悪徳令嬢に転生したのに、まさかの求婚!?~手のひら返しの求婚はお断りします!~

狭山ひびき

騎士団長代理、来る 6

 フリーデリックはベッドに寝そべって、ぼーっと天井を見上げていた。

 騎士団にいたころ、ジョシュアとは頻繁に酒を酌み交わしていたが、今日はどうしてもそう言う気分にはなれなかった。

 ジョシュアもわかっているようで、夕食後は早々に客室に引き下がった。

(……王女を狙う本当の犯人、か……)

 そんなこと、考えもしなかった。

 なぜなら、フリーデリックには、アリシアがユミリーナを狙っていたのかいなかったのか、それすらも曖昧だったのだ。

 証拠がなかった。それはわかっている。

 でも、フリーデリックはただ信じたかっただけだった。きっと違うと――、葛藤し、悩み、苦しんだ時に、信じたいのならば信じなさいと言ったのは、ジーンだった。

 アリシアと結婚したいと言ったとき、両親も兄たちも、騎士団の仲間もみんな反対した。反対しなかったのはジーンと、ジョシュアだけ。

 ジョシュアが来てくれたことは、ありがたかった。

 ジョシュアの剣の腕は確かだが、それ以上に、彼は頭がいい。今まで自分には関係ないと知らんぷりを続けていた彼が、アリシアを見た。助言をした。手を、差し伸べた。

 もちろん、ジョシュアが味方になったからと言って、すべてがうまくいくとは限らない。

 アリシアの疑いは晴れないかもしれないし、最悪自分が剣を抜く日も来るかもしれない。

 それでも――、ほっとした。守ると言って守り方がわからなかったフリーデリックを叱責し、導いてくれる友が来てくれたことに、安堵する。

(俺はもう、間違えたくない)

 フリーデリックはそっと目を閉ざす。

 疑いもせずアリシアを追いかけまわしていたフリーデリックが、もしかして、彼女はみんなが言うような悪徳令嬢ではないのではないか――そう、はじめて疑問を持ったのは、およそ半年前。

 あの日彼女は、美しい紫色の瞳を潤ませて――それでも、気丈に前を向いていた。

「悪徳令嬢に転生したのに、まさかの求婚!?~手のひら返しの求婚はお断りします!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く