高校時代のアイドル的存在がニートになって面影がなくなってしまった件

マイナスイオン

そしてまた……

「おい神谷。話聞いてんのか?どうして今日お前と神童凛乃花が歩いて一緒に登校してたんだって
聞いてるんだ!」


 そーだ、そーだ!と周りからヤジが飛ぶ。
男子高校生達がすごい顔して俺を囲んでいる。なんなんだこの状況?しかも俺も学ラン着てるし……


「なあ、悠人これ今どうなってんだ??」


「さっきからぼーっとしてて、大丈夫かと思ってたが話聞いてなかったのか?なんだそれとも彼女のことしか考えれなくなったか?」


「え?彼女?いや、なんかまた記憶があやふやで……」


 とりあえず俺は誤魔化し、今の状況を聞き出して
みることにした。


「なんか前にもそんなこといってなかったか?
まあいいや、だから今日朝、お前があの2年の神童凛乃花と一緒に仲良く登校してきた。まあ、学園の
アイドルが男と歩いてきたらみんなトチ狂ってるってお前を問いただそうとしてるわけさ」


そう耳打ちをしてくる悠人。あーなるほど……
どうやら俺はまた高校時代に来てしまったらしい。それもなんと凛乃花から告白された翌日だ。




そういえば、あの時は凄かった。凛乃花は自分がどういう存在であるか気づいていないようで


『毎日一緒に学校通えますね♡』


と嬉しそうに言っていた。そんなこと言われたら男子からの報復が怖いなんてダサい理由で断れないだろ。そして俺は一緒に登校し、凛乃花と離れるや否や男子に囲まれた。そして今、同じことが起きてる
らしい……


「はぁ……なんでまたこんなところの夢を
見るかなぁ」


そうは言ってもなんとかしないとならないか。
あーあの時俺なんて言って逃げたんだろ?


「よーし、みんな落ち着け。みんな誤解している。
俺は神童に告白はしていない。神童が告白して
くれたんだ!」


どうだ、俺に学園のアイドルに告白する勇気なんてあるわけないじゃないか。一瞬あたりは静けさを
取り戻した。
が、それは一瞬に過ぎなかった。


「なんだよ惚気かよー!」
「どっちからとかどうでもいいんだよー!てかよりによって彼女の方からかよー!」
「早く別れよリア充〜!」
「俺もだれかと付き合いてぇよー」


好き勝手言いやがって、しかもなんか1つ変なの聞こえたし、、こいつら、俺たちがまだ付き合ってて同棲してるってなったらどんな顔になるんだろう。まあ、今も可愛いとは言え、太ったことの方に驚きそうではあるが……


キーンコーンカーンコーン……


「チッ、命拾いしたな神谷。また昼休憩に色々聞かせてもらうからな〜」


いや、お前らのその執念が逆に凄いよ、、


「航平、付き合った初日からわざわざ2人で登校する必要あったのか?こうなることくらいお前も
わかってたろ?」


「いや、俺もそう思ったんだが、凛乃花の方が
聞かなくて……」


「話したことなかったはずなのに早速名前呼びとは
やるね〜まあ俺はあんな童貞軍団とは違っていちいち反応してやらないぞ?神童凛乃花より可愛い彼女作ればいいからな!」


 つい、いつもの癖で名前呼びしてしまったが、
あまり気にしてないようだ。しかし悠人、ドヤ顔で
そう語るのはいいが、お前そんなこと言ってるから20過ぎても彼女できないんだよ……


「ねえ、航平。神童って子とほんとで付き合ってるの?」


桜宮か、付き合ってる人とじゃないと俺は
朝登校はしないんだけどなぁ、まあいいか。


「ああ、昨日告白されて付き合うことにしたんだ。」


「っ……!そう、なんだ……べ、別に気にしてないけど悠人と私、3人で過ごす時間も大切にしてよね!」


急になんだ、今だって俺たち仲良いぞ?なんかお前はチャラチャラしてしまったけどな。


「2人とも大切な友達だからな。それと桜宮、お前
やっぱ黒髪の方が良いぞ!」


あっ、つい言ってしまった、、


「えっ?何よ急に?く、黒髪の方がいいの?うん、
よし!」


「ん?なんか言ったか?」


「余計なお世話だって言っただけよ〜バーカ」


アドバイスしてやったのに馬鹿とはなんだ。
そう言って桜宮は席へと戻った。


「みなさん、おはようございます。朝のホームルームを始めましょう!」


…………


誰が学生が楽だよ。うん、全然楽じゃない。
久しぶりに、というか3年ぶりに4限まで授業受けたが、いや、流石にしんどい。しかもまだ2限あるし部活あるし、夢の中なのにこの疲労度の再現も高いし、早く覚めねぇかなー?


「さあ、話の続きを聞かせてもらおうか〜」


いや、もうほんとにしんどいです。勘弁してください。最後の力を振り絞り、走って撒こうとしたその時、


「神谷先輩〜一緒にお昼食べませんか?お、お弁当作ってきたので……」


教室の前には学園のアイドルこと、神童凛乃花が俺のことを呼んで待っていた。
このタイミングかよ、、
いや、ナイスタイミングなのか?


「悪い、彼女待たせられねえしまた後な!」


ナイス凛乃花!俺は心でお礼をいい、高校時代の凛乃花へと向かった。




「お弁当、美味しいですか?」


目の前には白と黒のコンビネーション弁当があった。ちなみに白はお米だ。


そして俺は思い出した……凛乃花はまだこの頃料理が下手でこの弁当も焦げの味しかしなかった。あいつ、料理めっちゃ上手くなったよなぁ。ただ、
不味かろうが俺の答えは一択だ。
それに凛乃花が作ってくれたことが嬉しい。


「うん、美味しいよ!初めてこうして作ってくれたお弁当一緒に食べて、俺幸せだよ!」


「本当ですか!お母さんが作ってくれるやつより色が黒くて心配したけど美味しくて良かったです」


微笑む凛乃花。うん、食べちゃいたいくらい
可愛い。こうまじまじ見るとほんとにこの頃の凛乃花綺麗だよなぁ。いや、今も可愛いよ?


「そんなジロジロ見られると恥ずかしいです」


「あっ、ごめん。つい可愛くて……」


「あ、いえ!ありがとうございます」


な、なんだこの初々しい会話は!しかもつい、可愛くてって言っちゃったし、、あの頃の俺一体どんな会話してたっけ?覚えてないなぁ....


本当、なんで俺なんかに告白してくれたんだって思うくらい、彼女は学園のアイドルにふさわしい容姿をしていた。凛乃花とは告白された時が初会話で純粋に最初は顔が好みだったとは言ってたけど、、
 

「神谷先輩は、どういう女の子が好きですか?」


「うーん、顔ももちろん可愛い方がいいかもしれないけど、自分の中に芯があって、一生懸命頑張ってる子が好きかな!」


「じゃあ、私もっと色々と一生懸命頑張りますね!大好きになってもらえるように♪そしたらちゃんと名前で呼んでくださいね?♡」


急に小悪魔か、、本当今の凛乃花は心臓に悪い。今の俺はドキドキしっぱなしだ。


「顔真っ赤ですよ〜、先輩がドキドキしてくれてるのわかりますよ〜でももしもの話ですけど、私がぶっくぶくに太っても好きでいてくれますかー?」


いや、凛乃花……その冗談は笑えないぞ。
今のお前、おっとこれ以上はやめよう。


「ああ、きっと例え3年後くらいに太ったとしても俺は好きでやってるよ。太らないのが健康のためにも
1番だけどな」


「私太ったことないので大丈夫です!ご安心
くだされ〜」


俺は笑いを堪えながら、期待薄ながら期待しておくよと心の中で返事をした。


いや、今回の夢も長いな〜。前回よりも夢の現実味上がってるし、、


キーンコーンカーンコーン……


今度のチャイムは嬉し方ではなく、休憩の終わりの寂しいチャイムだ。


「さっ、教室に戻りましょうか!」
「おう!」


……


そしてやってくる日本史の時間。
前にもこんな状況あった気が……
こ、これはまさか……考える間も無く視界が……
ぼやけていく……






…………


「こうちゃーん!朝だよー起きて〜!」


目の前には見慣れたぽっちゃりな、
いや、それでいてとても愛おしい凛乃花が俺を呼んでいた....





「高校時代のアイドル的存在がニートになって面影がなくなってしまった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く