そこからはじまる恋!

成瀬瑛理

崩壊2

 全部吸い出すとあいつは俺の性器を口から抜いた。口のまわりには厭らしい糸と、俺が出した白いものがついていた。あいつは平然とした顔で俺の精液を口にしていた。そして、それを俺の目の前でわざと吐き出して見せてきた。その光景に体の奥がウズくように熱くなっていくのを感じた。そんな俺のことを見透かしているかのように、あいつは俺の耳元で囁いてきた――。

「葛城先輩は見かけによらず厭らしい人ですね。自分が今、どんな淫乱な姿をさらけ出しているかわかっているんですか?」

「ッ……!」

「俺に強姦されて悦んで、何度もイって、まるで変態じゃないですか?」

「それに喘ぎ声も凄かったですよ。まるで女性みたいに感じて厭らしい声を出して、ホントに貴方はいけない人だ。自分でそれを自覚してますか?」


「うぅっ……! あ、阿川……! 頼むからこんなことはやめてくれ、もうこれ以上は耐えられない……!」


 そう言ってあいつの前で泣き寝入りするように懇願した。するとあいつは、俺の話なんか聞かずに、耳元に携帯を押し付けてきた。

「ほら、聴いてみます? 葛城さんの喘ぎ声。嫌だとか言ってるわりには随分と感じてますね――?」

「なっ……!?」

 あいつはそう言って耳元で録音した声を聴かせてきた。携帯からは俺の厭らしい声が聴こえてきた。その声を聴くと、体は一気に熱く火照った。

「貴方は淫乱を通り越して変態のマゾです――。自分でそれをわかってますか?」

「ち、ちがっ……! ふざけるなっ……!!」

「そうでしょうか?  ほら、ご自身で淫乱か確かめて下さいよ」


「な、何だと……!?」


 その言葉に頭の中がカッとなった。だが、あいつは俺の前で携帯を翳すと、録音した声を聴かせてきた。


 あぁっ……!



 イっ……イクっ……!


 っぁあああああっっ!



 あっあっ……!



 あいつは悪戯な笑みを浮かべながら、録音した声をいきなり聴かせてきた。その声は俺の喘ぎ声だった。厭らしく喘ぐ自分の声に、寒気と鳥肌さえも感じた。それがさっきまでの自分だと思うと、体が急に熱くなった。 

 あいつは愕然となる俺を見ながら、悪戯にクスクスと笑っていた。そして、俺の中で屈辱感は次第に募ってきた。身動きがとれない苛立ちと、体をオモチャのように弄ばれてることに腹がたった。だが、あいつはそんな俺の苛立ちも気づかずに余裕の笑みさえ浮かべていた。

「嫌じゃないですよ。真面目ぶっても、中身は変態の淫乱男なんです。俺にこうされて悦んでいるのが、何よりの証拠じゃないですか――?」

「っ……阿川、いい加減に……!」

 カッとなって言い返すと、あいつは俺の前で携帯を翳して写メを撮った。その瞬間、暗闇に包まれた室内に光がたかれた。あいつは俺の体を眺めながら、わざとらしく何枚も写メを撮った。あられもない姿を撮られると体はそれにゾクッと反応した。


「そこからはじまる恋!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く