そこからはじまる恋!

成瀬瑛理

序章2

 普通に平凡なサラリーマン。独身で彼女なし、よくある話しだ。別に20過ぎたからって、結婚したがるような連中とは違う。別にこのまま独身貴族でもいいかなって話だ。

――先週、彼女にはフラれた。そんなこともあって、今落ち込んでいる。女は金と地位が高い男性と付き合いたがるものだ。俺みたいな平凡なサラリーマンが、マンションを彼女の為にプレゼントなんてそんなのまず無理だ。仕事が忙しくて彼女をほったらかしにしていたら、なんと彼女がいつの間にか男を作っていた。それも俺の友人だ。確かにアイツは実業家で金もソコソコ儲かっている。まさかとは思っていたが、そのまさかだった。で、俺はあっさりと彼女にフラれた。 


 まあ、それが彼女の幸せなら俺は口出しはしないがなんかそれがやるせない。俺は彼女にプロポーズする計画を立てていた。でも、今になったらそんな計画も水の泡になった。フラれる前に結婚指輪を買わなくてよかった。彼女にフラれたあと、そんな物を持っていても困るだけだ。 



 とにかくもう彼女のことは忘れよう――。




「そこからはじまる恋!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く