現実世界が嫌になったので、異世界で魔王の夢を叶えて来ます!

白星

第1話 最悪な日常

 俺、夕凪ゆうなぎ 暮人くれとは今、マンションの屋上から飛び降りようとしていた。
 毎日のように家族から虐待を受け、生きていくことが辛くなったからだ。
 以前まではたまに来るぐらいだったこのマンションもここ最近は毎日来ている。
 来ては自殺を試みるがあと一歩の勇気がいつも出なかった。
 今日も同じようにあと一歩進めば飛び降りれるのにその一歩がどうしても出ず、そして今日も自殺を諦めた。
 結局自分は弱者なんだと思い知らされる。
 自分が憎い。
 家族が憎い。
 憎い憎い憎い憎い憎い憎い
 そう思っていると、自分の視界が真っ暗になった。
 「な!なんだ?」
 しばらくすると、段々視界が明るくなっていくが眩しくはなく、むしろ真っ暗から薄暗くなったぐらいのものだった。
 状況把握ができないまま、俺はしばらく固まっていたら、
 「よく来たな」
 固まっていた俺の後ろから声が聞こえてき、俺はそっちを向いた。

「現実世界が嫌になったので、異世界で魔王の夢を叶えて来ます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く