現実世界が嫌になったので、異世界で魔王の夢を叶えて来ます!

白星

第15話 朝食

 廊下を歩き台所へとつながる扉を開けた。
 そこには予想通りサラが料理をしていた。

 「あ!暮人様、リーちゃん、おはようございます。」

 俺達に気づいたサラが笑顔で挨拶をした。
 台所では料理のいい匂いが漂っていて、次第に俺の腹もすいてきた。

 「暮人様、リーちゃん、朝食ができましたのでリビングまで運ぶの手伝ってください。」

 サラに渡された料理を全てリビングにあるテーブルの上に乗せ終え、俺達は席についた。

 「では、どうぞお召し上がりください。」
 「それじゃあ…いただきます。」

 俺はサラの作った料理を口へ運んだ。

 「う…うまい!」
 「はぁ~よかったです。」

 料理に夢中になりすぎて気づいてなかったがどうやら俺が自分の作った料理を美味しいと言ってくれるか緊張してたらしい。
 一気に気が抜けたサラは安堵した表情で料理を食べていた。

 「この世界にも俺の世界と同じ食材があるんだな。」

 俺が驚いたのは食べた料理の味が日本で食べているものと同じことだった。
 見た目は少し違うが味はまんま一緒だった。

 「そうですね。見た目や正式名称は少し違いますが食べ物以外にも調味料など似たようなものがあります。」
 「暮人様!サラは今日のために日本の料理を研究して少しでも食べ親しんでる味を再現しようと頑張ってたんですよ。」
 「ちょっとリーちゃん!そのことは言わない約束でしょ。」

 二人が話しているところを見ているとサラがこちらを向き目が合った。

 「いろいろとありがとなサラ。」
 「い、いえ喜んでもらえて何よりです…」

 顔を真っ赤にしたサラを可愛いと思いながらも声には出さず料理を食べ進めた。
 この後に控えている訓練のことを忘れ俺はすべての料理を完食した。

 「さすがに食いすぎたな…ごちそうさま。サラ、美味かったよ。」
 「はい!お粗末様でした。」
 「少し部屋で休憩してくるよ…訓練の時間だけ教えてもらえるか?」
 「えっと…今が午前九時ですのでちょうど一時間後ですね。」
 「わかった…ありがとう。」

 正直言って一時間で動けるようになるまで消化できるかはわからないが…まぁなるようになるだろう。
 消化しきれるか少し不安になりながらも部屋に入り、ベットに横たわった。


       三十分後

 「あ、これダメかも…」

 胃の苦しさを体感しながら自分の食べ過ぎを恨むのだった…

「現実世界が嫌になったので、異世界で魔王の夢を叶えて来ます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く