魔眼使いは冒険者に憧れる

カイン

迷宮攻略⑥

扉を開けるとそこには巨大な猪頭の魔物
がいた。早速俺は魔眼を使いそいつを
見る。そのとき敵が動いた。どうやら
こいつらはミノタウロスとは違い、
先制攻撃をしてくるようだ。俺はその
槍の攻撃を避けながら魔眼でそいつを
見ていた。敵の名前は「ハイオーク」
いろは青色だ。どう考えてもオークの
進化系だろう。強さはBランクで、
槍さばきは速いが動きは遅いので
遠距離からじわじわと倒すのが
いいらしい。弱点は風属性だ。
俺はさっそく、ハイオークから距離
を取り、風魔法をハイオークへと
ぶちこんだ。ハイオークはただの肉の塊
になっていて俺はアイテムを拾おうと
ハイオークへと近づいていく、そこで
脇腹に過去最大の痛みが響いた。

「ズシャ!」

後ろを向くと倒したはずのハイオークが
そこにいた。俺はすぐさま縮地を使い
ハイオークから距離を取った。

どうしてだ!ハイオークは倒したはずだ
そこにも死体がある。何が起きた。

俺はそんなことを考えながら、回復
魔法を脇腹に使った。その間にも
ハイオークは俺の魔法を警戒しながら
槍を振り回し近づいてくる。普通に
考えれば簡単なはずだった。この迷宮は
30階層以上から恐ろしく難しくなると
知っていたはずだったのに。10階層から
30階層のBOSSがBランクの魔物だった
のにどうして40階層のBOSSがBランク
のハイオーク一体だけだと思ったのか?
反省は反省すればするほどでてくるが
今はそんなことを考えていても
しかたがない。とりあえず今わかって
いることはここのBOSSはもともと
ハイオーク二体であり、最初に一体が
戦い、途中で一体が背後から冒険者に
攻撃するということだろう。だから、
二体目のハイオークは俺の魔法を見て
いて、それを警戒しているのだろう。
同族が一撃でやられたのだから当然
だろう。これは俺の慢心がおかした
罪だ。今までが楽で簡単でこの魔眼が
最強だったから全部俺の力だと思い
込んでいただけだった。俺にはまだ、
冒険者としての心得も、知識もなかった
のに、すぐにCランクになれて、一人前
になっていた気になっていた
だけだった。俺はその事にきずいた。
今ここでそれがわかってよかったの
かもしれない。俺はまだまだ強くなれる
そんなことを思い俺は目の前にいる
これから俺の力の糧になる肉の塊に
目を向けた。そうハイオークのことだ。
俺の慢心でおきたことだが、それは
それだ。俺の慢心だからと行って。俺の
脇腹を貫いたこいつを許す訳には
いかない。今までのどの魔物よりも
むごく殺してやる。どうやら俺は自分が
思うよりも狂喜じみているみたいだ。
俺はいまからなにが起きるかわかって
いない哀れな肉の塊に向かって
死の言葉をいった。

「狂化!」

と。


















明日から修行編に入る予定です。

「魔眼使いは冒険者に憧れる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く