悪徳令嬢に転生したのに、まさかの求婚!?~手のひら返しの求婚はお断りします!~

狭山ひびき

騎士団長代理、来る! 1

 午前中は町のクララの診療所に出向いて、クララに自分の持っている知識を伝えながら診療の手伝いをし、午後は城に戻ってジーンと他愛ない話をしながらお茶を飲む――

 そんなふうにアリシアがすごしはじめて、数日がたったある日のことだった。

 フリーデリックは執務室に籠って書類と睨めっこを続けているようだ。

 アリシアが城にいないと、不安でそわそわして仕事が手につかないからせめて午後は戻って来てくれと言ったのはジーンだった。

「昔からお勉強よりも体を動かしていることが大好きな方でしたけれど、辺境伯の地位となったのですもの、机仕事にも慣れていただかなくてはいけませんわ」

 ため息をつきながら言うジーンに、アリシアは苦笑してしまう。

 アリシアはまだ一度もフリーデリックの執務室に入ったことがないが、がっしりとした体躯の彼が椅子に座って書類と向き合っているところは想像ができない。

 アリシアはいまだにフリーデリックのことを騎士団長と呼んでしまっているが、彼はもう、第三騎士団の団長ではない。

 このあたりの領地――ステビアーナ地方を治める辺境伯、フリーデリック・ランドール・ステビアーナ伯爵なのだ。

 ジーンの言う通り、城主としての仕事に早くなれる必要があるだろう。

(ま、きっと今日は書類仕事どころじゃないんでしょうけど)

 アリシアが町から戻って少しして、王都から遣いがやってきたのだ。

 やってきたのは第三騎士団の騎士団長代理――フリーデリックが騎士団長だったころに副官を務めていたジョシュアだった。

 赤茶色の髪にはしばみ色の目をしたジョシュアは、一見騎士には見えないほどひょろりとした男だった。

 アリシアを捕えるときに何度かフリーデリックのそばにいたが、細い銀縁眼鏡をかけた双眸は、いつ見ても何を考えているのかわからない。

 ジョシュアがやって来たとき、アリシアは居間にいて、彼と顔を合わせたのだが、その榛色の瞳はただじっとアリシアを見つめただけだった。

 まるで、値踏みされているようで落ち着かなかったアリシアは、早々に自室に引っ込んだのだ。

 アリシアは料理長がつくってくれたベリーのタルトを口に運ぶ。

 ジョシュアはいったい、何をしに来たのだろう。フリーデリックの結婚――アリシアにその意思はないが――を祝いに来たわけではないことは確かだ。どう見ても、結婚祝いに来た様子ではなかった。

 では――、王都で何かあったのだろうか?

(まさか、ユミリーナに何かあったんじゃ……?)

 超がつくほど狙われ体質なユミリーナ。アリシアがこの地へやってきたからと言って、それがおさまるとも思えない。

 ごくん、とタルトを飲み込んだアリシアは、急に不安になってきた。

 ユミリーナは、あまり人に意見を言わない、おっとりのんびりしたお人形のようなお姫様だ。

 銀色の髪にアクアブルーの瞳をした、儚げな美少女。――悪徳令嬢と呼ばれてはじめてから、アリシアは一度も彼女と会っていないが、噂に聞くと、狙われることに怯えて城にこもりっきりになっているという。

(いくら何でも城の中で狙われるなんて――、あるか。食事に毒を盛られたとかで、カントリーハウスにいたのに王様に犯人扱いされたもの)

 すると、また毒でも盛られたのだろうか?

 そうすると経験上疑われるのは、アリシアである。

(ジョシュアとフリーデリックは執務室よね)

 もちろん、予想と違うかもしれない。でも、この手の予想は嫌と言うほど当たるのだ。

 アリシアは立ち上がると、ジーンにフリーデリックの執務室に行ってくると告げた。

 何事もなければいい――、アリシアの心臓が、不安に軋んだ。

「悪徳令嬢に転生したのに、まさかの求婚!?~手のひら返しの求婚はお断りします!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く