魔眼使いは冒険者に憧れる

カイン

エマさんの訓練③

結局俺はあの訓練を1週間続け、
ついに、魔結界と縮地をレベル10に
できた。やはり、レベル10になって
気づいたが、尋常じゃないほど、威力
や性能が変わっている。魔結界の
お陰で魔眼がつかいやすくなり、緊急時
でも、縮地で、致命傷を逃れることが
できる。本当にエマさんに教えてもられて
よかった。金で雇った冒険者ならこんな
ことは知っていても知らなくても教えて
くれないだろう。だってそうだろう。
わざわざ、自分の脅威になりえる新人に
そんな戦況がかわるような、情報を
与えるわけがない。エマさんが本気で
俺を育てようと強くしてくれようと
してくれてるからこその地獄のような
訓練だ。たしかに訓練はしんどいが
これを乗り越えたら、俺はレベルアップ
すると、本能でわかる。だから頑張れる。
エマさんは本当に教えるのが上手だ。
あっ、そんなことより、俺は今。新しい
訓練を行う場所へと向かっていた。
それは迷宮だ。エマさんが言うに、この
タウロス迷宮はさまざまな魔物がいる。
そのため、攻撃方法や状態異常などや
魔法を使ったり、すこし特殊な特性を
もっていたりする敵が多くいる。そのため
そんな魔物たちを相手に素早くなおかつ
的確に無駄な動きを一切なくした。戦闘
を身につける訓練だ。エマさんがいるので
死ぬことはないだろう。俺とエマさんは
タウロス迷宮へと足を踏み入れた。









本当にすみません。忙しすぎて、
時間がなく、1週間ほど、休ませて
いただきます。一応時間ができたら、
ストックはしておくのでよろしく
お願いします。

「魔眼使いは冒険者に憧れる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

  • sakuya

    すいません。[魔眼使?]のことです

    1
コメントを書く