家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった

三葉空

14 エッチなお姉さんによるキス指導

僕と真由美ちゃんはお互いに正座をして見つめ合っている。

「はい、じゃあ、キスして」

灯里さんが言う。

「ちょっ、そんなに軽いノリで言わないで下さいよ」

「そうだよ、お姉ちゃん」

「え~、何で? 二人もさっさとチューしたいでしょ?」

「そ、それはそうですけど……だって、真由美ちゃんとの初めてのキスだし……」

「ああ、そっか。真由美にとってはファーストキスか。けど、翔ちゃんはもうあたしと経験済みだよね♡」

「よ、余計なことは言わんでよろしい!」

僕はベシッ!と灯里さんをはたく。

「あんっ♡」

「何でエロい声を出すんだよ!?」

「はぁ、気持ち良い♡」

「ドMか、ドMなんだな、あんたは」

「こら、年上のお姉さんに向ってそんなこと言うと、お仕置きだぞ?」

「どんなお仕置きですか?」

「ん? 秘技・おっぱいビンタ♡」

ポヨン、ポヨン。

「あ、柔らかい……って、ちがーう!」

「うふふ、翔ちゃんってば。やっぱりお姉さんの大きなおっぱいが好きなのね♡」

「ち、違う……とは言い切れない」

言った直後、僕はチラと真由美ちゃんを見る。

彼女は小さく唇を尖らせていた。

か、可愛い……じゃなくて。

「ごめん、真由美ちゃん」

「いやいや、翔ちゃん。そんな風に謝ったら余計に失礼だよ」

「そ、そうですか……」

「全く、翔ちゃんもまだまだ男としての経験が足りないね~」

「わ、悪かったですね」

「まあ、真由美もウブ子ちゃんだから、それくらいの男がちょうど良いよ」

灯里さんは笑って言う。

「じゃあ、ほら、早くキスしなよ」

「で、でも、最初だから、もっとロマンチックに……」

「女子じゃないんだから、男ならガッと行きなさい」

「わ、分かりましたよ」

僕は改めて、真由美ちゃんを見つめる。

「ま、真由美ちゃんは本当に良いの? 大切なファーストキスが、こんな形になって」

「う、うん。私も、早く翔太くんとキスがしたいから……」

「ま、真由美ちゃん……」

僕らは自然と見つめ合ったまま、お互いに触れ合う。

そして、唇を寄せ合った。

僕は一度キスを経験しているといえ、ほとんど灯里さんにリードされていた。

けど、今この時においては、僕の方が真由美ちゃんをリードしないとだ。

初めて触れる真由美ちゃんの唇は、とても柔らかくて、繊細で。

僕は壊してしまわないように、そっと口づけをした。

ああ、ずっとこの時に溺れてしまいたい……

「良い調子よ、翔ちゃん。少しくらい、舌を絡ませてみる?」

何か、ちょっと外野から……

「あと、おっぱいも揉んであげて。そうすると、もっと気持ち良くなるわよ。まあ、真由美のおっぱいは小さいから、ちょっと掴みづらいだろうけど」

ぷはっ。

「灯里さん!」

「お姉ちゃん!」

「「うるさい!」」

「何よ~、カップルでハモるな~!」

灯里さんはブリッコみたいに言う。

「灯里さん、少し黙っていてもらえます? 今、大事な所なんですから」

「だからこそよ。翔ちゃん、自分の立場を分かっている?」

「何がですか?」

「今のあなたは何のテクもないチェリーくんよ? 可愛い真由美を喜ばせたいなら、もっと男としてのテクを磨く必要があるわよ」

「うっ……それはまあ」

「だから、こうしてお姉さんが指導してあげているんでしょうが」

「ご、ごめんなさい」

僕はなぜか謝ってしまう。

「良いわよ、じゃあもう一度しましょう。まずはいきなり深くしないで、そっと唇を付け合って」

僕と真由美ちゃんは改めて顔を見合う。

お互いに激しく赤面しながらも、唇を寄せ合う。

「そうよ。そこで、翔ちゃんは軽く真由美の唇を吸って。優しくね」

僕は言われた通りにする。

こうかな?

ちゅぅっと。

「んっ……あっ……」

真由美ちゃんのエッチな声が漏れて、僕はドキリとした。

「良いわよ、真由美。そうやってエッチな声を出してあげれば、男もアガるわ」

灯里さんは少し興奮気味に言う。

「ほら、翔ちゃんボーっとしない。真由美の背中に手を回して、もっと密着させる。舌も入れてみようか」

い、いきなりそんなに言われても……

内心で文句を垂れつつ、僕は必死に言う通りにした。

「ちょっとぎこちないけど……まあ、良いか。ほら、真由美も頑張って舌を動かして」

灯里さんに言われて、真由美ちゃんは戸惑いつつも、舌を絡ませてくれる。

先ほどから、真由美ちゃんの体がピクピクと痙攣していて、何だかとてもエロい。

いや、可愛いよ、真由美ちゃん。

「おっ、翔ちゃんもノッて来たね~」

灯里さんがニヤッと笑って言う。

けど、僕は無視をして、真由美ちゃんとのキスに没頭した。






          

「家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く