現実世界が嫌になったので、異世界で魔王の夢を叶えて来ます!

白星

第30話 過去(1)

 「では、家に帰りましょうか暮人様。」
 「ああ、そうだな。」

 サラの耳かきやマッサージが気持ち良すぎてホテルを出る直前まで寝てしまった。
 おかげで日ごろの訓練の疲れが取れて体がすごく軽くなった。
 そして今、俺はサラと並びながら家へと続く道を歩いていた。
 
 「……」

 こういう二人だけなのに無言の時間が続くと何か喋りかけなければいけないんじゃないかと思ってしまう。
 何か話題はないかと考えていると、一つだけ思い浮かんだ。

 「そういえば、ずっと前から聞こうと思ってたんだけど、聞いてもいいか?」
 「なんでしょうか?」

 歩きながらもサラは、俺の目を見てきて聞く姿勢をとってくれた。

 「サラとリーゼも魔王様や神様と一緒で前の世界の俺を見てたのか?」
 「はい、申し訳ありません…。」

 俺が怒っていると思ったのか、サラはすごく申し訳なさそうにしていた。

 「いや、別に怒ってるわけじゃないんだ、もう関係ないことだしな。」

 ただ、やっぱりサラとリーゼには俺のあんな姿は見られたくなかったと思ってしまった。
 やっぱり昔のことは、いやでも思い出してしまう、それぐらい心と体に傷を負っていたのだ。

 「あ、あの~。」
 「そ、そういえばサラとリーゼはどうやって知り合ったんだ?やっぱり神様が紹介したのか?」

 あまり自分の暗い話をしていても俺がしんどくなるだけだし、サラも決していい気分ではないと思った俺は少し強引だが話を切り替えた。

 「え、そうですね、最初はおじいさまの紹介からでしたね。」

 そう言ったサラはどこか切なそうな感じがした。
 そんなサラを見て、また話を切り替えようと話題を考えていたら、サラが口を開いた。

 「暮人様、少し長くなるんですけど、私の過去の話聞いていただけますか?」
 「俺が聞いてもいいのか?」
 「はい、暮人様に聞いてほしいんです。」
 「わかった。」

 さっきまで切なそうなサラの様子が一変した、お互い一度足を止め真剣に向き合う形になった。

 「実は私も、暮人様ほどではありませんが、天界でいじめにあってました。」

「現実世界が嫌になったので、異世界で魔王の夢を叶えて来ます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く