現実世界が嫌になったので、異世界で魔王の夢を叶えて来ます!

白星

第32話 過去(3)

 「…ラよ、起きるんじゃ。サラよ。」
 「……ん。」

 目を覚ました私は、暗い部屋のはずなのになぜか明るくなっている方に目を向けた。

 「眩しい…え!?」

 今起きている出来事に、目を覚ましたばかりの私は理解ができなかった。

 「な、なんでおじいさまが…私の部屋に…?」

 私は慌てて鍵をかけていたドアを確認したが、これといって強引に開けた痕跡はなかった。

 「どうやって…入ってきたの?」
 「なぁに、ちょっと力を使っただけじゃよ。」

 おじいさまは髭を触りながら、得意げに説明した。

 「そんなことよりサラよ、今日は一緒に出掛けんか?」
 「嫌だ!」

 おじいさまの誘いをノータイムで勢い良く断った。
 おじいさまは少しがっかりしながらも、一歩また一歩と私の方へと近づいてきた。

 「仕方ない…サラよ、少し目を閉じてくれるか。」
 「う、うん。」
 「いいと言うまで開けてはいかんぞ。」
 「わ、わかった。」

 おじいさまの言う通りに私は目を閉じた、一瞬周りの空間がゆがんだような感覚がして気になった。

 「もう開けてよいぞ」

 おじいさまの言葉を聞いて、私は目を開いた。

 「え、ここは?」

 さっきまで自分の部屋にいた私達は、あの一瞬で全く知らないところへと移動してしまった。
 辺りは視界一面薄暗く、かろうじておじいさまの周りの光が見えるくらいだった。

 「サラよ、ここはな魔界なんじゃよ。」
 「…魔界?」

 魔界があるということは、少しだけ噂で聞いたことがあった。
 でもまさか自分が来るなんて思ってもいなくて、どうせ噂は噂だろうと思っていた。
 ここが魔界だと知ったことで、私はいつも部屋にいる気分から一気に緊張感を持った。

 「まぁそんなに緊張しなくてもよいぞ。」

 私が緊張してるのをわかったおじいさまは、落ち着かせるために私に声をかけた。

 「おーいヴォルよ、今日も来たぞー。」

 おじいさまが誰もいない薄暗い空間に話しかけた。

 「おおロータム、来たか…では今日も始めるとしようか。」
 
 誰もいないはずの空間から、野太い声が聞こえた…どうやらおじいさまと会話してるらしい。

 「では、今からそちらに向かうわい」

 おじいさまが歩き出し、それを追うように私も歩を進めた。

 「おっとサラよ、お主はここでおとなしく待っているんじゃ。」
 「え…じゃあなんで私を連れてきたの?」

 おじいさまから予想外の言葉に耳を疑った私はつい質問してしまった。

 「今は秘密じゃ、そのうちわかる…では、行ってくるの。」

 そう言ったおじいさまは、私を薄暗い場所において進んでいった。

「現実世界が嫌になったので、異世界で魔王の夢を叶えて来ます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く