現実世界が嫌になったので、異世界で魔王の夢を叶えて来ます!

白星

第8話 説明

 しばらく真っ白だった景色は徐々に姿を現した。
 
 「ここが…異世界か」
 
 現状確認のためあたりを見渡した。するとうっすらとだが大きな建物が見えた。

 「リーゼ、あの建物は何なんだ?」

 俺は多分俺よりかはこの世界に詳しいと思ったリーゼに聞いてみた。

 「えーと…何だっけサラ?」
 「もーリーちゃん!ちゃんとおじい様から説明されたでしょ!」
 「えへへ…忘れちゃった。」

 …なるほど。これからこういうことはサラに聞いたほうがいいな。うん。

 「サラ、悪いが教えてくれないか?」
 サラの説教がしばらく続きそうだったため、少し強引な感じで話しかけた。

 「そ、そんな悪いなんてとんでもないです。」

 俺が話しかけたことでサラの意識がそれ、リーゼは少し安堵した表情を浮かべた。

 「では説明しますね。あの遠くに見えているのが魔王ヴォルディアを崇拝するものが集まってできた大都市ヴォルデン…私達の最初の目的地です。」

 サラは丁寧な説明をしてくれた。

 「そういえば…」

 俺は思い出すかのように聞いてみた。

 「魔王様と神様に聞きそびれたんだけど…魔王になるにはどうしたらいいんだ?」
 「それについても私が説明します。」

 重ね重ね質問して悪い気はしたが謝るとさっきみたいになると思った俺はおとなしく耳を傾けた。

 「魔王というのはもともと百年周期で変わっていくシステムなんです。そして今がちょうど九十六年目なんです。」
 「ん?ということはまだあと五年はあるのか?」

 五年後に俺が呼ばれるなら理解できるが何でこんな時期に呼んだんだ?

 「はい。ですのでこれからの一年間で暮人様には魔法の使い方や戦い方などを学んでもらいます。」
 「そのあとはどうするんだ?」
 「えっ?」

 少し慣れ慣れすぎただろうか?俺の質問を聞いてサラは困惑した表情を見せた。

 「あ、あのーサラさん?」

 サラ怒らせてしまったのではないかと思い少し様子を見ているとどうやらそんな感じでもなくどこか心配しているようだった。

 「戦いと聞いて不安とかないんですか?」

 不安か…確かに少しはあるのかもしれないでも…

 「俺は前の世界にはもう戻りたくないんだ。そのためには絶対に魔王様の夢を叶えなければならないんだ。」

 そうだ、そのためにだったらなんだってしてみせる…
 
 「だから俺に二人の力を貸してくれないか?」

 俺を心配そうに見ていたサラは聞こえないようにリーゼに耳打ちし、少しすると二人とも近づいてき俺の前で足を止めた。

「では、私たちも暮人様と一緒に暮らせるように頑張りますね!」
「ん?今一緒に暮らせるようにって…」
 「さぁ、それでは行きましょー」

 俺は二人に手を引かれながら大都市ヴォルデンへと向かった。

「現実世界が嫌になったので、異世界で魔王の夢を叶えて来ます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く