文才少女と陰キャの王子様

リュウト

プロローグ

むかし父が言った。
「どんな知識でも使い方次第で自分の武器になる,と」
彼女がそんなことを夢で見たのは,
今日が父の命日だったから。
ベットから起き上がると自分の瞳から涙がこぼれていた。
「あれ・・なんで今更」
父は小説担当の編集者だった。
優しい人がらで後輩から慕われる
おおらかな人で、彼女の憧れの存在
であった。
父が病気で亡くなってから母は仕事で帰りが遅く
いつも1人で,気を紛らわすために
小説ばかり読んでいた。
そのおかげもあってか言葉の表現力を武器に,小説のコンクールで優秀賞を獲るほどの作品を作り上げることができた。
彼女は小説を書く時だけ孤独を忘れられるような気がした。
その日ぐらいから彼女はこう思うように
なった。
「アニメ化されるぐらいのライトノベルの小説家になってやる,と」
涙を袖でふき階段を降りて彼女はいつものようにロングヘアーの黒い髪を結び,朝食を作り終えて、スマホで何気なくTwitterのイラストを見ていた。
「マカロンさんのイラスト今日も
綺麗だなー、」
彼女は、その絵に心がゆさぐられ感心していた。 
朝食が食べ終わり片付けをして
制服を着用しカバンを持ったらいつものように扉を開けて声をあげる。
「行ってきます」
母はもう仕事に出ていた。
誰もいない家で彼女の声だけが響いた。


「文才少女と陰キャの王子様」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く