現実世界が嫌になったので、異世界で魔王の夢を叶えて来ます!

白星

第17話 目覚め

 目が覚めると俺の視界いっぱいにきれいな夜空見えた。

 「あ、そうか…俺、魔法の使い過ぎで倒れたのか。」

 まだ全身がだるいが徐々に今の状況を理解できた。
 すると頭に何か柔らかい感触がして、まさかと思いすぐに頭を上げ振り返った。
 そこには、座りながら寝ているサラの姿が見えた。
 俺はこの状況からさらに現状を理解した。
 そう…俺は人生初の膝枕をされていた。
 なんてことだ…せっかくの膝枕なのにもったいないことをしてしまった。
 そんなことを嘆きながらも自分はまだ外にいることを思い出し、サラを起こそうとした。
 近づいて肩を触ろうと思ったが不意にサラの寝顔が目に留まった。
 きれいな顔立ちに夜空の下だとまた違った輝きをするクリーム色の髪、まるで一国の姫が眠っているようだった。
 サラの寝顔を見るとやっぱりまだ少し女の子のような無邪気さがあった。
 普段はしっかりしていて忘れてしまうがサラもまだ子供なんだ。
 
 「おっと、そんなことより早くサラを起こさないと。」

 どうやって起こすか少し迷ったがとりあえず声をかけてみることにした。

 「お~い、サラ起きてくれ~」
 「……ん…は!」

 起きて状況を理解したのか頬を赤らめたサラが俺に頭を下げてきた。

 「す、すいません!暮人様が起きるまで見てるはずだったのに私まで寝てしまって…」

 俺はなんとなくだがサラが謝ることはわかっていた、まだ付き合いが短くてもサラはそういう子だとはこの短い期間でもわかった。
 こうやって少しずつだがもっと二人のことを知っていければいいなと思っている。

 「全然気にしなくていいよ。それに俺の方こそごめん、サラの言葉を聞かずに魔法を連射して倒れちゃって…」
 「謝らないでください…私がもっと配慮していれば最初に伝えることもできたのに…」
 「じゃあお相子っというところでこの話は終わりにしよう。どんな生物だってミスはするもんだし、いちいち落ち込むことないよ。」
 「そ、そうですね。私、次からはもっと頑張ります!」
 「そうそう、その調子だ。」

 今後も何かの出来事でサラが落ち込むことがいくつもあるだろうがその時は俺が助けたいと思っている。

 「さぁ早く家に戻ろう、寝すぎて腹が減ったんだ。」
 「ふふ、そうですね。では戻りましょうか。」

 そうして俺とサラは家へと向かった。

 「そういえば暮人様、魔法を打ち続けていて何か感じたことはありましたか?」
 「ん~と…まぁなんとなくだけど。」

 俺が倒れる直前に放った魔法は何か違う感じがした。
 どちらにせよ今日は飯を食って風呂に入って寝よう…あの時の魔法のことを考えるのは明日にしよう、今日はもう疲れた。
 こうして俺の訓練一日目が終わった…

「現実世界が嫌になったので、異世界で魔王の夢を叶えて来ます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く