現実世界が嫌になったので、異世界で魔王の夢を叶えて来ます!

白星

第13話 サラ

 部屋に二人を残して風呂に入った俺は、今日の出来事を湯につかりながら思い返していた。
 
 「はぁ~今日一日いろいろあったなー」

 俺はまだ夢なんじゃないかと思うぐらい驚いていた。
 それくらい俺の人生はこの一日で一転した。
 あの絶望のような日々を過ごしていた俺からしたら奇跡といってもいいだろう。

 「さて、そろそろのぼせそうだし上がるか。」

 俺は湯船から腰を上げ立ち上がろうとした時だった。

 「暮人様、少しよろしいでしょうか?」

 脱衣所の方から声がした。
 俺は入ってこられたらいろいろとまずと思いもう一度湯船に飛び込んだ。

 「ど、どうしたんだリーゼ?」

 声の正体はリーゼだった。
 サラに頼まれて何かを聞きに来たのかとも思ったがどうやらそんな感じではなかった。
 どこか真剣で悲しそうな雰囲気だった。

 「実は、サラはああ見えて極度の人見知りなんです。私と初めて会ったときは一言もしゃべりませんでした。」
 「サラが人見知り?そんな感じ全然しなかったけどな。」

 どちらかというと、誰にでも話しかけるクラスの委員長や生徒会長みたいな印象だった。

 「私もびっくりしてるんです…まさか初対面の暮人様に、あんな積極的に話しかけるなんて思いませんでした。」

 顔は見えないが少しリーゼが嬉しそうに話している感じがした。
 リーゼはきっとサラの成長を自分のことのように喜んでいるのだろう。

 「それで、ここからが本題なんですけど…」
 
 さっきとは一転し、少し重たい空気が流れた。

 「サラは私にすら話してくれない過去があるんです。それも相当悲しい過去が…」

 サラとリーゼの仲は誰が見ても良く見えるだろう。
 そのリーゼにすら話せないこととなると相当なことだろう。

 「そのリーゼが聞いても話さないことを俺に話すとは思わないんだけど…」
 「サラは今でもたまにすごく悲しそうな顔をするんです。お願いします暮人様!サラを助けてくれませんか…」

 扉の前に写る陰を見ただがリーゼ頭を下げたのが分かった。
 正直、無理に等しいがこれから一緒に住むことになる仲間…いや、家族みたいなものだしやれることはしてやりたい。

 「わかった。俺ができることなら何でもするよ。」
 「本当ですか ありがとうございます!」

 さっきまで声のトーンも低かったリーゼは瞬く間に明るくなった。
 
 「ただし、もう少しサラが俺に好感を持ってからだ。」

 今の俺が聞いたら逆に嫌われてしまうだろう。
 だから時間をかけてゆっくりと関係を築いていこう。

 「そのことなら大丈夫だと思うんですけどね…(小声)」
 「なんか言ったか?」
 「い、いえ何でもないですよ、焦ることでもないのでゆっくりいきましょう!」
 「お、おう…」
 「では、私は部屋に戻ります。失礼しました。」

 リーゼが脱衣所から出たのを確認してから俺は風呂場を出た。
 リーゼには悟られなかったが正直のぼせる直前だった…あと少し入っていたら俺は倒れていただろう。
 そのせいか俺の体の熱は眠りにつく前まで取れなかった…

「現実世界が嫌になったので、異世界で魔王の夢を叶えて来ます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く