魔眼使いは冒険者に憧れる

カイン

異世界転生①

葵海人あおいかいと、それが俺の名前。

高校2年の17歳。特に友達と言える人もいないまあ~いわゆるクラスに絶対一人はいる隅の席に座ってずっと本を読んでる系男子だ。

と、どうして俺がこんな現実逃避的なことを言っているかというとそうっまさに現実逃避である。今、俺の目の前には神様と名乗る変なおじさんがいる。どうゆうことかと説明する前に少し前の俺を見てもらおう。

葵海人あおいかいとこと俺はほんの少し前まで学校の帰り道、本屋によりライトノベルの新刊を買いウキウキと鼻唄なんか鳴らしながら家へと向かっていた。その時、何かにつまいづい
たとおもったとき目の前が真っ白になった。

と、その通り俺は訳もわからないまま目を開くと目の前に、大きな白髪のおじいさんがいた。おじいさんはとても怖そうな目をしていてそして何よりもオーラが普通の人とは違っていた。
それは本当に神様のようだった。
「だから神だといっているだろう。」
呆れたようにおじいさんは言った。
「もうよい。何度言ってもお主が私を神だと信じないんだったら、こっちの要件だけ言わせてもらおう。単刀直入に言わせてもらおう葵海人お主は死んだ。」
それは唐突に言われた。
「…へ?」
どうやら俺は死んだらしい…










初めての投稿です。ぜひアドバイスなどありました。ご指導のほどよろしくお願いします。
一応毎日投稿しますのでよろしくお願いします

「魔眼使いは冒険者に憧れる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く