魔眼使いは冒険者に憧れる

カイン

王都についた!①

家で、一眠りして俺は王都へと向かった
ギルドにこのことを報告すると、王都
までの護衛の依頼をうけた。王都に本店
を持つ商会の人が王都に帰るまでの
護衛をしてほしいとのことだった。
俺はありがたくその依頼を受け、
護衛をする商会の馬車までいった。
すると、若い男女が4人と体型のふく
よかな男の人が真ん中に一人いた。

「お、なんだ坊主、俺様のファンか?
特別にサインしてやるぜ!」

「やめなさいよ。あなたのファンなんて
いるわけないでしょ。まだ、Dランク
なんだから。」

「そうですよ。まだ私たちはDランク
なんですから。」

「そうですよ。まだまだですよ。」

とどうやら、この4人はDランクの
冒険者らしい。この若さでDランクは
すごい。男二人と女二人か。

「いや、僕も同じくこの護衛の依頼を
受けたものです。」

「へぇー、若いとは聞いていたが、
すごい若いな。Eランクか?その
年でEはすごいなー。」

「あっ、いえCランクです。」

俺はそういって、冒険者カードを見せた

「えっ、Cランクー、嘘だろ!」

どうやら、おちこんでしまったらしい。

「すごいですね。私たちより年下
ですよね?あっ、私メアと言います。」

「いえいえ、あなたたちこそチーム
ですか?その年齢でDランクは十分
すごいですよ。」

俺はそういった。まぁ、俺が言っても
皮肉にしかきこえないだろが。

「ははは、まぁ、同じ依頼を受けた
ものどおし仲良くしましょう。」

「はい、ありがとうございます。
ぜひ、仲良くしましょう。でも、
そちらの方はそうは思っていないみたい
ですが?」

俺はそういって、メアの後ろを指差した
そこには鬼の顔をした。さっきの男が
たっていた。

「もう、なにしてるのよ。タクト!」

「いや、だって、納得いかねぇーよ。
なんであいつがCランクなんだよ!」

「あぁー、すみません。名前を言って
いなかったですね。俺はカイだ。
よろしく。まぁ、王都までだから
短い間だけどな。」

「はい、よろしくお願いします。」

「ふん、俺はよろしくするつもりは
ないけどな。」

「よろしくです。私はレナです。」

「僕はレイボルドです。」

どうやら、タクト以外の人たちは
いい人らしい。そんなふうに思って
いると、

「はっ、はっ、はっ、そろそろ護衛を
お願いしてもよろしいですかね。」

「はい、すみません。遅くなりましたが
Cランク冒険者のカイです。」

「はい、話しはギルドから聞いて
ますよ。ずいぶんつよいそうで。」

「いえいえ、そんなことはありませんよ
たまたま運がよかっただけですよ。」

「ふん、そんなやつほっといて護衛
しますよ。」

「もう、タクト、やめなさいよ。みっとも
ない。同じ仲間なんだから。」

「はっ、俺はまだこいつを仲間と認めた
わけじゃないからな。」

「まぁまぁ、いいじゃないですか、タクト
さん。仲良くしましょうよ。」

「はっはっはっ、仲がいいようで、
なによりですね。護衛お願いしますね。」

「はい、もちろんです。」

俺たちは声をあわせてそう言った。
馬車は出発し、俺たちの護衛任務が
始まった。






















明日から本当に一日一回更新に
なります。夜も遅くなると思いますが
よろしくお願いします。ぜひ、おすすめ
とコメントもよろしくお願いします。

「魔眼使いは冒険者に憧れる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く