現実世界が嫌になったので、異世界で魔王の夢を叶えて来ます!

白星

第25話 これから

 「ありがとな、リーゼ。」
 
 あれだけ汚れていたビィナをこんなにきれいにするのは大変だっただろう。

 「い、いえ、お礼なんてとんでもない。」

 そう言っているリーゼの横では、少し眠そうにしているビィナがいた。
 まぁ仕方ないだろう、あれだけ飲まず食わずで街を歩き回っていたんだから。
 
 「ちょっとビィナを俺の部屋のベットに寝かせてくる。」

 そういった俺は最初、手を握って連れて行こうとしたが、どうやらビィナは限界だったようで仕方なくおんぶして連れて行った。
 ベットまで運ぶとすぐにビィナは天使のような寝顔で寝息を立て始めた。
 ビィナが寝たのを確認した俺は、二人がいるリビングに戻った。

 「それじゃあ、これからのことを考えようか。」
 「ビィナちゃんをどうするかですよね。」
 「俺は、このまま一緒に住んでもいいと思ってるんだがどうかな?」

 俺は正直、ビィナと一緒に飯を食った時からこのことを考えていた。
 もうビィナには親がいないのなら、親代わりではないが俺達でビィナを支えたいと思った。

 「私も賛成です。ビィナちゃん可愛いですし大賛成です。」
 「……」

 リーゼは快く賛成してくれたが、サラは黙っていた。

 「サラ?」
 「……」

 サラのことだしきっと何かいろんなことを考えてるんだろう。
 
 「サラ、起きてみないとわかんないことだってあるし、今はいろんなことを考えても仕方ないんじゃないか?」
 「はぁ~…しょうがないですね。」
 「よし、そうと決まれば俺が訓練中の間は、ビィナのことはリーゼに任せていいか?」
 「はい、任せてください!」
 
 そうとなれば、俺は一刻も早く力の使い方を取得しなければ…
 別にやる気がなかったわけではないが、ビィナのおかげで俄然やる気が出てきた。
 
 「この後のことですが…ビィナちゃんはどうしますか?」
 「ん~…今日はもう起きそうじゃないから、このまま俺の部屋で寝かせるよ。」
 「そうですね…では今日のところはそうしましょう。」

 正直、俺の部屋で寝かせると行った時、またサラがさっきみたいになってしまうんじゃないかと思ったが、今のサラはいつも通り落ち着いていた。
 
 「じゃあ、ちょっとビィナの様子を見に行ってくるよ。」

 俺はそう言って、二人のいるリビングからビィナが寝ている俺の部屋へと向かった。

「現実世界が嫌になったので、異世界で魔王の夢を叶えて来ます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く