未定

ノベルバユーザー441676

挨拶

僕は幸せなのだろうか
そう、ふと疑問に思うんだ。
幸せなはずなのに、幸せとは思えない。
結局、僕が幸せでも僕の周りの人達が幸せでなければ、
僕は幸せであり続けることは出来ないのだろう。
それは僕のせいでもあり、
君のせいでもある。
そもそも、
こんなことを考えてしまうこと自体が、
既にあいつのせいなんだよ。

まあ、それは置いておいて。
1つ不思議な話をしよう。
いや、皮肉な話と言った方が良いのかもしれない。

人々はあれこれ夢を見る。
スポーツができたら、歌が上手だったら、足が早かったら、頭が良かったら、お金持ちだったら、手先が器用だったら、皆から慕われていたら、身体が健康だったら、背が高かったら、良い家庭に生まれていたら。
こうだったら良かったのに。
そしたら僕は、私は、
幸せに

なれるんだろか?

あいつははっきりと答えるだろう。

「そんな訳ねぇだろ」





「未定」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く