現実世界が嫌になったので、異世界で魔王の夢を叶えて来ます!

白星

第20話 休日(2)

 家から出てしばらく歩くと目的の街についた。
 
 「前来た時にも思ったけど、人が多いな…」

 異世界に来て最初に服を買いに行ったときに少し見た程度だけど、その時も人が多かった。
 この辺に街がいくつあるのかわからないが店の数は多いし建物一つ一つの外装もきれいで、何よりもこの街に来ている人たちの顔が楽しそうだった。
 そんなことを思いながら街の中を歩いているとちょうどお昼時もあって自分の腹が鳴り出した。
 街には売店のようなものもあり、そこで買って食いながら歩くのもよかったが、せっかく来たのでどこかよさそうな店に入ることにした。
 
 「ん~…」

 しばらくよさげな店を探してみているがどれもこれといってピンとこなかった。
 
 「仕方ない。どこかで妥協するか。」

 このままじゃ時間を無駄にするだけだと思いさっき来た道の途中にある店に行こうと振り返った。

 「わっ!」

 ん?今何か聞こえたような?まぁ気のせいか…
 あたりを見渡しても何もいなかったので、さっき通った道を戻った。
 少し戻るとパヌタ屋があったのでそこに入ることにした。
 ちなみにパヌタとはサラが言うには日本のパスタのことらしい。
 つくづく前の世界と似ているなと思いながらも、パヌタ自体は食べたことがないので楽しみではあった。

 「すいませ~ん。」

 そう言いながら俺は店の扉を開けた。

 「あっ!いらっしゃいませ!」

 俺を出迎えてくれたのは可愛らしい女の子だった。
 見た目はどう見ても中学生ぐらいだが聞くのも失礼だと思い、やめた。
 
 「では案内させていただきますね。人数は二名でよろしいでしょうか?」
 「うん。…ん?二名?」
 
 まさかサービスかなんかでこの女の子と一緒に食事ができるんじゃないかという俺のくだらない幻想はすぐ壊された。

 「はい…。その後ろにいらっしゃる方はお付きの方ではないのでしょうか?」

 そう女の子が言い終わるのと同時に、俺は後ろを振り向いた…

「現実世界が嫌になったので、異世界で魔王の夢を叶えて来ます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く