現実世界が嫌になったので、異世界で魔王の夢を叶えて来ます!

白星

第27話 ホテル

 「暮人様ーこっちで~す!」

 俺の少し前でこちらを向きながら手を振っているサラについていくように街の中を歩いていた。
 時刻は昼過ぎぐらいで、街にはたくさんの人で賑わっていた。
 ビィナのこともあり、なんだかんだ街に来るのも一週間ぶりになる。
 それにしても、なんか今日のサラはテンションが高いような…?
 俺の前を鼻歌を歌いながらスキップしてるサラを見るとそう思えざるをえなかった。
 今向かっているところはそんな楽しいところなのか?
 どこへ向かっているかわからない俺からしたら、サラのテンションの高さが不思議でしかなかった。
 それから少し歩くと、裏路地のようなところに入り、また少し歩いたところでサラが立ち止まった。

 「暮人様、こちらです。」
 「サラ、一応聞くが場所を間違ったわけじゃないよな?」
 「はい、間違ってなんかいませんよ?」

 どうやらここがサラの目的地らしい。
 さすがにこれは俺でも動揺を隠せなかった。
 なぜなら、サラが今にも入ろうとしているその建物は、ピンク色のライトでホテルと書かれていたからだった。
 おそらく…そう、ラブホテルなのだろう…が、なぜサラがここに連れてきたのか、俺にはまだ理解できなかった。
 きっとサラのことだから、何か別の用途でここに来たのだろう…そうと思いたい…いや、そうに違いない。

 「どうかしましたか暮人様?」

 俺とは違い、サラはすごく楽しそうに訪ねてきた。
 
 「い、いや、別に何でもないよ…」
 「そうですか。なら、早く入りましょう!」

 サラに腕を引っ張られながら、俺はラブホテルに入っていった…。

「現実世界が嫌になったので、異世界で魔王の夢を叶えて来ます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く