ストレート〜僕が大好きな幼馴染みの夢を叶える物語〜

ノベルバユーザー445911

01 春ですなあ

「さぁこーい!」

 白球を追いかける球児たちを、教室の窓から眺めている1人の男。

「そろそろ帰るか。」

 西川(にしかわ) 葵(あおい)。15歳。ここ私立七條(しちじょう)学園高校に入学した、男子高校生。

 教室を出て、生徒玄関を抜けると、グラウンドの横に大きな桜の木がある。

「いやいや、もうすっかり春ですなあ。」

 自転車に跨り、満開の桜の木を通り越す。坂を下ってすぐの自宅から通っているようだ。ドアを開けると、母親の声が聞こえる。


「ただいま〜。」

「あらおかえり。どうだった?学校は。」

「別に、中等部と変わんないよ。みんな見たことある顔だもん。」

「そっか。勉強もちゃんとやるのよ。」


 うん。と軽く返事をし、葵は食器を洗っている母との会話を終え、リビングにある白いソファーに腰を下ろし、テレビをつけた。


「高校野球、春季リーグ戦の結果は──」

 テレビでは、夕方のニュースで高校野球の結果を取り上げている。

「もう春季大会か。いやあ、すっかり春ですなあ。」

「あんた、ほんとに高校でも野球やらないの?」

「あぁ、野球はもうやらないよ。」

「……沙月ちゃん、今頃残念そうにしてるわよ。」

「もうどうでもいいだろ。野球なんて。」


 テレビを消し、階段を上る。二階にある自分の部屋に入り、何やらトレーニング器具を取り出した。

「ふん。ふん。」

 彼には、中学1年の夏、祭りに行く途中に交通事故で亡くなった幼馴染み、一ノ瀬(いちのせ) 沙月(さつき)がいた。幼少期から家族絡みで仲が良く、いつも一緒にいた存在。そんな彼女が亡くなる前、葵はとある約束を交わしていた。


「絶対、甲子園で応援させてね。か。」

 そうつぶやき、ダンベルを淡々と持ち上げる。このトレーニングは、沙月に提案されたものである。誰にも言うことなく、ただ1人で、ひたすらに続けていた。

「ふん。ふん。」


 いつものようにトレーニングを続けていると、突然扉が開く音がした。

「そういえばあんた、一ノ瀬さんのとこからヨウカン届いてるわよ。食べる?……って、あんた、まだそれ続けてたの?」

「いいだろ、別に。特にやること無いんだし。」

「いくら沙月ちゃんとの約束だからって、野球やらないんじゃ、意味ないんじゃ無いの?」

「日課なんだよ。これ。やらなくなったら身体がムズムズする。」

「そう。じゃ頑張りなさい。ヨウカン、下に置いとくからね。」

 そう言い残し、母は階段を降りていった。



「野球、ね。」

「ストレート〜僕が大好きな幼馴染みの夢を叶える物語〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く