そこからはじまる恋!

成瀬瑛理

支配のそのさき……3

「あぁあああああああっっ!!」

 その瞬間、俺は声を上げると性器から水飛沫を散らした。それは物凄い勢いだった。自分じゃもう止められないくらいにそれは出続けた。そして、全て出すとガクッと体の力が抜けた。

「はははっ! 凄いですね葛城さん、気持ち良くてお漏らしするなんて、そんなにこれが良かったんですね!?」

「うぅっ……はぁはぁ……!」

 あいつは俺の側で興奮気味な表情でそう話すと、いきなり性器に触ってきた。その瞬間、ゾクゾクするような快感が電気のように身体中を駆け巡った。

「っぁあ……! んっっ……! やっ、やめ……!」

 体がビクッと反応すると、あいつはニヤリと笑いながら低い声で話してきた。

「貴方って人は、つくづく淫乱で、そしてイケない人だ。ほら、また感じてる。本当に困った人ですねぇ…――」

「はぁはぁ……! あ、阿川っ……! もうやめろっ……! もうこれ以上は……!」

「葛城さん、まだいれてもいないのに弱音ですか? まだギブアップするには早いですよ。にしても、女でもないのに潮を吹くなんて、ますます貴方の体が厭らしくなってきたのがわかります。もっと素直に自分を受け入れて下さい。貴方は正真正銘の淫乱男なんです」


「ち……ちがっ……! 俺は……!」


 あいつは俺を淫乱と罵ると、さらに行為をエスカレートさせた。 


 一度始まったらあとには戻れない。俺はそれを今日という日に、いやって程に実感した。あいつの頭には今、俺をどうやって料理しようか考えているはずだ。俺はそれを待つ、まな板の上の鯉のような気分だった。自分の意思とは無関係にあいつは俺をどう料理するか思いつくと、次の段階へとことを進めた――。



「そこからはじまる恋!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く