現実世界が嫌になったので、異世界で魔王の夢を叶えて来ます!

白星

第37話 過去(8)

 「二人とも遊んでおるかの?」
 「え、ええ…ちょうど今サラとお話ししていたとこです。」
 「そうかそうか。」

 おじいさまの反応を見てると、どうやらおじいさま達の話を盗み聞きしてたことはばれてなかったようだった。

 「そ、それで…なんでサラのおじいさまがここに来たのですか?まだ帰る時間ではないですよね?」

 私がなかなか話さないため、リーちゃんがおじいさまと話していた。

 「そうなんじゃよ、楽しくお話をしていたとこ申し訳ないが少し来てくれんかの?」
 「それは構いませんけど…。」
 「サラも来てくれるかの?」
 「う、うん。」
 「では行こうか。」

 私たちの返事を聞いたおじいさまがリーちゃんの部屋から出て、ゆっくりと歩き始めた。
 それに付いていくように、私達も歩き始めた。
 少し歩いていると、おじいさまが一つの扉の前で止まった。
 その扉は、さっきまで私達がおじいさま達が会話をしていた部屋の扉だった。
 つまり今おじいさまが立っている所が、さっきまで私達が盗み聞きをしていた場所だった。

 「では、中に入ろうかの。」

 そう言ったおじいさまが重そうな大きな扉を開け始めた。
 段々と部屋の中が見えてきたけど、リーちゃんの部屋とは違い、部屋全体が薄暗く、はっきりとは見えなかった。
 不気味な薄暗さに怖くなった私は、リーちゃんの後ろに身を隠した。
 それに気づいたリーちゃんが安心を促すように、私の手を握ってくれた。
 手をつないだ私達は、薄暗い部屋を先を歩くおじいさまの背中を追うように歩いた。

「現実世界が嫌になったので、異世界で魔王の夢を叶えて来ます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く