現実世界が嫌になったので、異世界で魔王の夢を叶えて来ます!

白星

第40話 不安

 「これが暮人様に会うまでの私の話です。」
 「そうか…。」

 聞き出したのは俺だが、あまりの話の暗さになんて言葉をかけたらいいかわからなかった。
 サラと初めて会ったときは俺とは正反対の生き方をしてきた子だと思っていたけど、サラも俺と同じで悲しみや苦しさを自分一人で抱え込んで生きてきた子なんだとわかった。
 だからこそ、こういう時にかける言葉の答えがわからないでいた。
 しばらく無言が続き、もうすぐ家に付こうとしていた。

 「でも…」

 このままじゃだめだと思い、必死に話す内容を考えていると、サラの方から喋りかけてきた。

 「今の私には暮人様やリーちゃん、それにビィナちゃんもいるのでもう大丈夫です!」

 そう言ったサラは満面の笑みでこちらを向いていた。

 「それに…あの時の私がいなければこうして暮人様に会うこともできなかったでしょうし。」
 「それは俺も一緒かもな…」
 「え?」
 「俺も過去の自分がいなければ、魔王様や神様の目に留まらなかったかもしれないしな。」
 「ふふ、そうかもしれませんね。」

 自分の過去は思い出すと辛くなるけど、その過去がないと今がなかったかもしれない、何度も道を外れそうになったがあの時思いとどまり乗り越えたからこそ、今こうして幸せな日々を送れているんだ。
 そうこうしているうちに、家の扉の前まで来た俺達は足を止め、俺が扉の取っ手に手をかけた時だった。

 「でも、たまに怖くなるんです、みんながいなくなったら私はどうなるんだろうって…。」

 そう悲しそうな声で話しかけたサラを見ると、少し俯いていて顔が見えなかったが、少し震えているのはわかった。
 
 「えっ?」

 俺は何も言わずにサラの頭を手で撫でた。
 驚いたサラがこちらを向いた、やはりサラの目には涙が少し溜まっていた。

 「ここでずっと一緒に暮らすんだろ?ならサラの前からいなくなったりなんて絶対ありえないから安心してくれ。」
 「で、でも…」
 「それに…サラやリーゼやビィナが危険な目にあったら絶対助ける、でも俺一人じゃどうしても無理なことがあるかもしれない、その時はみんなで協力して支え合っていこうぜ。」
 「は…はい!」

 涙を流しながらも満面の笑みで答えてくれたサラを見て少し安心した俺は、サラの涙が乾くまでずっと待った。

 「もう大丈夫か?」
 「はい、もう大丈夫です!」

 今日のことで安心したのか、いつも通りのサラに戻っていた。

 「そんじゃ、開けるぞ。」
 「はい。」

 そして俺達は、またいつも通りの日常に戻るための扉を開けた。

「現実世界が嫌になったので、異世界で魔王の夢を叶えて来ます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く