家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった

三葉 空

13 両想いでした

今日は真由美ちゃんと一緒にお昼ご飯を食べた上に、一緒に下校できる幸せを噛み締めていた。

「翔太くん、帰りにスーパーに寄る?」

「いや、今日は良いかな。まだ食材があるし」

「そっか」

「あ、真由美ちゃんは何か買いたい物があるの?」

「ううん、大丈夫」

真由美ちゃんは微笑む。

「ねぇ、翔太くん」

「ん?」

「その、あの……手を繋いでも良いかな?」

「えっ?」

「やっぱり、恥ずかしい?」

「いや、そんなことは無いけど……」

僕は周りをキョロキョロ見てしまう。

「私は、他の誰かに翔太くんとそうしている所を見られても、平気だよ?」

真由美ちゃんは頬を赤らめながら言う。

「あ、あのさ。前から気になっていたんだけど」

「う、うん」

「真由美ちゃんはその……もしかして……僕に好意を持ってくれているの?」

って、自分で何を言っているんだ。

すごく恥ずかしい奴だぞ、僕。

「……うん、そうだよ」

「ほ、本当に? な、何で僕みたいな奴のことを?」

「何だろう、1年生の時から同じクラスで、段々と翔太くんと触れて行く内に、その優しさとか、可愛らしさにキュンとしちゃって……」

「か、可愛いですか、僕は?」

「う、うん」

「それは、男としてどうなんだろう?」

僕は軽くへこんでしまう。

「わ、私は、あまりオラオラな感じの人は好きじゃないから……たぶん、お姉ちゃんの彼氏とかがそんな感じだったからかな?」

その話を聞いて、軽く胸の奥が疼いた。

「へ、へえ。そうなんだ」

「ご、ごめんね。こんなこと言われても、嬉しくないよね?」

「いや、そんなことはないよ」

僕は改めて真由美ちゃんを見つめる。

「僕も、ずっと真由美ちゃんのことが好きだったから」

「えっ……本当に?」

「本当だよ」

「私、お姉ちゃんみたいに胸が大きくないよ?」

「いや、僕はそんなおっぱい星人じゃないから」

「そ、そっか」

僕らはお互いにとても恥ずかしい気持ちになってしまう。

「い、良いのかな? お姉ちゃんも翔太くんのことが好きなのに。私だけこんな風に抜け駆けしちゃって」

「い、良いんじゃないかな? そもそも、灯里さんは僕のことをからかっている感じだから」

「そうかもね」

「じゃあ、さ」

僕はスッと手を出す。

「手を繋いでも良いですか?」

バカ正直に僕はそう言った。

「うん、お願いします……」

真由美ちゃんは照れながら、そっと僕の手を握り返す。

それから、お互いに照れながらも、手を繋いで一緒に歩いて行った。







「あの、灯里さん。大事なお話があります」

「ん?」

肉を頬張った灯里さんが目をパチクリとさせる。

「実は僕と真由美ちゃんは……両想いだったんです」

とても恥ずかしい思いをしながら、僕はそう言った。

灯里さんはゴクリと肉を飲み込む。

「でしょうね」

「「えっ?」」

「だって、二人の様子を見ていたバカでも分かるよ~……って、誰がバカだ~!」

「いや、自分で言ったんでしょうが、マジでバカなんですか?」

「むぅ~、翔ちゃんのくせに生意気だぞぉ」

灯里さんはプクッと頬を膨らませる。

「じゃあ、そのことを知っていながら、何で真由美ちゃんと僕を奪い合うなんてことを……」

「だって、面白そうだったから」

「面白そうだって……」

「それにまあ、可愛い妹の恋路を応援したかったしね」

「そ、そうなの? むしろ、邪魔されていたような気が……」

真由美ちゃんは言う。

「だって、真由美は一年生の時から言っていたもの。気になる人がいるって。それって、翔ちゃんのことでしょ? けど、奥手な我が妹はなかなか前に進めなくてね。だから、あたしがライバルみたいな感じで対抗すれば、真由美も積極的になれるかなって」

「あの、もしかして、灯里さんは僕と真由美ちゃんの関係を知っていて、僕に拾われて……」

「いやいや、そこまで何でもお見通しなお姉さんじゃないから。翔ちゃんと出会ったのは本当にたまたま、偶然だから」

「あ、そうなんですか」

「けどまあ、めでたいねぇ。だから、今日はすき焼きなのか」

「まあ、そうです」

「ねえ、翔ちゃん。あたしに出て行って欲しいかな?」

「えっ?」

「その方が真由美と二人きりになれるでしょ?」

「いや、それは……」

その時、淡く微笑む灯里さんが、何だか遠くに行ってしまいそうに感じて……

「……僕は、しばらく今の同居生活でも良いかなって思います」

真由美ちゃんの方を見た。

「ダメかな?」

「う、ううん。ここは翔太くんのお家だから、翔太くんがそう言うなら。それに私は、お姉ちゃんにお礼を言わないといけないし」

「そんな水臭いこと言うなって。姉妹じゃん」

灯里さんはコロコロと笑って言う。

「お姉ちゃん……ありがとう」

「そんなことよりも、真由美も遠慮せずに肉を食べなさい。そうしないと、おっぱいが育たないよ? 大きい方が、翔ちゃんも喜ぶだろうし」

「ちょっと、灯里さん。勝手なことを言わないで下さい。例え小さくても、僕は真由美ちゃんのことが好きなんです」

「しょ、翔太くん……」

「あら、お熱いことで」

灯里さんはまたからかうように言う。

やっぱり、ちょっとムカツクお姉さんだけど。

何だかんだ、居なくなったら寂しいなと思うから、もう少しこの3人暮らしを続けたいなと思った。






          

「家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く