そこからはじまる恋!

成瀬瑛理

二人きりの駅8

 泣き伏せる葛城に阿川は優しく声をかけると、肩に自分の手を置いた。 

「だめですよ葛城さん、俺みたいな後輩に簡単に頭を下げちゃ……! 葛城さんは俺よりも先輩で、俺の目標だった人なんですから、カッコいい葛城さんのままでいて下さい……!」


「っ……阿川……!」


「課長や周りが葛城さんのことを悪く言うなら、2人であいつらを見返してやりましょうよ…――! 俺、今度はもっと要領が良い男になって貴方を全力でサポートします! きっと葛城さん良い気分じゃないですけど、俺はそれでも貴方を支えたいんです……!」

「阿川っ……! おっ、俺はお前を……!」

「もう良いんです、葛城さん。俺に全部話してくれて有難うございました!」


「っ……っう……!」


 葛城は目の前で惨めにも泣くと、そこで肩を震わせて泣き続けた。そんな彼を阿川は名に言わずにそっと抱き締めたのだった。


――俺は阿川に抱き締められると何故か安心した。不思議だ。こんな奴に急に抱き締められて、安心するなんて……。



モゾっ 



「ん?」




その瞬間、体に微かに妙な違和感を感じた――。





「そこからはじまる恋!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く