ストレート〜僕が大好きな幼馴染みの夢を叶える物語〜

ノベルバユーザー445911

02 お邪魔

 次の日の学校。


「おい聞いたか!サッカー部の新しいマネージャー、超可愛いらしいぞ!外部入学は男のロマンだよなぁ〜。」

 葵が学校に着いた途端、ある1人の男子生徒が話しかけてきた。彼の名は、我妻わがつま 宗佑そうすけ。彼もまた、葵の小学校からの幼馴染みである。


「そんな可愛いの?……ふむ。これは男として、一度見ておかないと。」

「でも、お前には渚ちゃんがいるもんな。あんな可愛い子、見捨てちまうのはもったいないぜ。」

「だからあいつは昔からなぜか着いてきてるだけで──」

 すると、2人の会話を聞きつけたのか、教室の隅にいた女子生徒が近寄ってくる。手に持っているカバンを、葵の頭にぶつけ、一言。


「悪かったわね。お邪魔で。」

 艶やかな黒い髪を、運動しやすいようなショートカットにしている小柄な彼女は、一ノ瀬いちのせ 渚なぎさ。沙月の妹である渚も、葵たちと同じクラスなのだ。

「誰も言ってないだろ。……別に呼んでもないけど。」

「はいはい。もう近寄りませんよ〜。」


 幼馴染みとは思えないほど冷たい態度をとる2人の顔を、宗佑は気まずそうに何度も見返した。

「……お前ら、こんなに仲悪かったっけ……?」

「あいつ、俺が野球辞めてから日に日に荒くなってんだよ。……野球部ではどうなの?」


 渚は野球がとても好きな少女だ。沙月と渚、2人揃って女子プロ野球選手になる。これが2人の夢だった。中学生の頃からは、男子と混ざりながら野球部で活動をしている。

「中等部から変わんないよ。相変わらず誰よりも練習しちゃってさ。試合出られないのに、本当よくやるよ。」

「へ〜。宗佑も負けてられないな。頑張れよ。」


 葵は宗佑の肩を軽く叩き、教室を出る。それと入れ違いになるように、今度は体格の良い男子生徒が入ってきた。教室を見回し、宗佑の姿を目にした途端、話しかける。


「我妻。ちょっといいか。」

「なんだよ谷津やつ。また連れションか?」

「いいや、真剣な話だ。」

 いつもとは違う顔つきに、少しの恐怖を感じた宗佑。

「な、なんだよ。」


 彼が恐る恐る用件を聞くと、少しの間をおき、口を開いた。


「……あいつを、葵を野球部に連れ戻そう。」

「ストレート〜僕が大好きな幼馴染みの夢を叶える物語〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く