そこからはじまる恋!

成瀬瑛理

支配のそのさき……2

「うぁああああああっっ!!」

 あいつの長い指先が奥まで入ると、俺は気が狂ったように叫んだ。だがあいつは淡々とした表情で、指先を激しく動かした。中をひっかき回されてお腹が苦しくなった。でも、あいつはやめなかった。それどころか、さらに行為は激しさを増した。

「くううっっ!!」

「駄目ですよ葛城さん。唇をそんなに噛んじゃ、あとで大変ですよ? さあ、もっと力を抜いて下さい」

「くっ……! だっ、黙れ……! よくも俺にこんな……! もうこんなことはやめろ……!」

 そう言って激しく暴れると、あいつは片方の手で俺の口を押さえてきた。 


「っ……!?」


「ふふふっ、葛城さん。貴方のここは嫌がってないみたいですよ。ほら、段々と緩くなってきたのがわかりますか?」


「んんっ……!」


「イヤのわりには蕾がひくついて、俺の指先を締め付けていますが本当は欲しいんじゃないんですか?」

 阿川は俺の口を押さえると、ニコッと笑ってそう言ってきた。その笑みに体が一瞬でゾッとした。

「でも嬉しいな。貴方のここはヴァージンみたいですし。それってまだ男を知らないってことですよね。大丈夫ですよ、俺がいまから貴方に教えてあげますから――」


「んーっ!」


 あいつは俺にそう言ってくると、今度は指先を中で怪しく動かしてきた。その瞬間、体がおおきくビクッと反応した。


「んっ……! んあっ……! はぁっ……あっ……!」


 中で指先が怪しく動くと、いきなりジワジワと快感の波が押し寄せてきた。そして、その快感の波は俺の脳天を直撃した。


「ああああああああっっ!!」


 自分でもわけがわからずに乱れ狂った。あいつが触っている場所から、俺の頭はさらに刺激を受けたのだった。


「どうですか? 良いところに当たって、気持ち良いでしょ?」

「ひあっ!!」

「今のは前立腺です。ほら、わかりますか? ここのところが前立腺です。急に気持ちくなって、貴方もまんざらじゃないですよね。だってそんな風な喘ぎ声を出すなんて、感じてる証拠じゃないですか?」

 阿川は俺の耳元で怪しく話すと、手を動かしながら責めてきた。俺は痛みと快感の狭間で、淫らな声を出しながら気が狂ったように感じた。

 もう体が自分じゃないみたいな感覚に襲われて、更には押し寄せる快感の波に厭らしく悶えた。そしてだらしないヨダレを垂らしていた。あいつは俺が目の前で淫乱な姿を曝すほど、ますます責めてきた。


「くぅっっ……! ひぃっ……! っああああああああ!!」


前立腺がある場所を激しく刺激されると、その瞬間あまりの快感に両目が白目を向いた。そして次の瞬間、体を痙攣させながら性器から水飛沫を飛び散らせた。



「そこからはじまる恋!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く