そこからはじまる恋!

成瀬瑛理

豹変2

「お前どういうつもりかと聞いているんだ! こっ、こんなっっ!!」

「葛城さん…――」

「おっ、俺は男だぞ……! 気でも触れたか……!?」

「フフッ。葛城さんのせいですよ?」


「何……?」


「――せっかく人が今までずっと我慢してたのに、貴方が急に可愛くなるから、もう我慢出来なくなったじゃないですか?」

「なっ、何だと……!?」

 意味深な言葉に頭の中が急に真っ白くなった。その言葉に動揺していると、奴の表情が急に変わった。

「まだわからないんですか? ああ、それともわざと気づかないフリしてるんですか?」

「あ、阿川……?」

「俺はずっと貴方とこうしたかった。まだわからないなら、その体で教えてあげましょうか?」

 そう言って奴はニヤリと笑うと、俺の着ているYシャツを両手で思いっきり引き裂いてきた。その瞬間、Yシャツのボタンが勢いよくブチブチと弾け飛んだ。

「なっ、何をする……!?」

 突然の出来事を目の前に俺は奴から逃げた。

「く、来るな……!」

「どうしてですか? 俺の封印を解いたのは貴方ですよ?」

 阿川はわけのわからないことを言うと、ぎらついた目で俺を見てきた。その目は欲情している目だった。その眼差しに体は再び火がついたように熱くなった。堪らずベンチから離れると、近くにあった無人の喫煙所に逃げ込んだ。その後を奴が追いかけてきた。

「そんな風に逃げないで下さいよ。葛城先輩が煽れば煽るほど、欲しくてたまらないじゃないですか?」

「なっ……!?」

 阿川はそう言うと俺を壁際に追い詰めた。壁にドンと両手をつくと、ジッと見つめてきた。その強い視線にみつめられると体が急に熱くなったのを感じた――。



「そこからはじまる恋!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く