現実世界が嫌になったので、異世界で魔王の夢を叶えて来ます!

白星

第26話 成長

 ビィナが家に住むようになり一週間がたった。
 俺らは最初に計画していた通りに、俺が訓練中はリーゼがビィナを見守り、訓練以外の時は俺がビィナを見ていた。
 ビィナも少しずつだが俺達に慣れていき、今は会話できるぐらいの仲にはなった。
 そして今日も今日とて訓練の俺は、いつも通り支度をしていた。

 「さて、今日も頑張りますか。」
 「暮人にぃ…様、今日も頑張ってね。」
 「あ、うん。頑張ってくるよ。」

 ビィナは今のところ俺に一番なついてくれるのだが、最初暮人お兄ちゃんと呼ばれたときはびっくりしたが嬉しかったのだが、なぜか訓練から帰ってくると暮人様呼びに変わっていた。
 まぁたぶんサラとリーゼが何か言ったんだろうけど、別に呼び方なんてなんでもいいから気にしなかった。
 しばらく歩いていつもの訓練所についた。
 
 「じゃあ、今日もよろしくサラ。」
 「はい、よろしくお願いします暮人様。」

 最初の訓練の時に感じた魔法のことはまだ分かってないが、日に日に魔法の威力が上がっていくのは俺でも分かった。
 自分のステータスも少しづつだが上がっていて、自分の成長を実感できるのはすごくいい気分になるし、明日からのモチベーションにもつながっていた。
 
 「れと様?暮人様?」
 「うぉっ!」

 考え事をしていたせいで、サラが呼んでいるのに気がつかなかった俺はびっくりして最大限にのけぞってしまった。

 「だ!大丈夫ですか?」
 「大丈夫、ちょっとびっくりしただけだから。」

 サラには大丈夫と言ったが、正直めちゃくちゃ腰が痛くなった。

 「それでどうしたんだサラ?まだ昼過ぎだぞ。」

 訓練はいつもなら夕方に終わるし、訓練中の俺にサラから話しかけてくるなんて初めてだった。

 「はい、今日は少し短いですが訓練はここまでにして、私と二人で街に行きませんか?」
 「ん~…いいよ、行こうか。」

 少し考えたが、サラのことだし大切なことなんだろうと思い了承した。

 「では支度してきますので、十五分後にここで。」
 「ああ、わかった。」

 飛び跳ねるように軽やかなステップで家へと向かうサラを見て何故か微笑ましくなった。

 「さて、じゃあ俺も支度するか。」

 サラの後を追うように家へと向かった。

「現実世界が嫌になったので、異世界で魔王の夢を叶えて来ます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く