灯里さん」

掛け布団を押し上げて、僕を見つめるのは、灯里さんだった。

「眠れないの?」

まるで見透かしたように、灯里さんは言う。

「べ、別に?」

「やっぱり、真由美とエッチしておけば良かった?」

「あ、あのですね……そもそも、灯里さんが居るから無理でしょ」

「あん、あたしのことは気にしないで良いのに。何なら、またレッスンしてあげようか?」

「レ、レッスンって……結構です」

「とか言って、ここはすごく元気だよ?」

「ちょっ、どこを触って……」

唇を塞がれた。

ちゅっ、ちゅっ、と甘く濃厚なキスをされる。

それはほんの短いものだったのに、僕は一瞬で思考がとろけてしまう。

「……お姉さんのキス、すごいでしょ?」

灯里さんは髪を掻き上げて言う。

「……僕をどうするつもりですか?」

問いかけると、灯里さん微笑む。

「今から翔ちゃんを、男にしてあげるよ」







          

「家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く