そこからはじまる恋!

成瀬瑛理

理性の崩壊1

 あいつは俺の前で厭らしく性器を舐め続けた。音をたてながらゆっくりと舐められる快感に、恍惚と甘美なものさえ感じた。それに付け加え、絡み付くような支配に体や頭は上手く働かない。何故自分がこんな目にあっているかえさえも、快楽はそれを忘れさせた。今はあいつのおもうがままのオモチャと化した――。


「ふぅ……っ……! っぁ……!」


 さっきイったばかりなのに、阿川はまた俺の性器を舐めては触って断続的に刺激を与えた。その度に自分の意識が飛んだ。

 弄ばれた所からチリチリと身体の奥から火がつく。そして、その火照りは次第に熱をおびてはその先を求めた。あいつの瞳にはどう映っているのか、 今は俺はただの淫乱だ。

「ふぁっ……! んあっっ……!」

 性器をじっくりと舐められる度に気がどうにかなりそうだった。脳天を直撃する快感が再び襲うと、俺は堪らず口に突っ込まれたハンカチを吐き出して狂った様に喘いだ。

「やめっ……! やめろ阿川、もうこんなっ……!」

 俺は頭が気が狂いそうになると、体をジタバタと暴れさせた。だがあいつは俺の性器を厭らしく舐め続けた。その支配に体は快楽の絶頂に達した。その瞬間、再びあいつの前でイった。性器からは熱い滴が溢れ出た。それは止めどなく溢れた。阿川が舐めるのをやめると、俺は体を痙攣させながら涙を流したのだった。

「っう……!」

 両足はガクガクと震えた。そんな俺の姿をみながらあいつは、俺の性器を素手で触ると、激しく上下に擦った。その大きな快感は全身を刺激した。もう何も考えられない。ただその行為は、俺自身を淫乱な姿にさせた。

「あぁあああっっ……! イ、イクっ……! や、やめっ…あっあっ……!」

 快感で気が狂いそうになると、首を横に振って必死に訴えた。だがあいつは容赦なく俺を追い詰めた。激しい快感に体が耐えられなくなると、またいきそうになった。もう頭がおかしくなる寸前だった。


「んあっっ! あぁああああああっっ!!」


 その瞬間、再び精子を飛ばしてイった。すると阿川が俺の性器を自分の口に咥えて、まだ出てくる熱いものを吸い出した。それは俺の脳天を直撃した。今まで以上の深い刺激と快感に頭の中が痺れた。もうそうなると、口からだらしないヨダレを垂らして全身をくねらせて感じた。

「あぁあああっ……! んああああっっ……!」

 まだ出てくる精子を無理やり吸われると腰が浮いた。そして、目の前で激しく乱れた。淫乱な姿を曝け出しながら俺はあいつの前で気が狂ったように感じた。そんな姿をさらけ出す俺をあいつはオモチャのように扱った。その征服感は次第に、俺の理性を壊し始めたのだった――。



「そこからはじまる恋!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く