現実世界が嫌になったので、異世界で魔王の夢を叶えて来ます!

白星

第10話 家

 俺たちを包んでいた光が消え、俺の視界には一軒の家があった。
 
 「ここが私達がこれから住む家です。」
 「ここが…それにしてもでかいな。」

 まるで昔話に出てくるお城のように大きくてきれいな外装だった。
 
 「暮人様!」
 「ど…どうした?」

 想像以上の大きさの家に呆気にとられていた俺にリーゼが話しかけてきた。

 「この家はお父様が私たちのために用意してくれたんですよ。」
 「そうなのか?」

 魔王がこれを用意したのか…もしかして異世界に行く前に言っていたプレゼントってこれのことなのかな?

 「では中に入りましょうか」

 サラがそう言いながら扉を開けた。
 俺はこれから住むことのなる家に足を踏み入れた。
 家の中に入るとまず目に留まったのは天井にある大きなシャンデリアだった。
 シャンデリア自体はテレビとかでも見たことがあるがここまで大きいのを見るのは初めてだった。

 「暮人様、今から家の中を案内しますね。」

 そう言ったサラを見るといつの間にかさっき服屋で買った服を入れていた袋は持っていなかった。

「サラ、さっき買った服はどうしたんだ?」
 「それなら自分の部屋に置いてきましたよ。暮人様の服も部屋に置いておきましたので。」
 「ああ、ありがとう。」

 全然気づかなかったな…俺はいったいシャンデリアをどれぐらいの時間見ていたのだろうか?

 「ではいきましょうか」

 そこからは各部屋をサラに案内してもらった。
 家自体は一階建てで部屋の数はそこまで多くはなかったが一つ一つの部屋が広くてお風呂場やキッチンなどの説明は少し長くなってしまった。
 そして俺は今案内された自分の部屋で少し休憩をしていた。

 「今日は色々と疲れたな…」

 久しぶりに時間を忘れるぐらい楽しかったな…明日からは訓練が始まるらしいけどいったいどんな訓練なんだろうか?
 少し呆けているとドアからノックが聞こえた。

 「暮人様少しよろしいでしょうか」

 ドアの向こうからサラの声が聞こえた。

 「ああ、いいよ。」

 俺の返事を聞きサラがドアを開けた。
 サラだけかと思っていたが後ろにリーゼもいた。

 「どうしたんだ?」
 「はい、明日からの訓練のために暮人様のステータスを見せて頂きたくて来ました。」
 「ステータス?そんなゲームみたいなものがあるのか…」

 …つまり俺のステータスを見て明日からの訓練内容が決まるのか。

 「どうしたらステータスを見れるんだ?」
 「頭の中でステータスと唱えてくれれば大丈夫です。」

 俺はサラが言った通りに頭の中でステータスと唱えた。

「現実世界が嫌になったので、異世界で魔王の夢を叶えて来ます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く