そこからはじまる恋!

成瀬瑛理

崩壊6


「ああああああああーーっ!」


 葛城は自分の中に再び彼が入ってくると、全身を快感で震わせながら乱れ狂って、喘ぎながら声を出して叫んだ。


「あっ……あっ……あっ……! んあ……っあっ……! いい……! っあ……! あっ……! そこ……! んっ……!」


「凄いですよ葛城さん、さっきよりもアソコがキツくしまって……! そんなに俺が欲しいですか!?」


「ンッ……! アッアッ…! ほっ、欲しい……! もっと、もっと中に……!」


 葛城は自分の中に彼の性器が入っていることに興奮した。そして、自分のペニスを勃起させたまま、体を後ろから突かれる快楽に溺れたのだった。

 繰り返し中に彼のが入ってくるたびに、波のような快感が身体中に押し寄せた。そんな乱れ狂う姿に阿川も欲情して腰を前後に激しく動かすと、彼の中を激しく突き上げた。

 パンパンパンと乾いた音が室内に響いた。そして、熱さと吐息の中を二人は絡み合うように抱き合ったのだった。


「困った人だ……そんなふしだらな姿を俺に見せて。貴方は今、俺にレイプされて犯されているんですよ解ってますか……?」


 阿川は乱れ狂う葛城にそう言って話しかけると、彼をベンチに押し倒して両足を大きく開かせた状態のまま、今度は前から突き上げた。


 後ろから突かれる快感から、前から突かれる快感に変わると、厭らしい喘ぎ声が止まらなくなった。そして、体を熱くさせたまま彼を夢中で求めた。中を突き上げられる度に葛城は喘ぎ声を出して腰を浮かせた。そして、正気を失った様にもっともっとと、泣いて懇願した。もうそこに理性なんてなくなると、二人は獣のような交尾に夢中になったのだったーー。



「イクッ……! イクッ……!」


「あああああああああーーっ!」


 葛城は体を弓のようにピンとはりつめると、自分のペニスから精子を飛ばして、ついでに水飛沫散らしてイッた。


 頭もアソコもグチョグチョになると、葛城は体を痙攣させながら、まだ物足りない姿を彼の前でさらした。淫乱な姿に阿川もイキそうになった。そして、欲情した瞳で彼を上から見下ろすと、小さな声でボソッと呟いた。


「想定外の淫乱ぶりに正直驚きですよ。まさかこんな風に貴方がなるとは思いもしませんでした。きっかけはどうあれ、貴方をこうしてモノにしているなんて、夢にも思いもしませんでした……」


「ああ、ヤバいなどうしよう……! 貴方に本気になりそうだ……くっ……! ああ、俺もそろそろイキそうですよ……!」


「ンッンッ!」


「あっ……あっ……! 阿川、まだもっと俺の中に……! ぐちゃぐちゃに……かき混ぜてっ……!」


 葛城は理性を失ったまますがると、彼の背中に爪を立てて求めたのだった。激しく求められると、阿川は熱いモノを彼の中に出したのだった。

 その瞬間、阿川は葛城の中でイッた。そして、そのまま彼の唇に口づけると、阿川は葛城の体をギュッと抱き締めたのだった。熱さは彼の体の中を這えずるようにジリジリと燃えて、そして残り火のような熱さを残して刻んだのだった。葛城は阿川に抱き締められると、徐々に理性を取り戻した。そして無言のキスを彼は受け入れた。その瞬間、熱く火照った体に彼が刻まれた。阿川が抱き締めてくると、葛城は無言で抱き締め返した。そして、そのまま彼は気を失った。



「そこからはじまる恋!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く