ストレート〜僕が大好きな幼馴染みの夢を叶える物語〜

ノベルバユーザー445911

03 1球だけ

 予想外の用件に、驚く宗佑。何かの冗談かと疑ったが、当の本人は真剣な表情をしている。相変わらず教室の隅では、渚が葵の話をしている2人を見つめていた。


「……お前、分かってねえな。あいつはもう野球なんてどうでもいいんだよ。俺たちが今更誘ったって、見向きもしないだろ。それに、今の野球部に入ったって……。」

「分かってないのはお前だ。西川のあの身体能力、そして野球のセンス。これを放っておく訳にはいかないだろ。」

「でもなぁ、誰がどうやって説得するって言うんだよ。たしかに、小学校の時からすげえと思ってたよ。俺だって実力は認めてる。でもあいつにはやる気がねえんだ。もう一回マウンドに立つまでのやる気がな。」

「それは俺に任せろ。我妻はただ立ってればいい。もしも怪我したらその時はその時だ。」

「あ、誰でもいいやつね……。」


 そして昼休み。葵は野球部のグラウンドにある、ブルペンに呼び出された。手には説明も無く渡されたグラブと、硬式のボールを持っている。

「よし、思いっきり来い!」

 視線の先では、谷津が防具も付けずにキャッチャーミットをはめ、構えている。葵はその光景に少し懐かしさを感じていた。


「いやいや、いきなり来いって言われても。」

「これはテストだ!……お前が野球部に入れるかどうかのな。」

「お前!俺に当てるなよ!」

 いつの間にかバッターボックスに宗佑が入っていた。ホームベースからは少し多めに距離をとっている。


「勝手に決められても困るんですけど。」

 葵は小さく呟き、少しならいいか。とグラブを左手にはめる。

「……一球ならまあ、いいけど。」


 少し高くなったマウンドに、制服姿はとても似合わないが、昔の感覚を取り戻すかのように軽く屈伸し、肩を回す。


 そして軽く息を吐き、大きく振りかぶる。足元では砂埃が舞っているが、それを切り裂くように力強く足を踏み出す。

 そして葵の指先から放たれたボールは、唸りを上げながら、谷津のミットめがけて一直線に走る。直後、誰もいないグラウンドに響き渡る重低音。受け取った谷津は、その衝撃のあまり、体制を崩してしまった。その手には葵の投げたボールがしっかりと収まっていた。


「…………え。」

「……ご、合格。」

 間近でその力強い球を見た2人は、思わず目を丸くする。おそらく、彼らの想像を遥かに上回る威力だったのだろう。


 渚はその光景を、静かに教室から眺めていた。

「……う〜。寒い寒い。」

「ストレート〜僕が大好きな幼馴染みの夢を叶える物語〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く