異世界の死の商人

ワナワナ

第十五話 戦車で移動する

 午前二時半の事だ。俺は突然鳴ったスマホのアラームで起きた。ものすごく眠い…久々にロックを解除して見ると見たことの無いアプリが入っていた。『アトラン連絡窓口』とアプリの下に表示している。俺はアプリを起動して見る。


『お呼びですか?マスター。』


 白い文字と黒い背景がスマホに映る。自動で書かれる文はさながらハッカータイパーのようだ。


「呼んでないから……取り敢えず寝かせて……。」
『しかし地図が完成したので早急にお伝えしようかと思いました。』


 辺りにはブルーライトと星の光しか無かった。今は二時半何だよ……。ただ人の声によく似た機械音声からは何処か嬉しそうな事が伝わった。仕事をしてくれてありがとう。でも時間を考えてくれ。


「……寝る。」
『了解しました。アラームをセットします。』


 そんな事は頼んでないんです。睡魔に負けて俺は眠りについた。アプリ作ったり、起こしたり……頼んで無いことまでしないでも良いのに……。


 七時だ。時計塔の鐘が街中に鳴り響いている。俺は鐘の音ではなくて、スマホのアラームで起こされた。九時とか八時に起きる自堕落な生活は今日で終わりのようだ……。


『マスター七時になりました。』
「これはエラーコード5に抵触しないの?」
『まさかあなたが新たなるドメイン(作戦領域)を知らない筈が無いですよね。』


目覚しとサイバー戦を一緒にするなよ……。まてよ俺のスマホが勝手に操作されてるって事は……怖。アトランは俺の恐怖を棚に上げて地図について話し始めた。


『これが世界地図です。』
「これって太陽系?」
『名前はご自由に決めて下さい。』


 宇宙まで地図を広げてたのか。俺は自分のいる星を拡大する。すると既視感がある。前にミーラと見たフロント王国と孤島が見えてきた。


「広いな……。」


 世界の広さは地球と同じぐらいの気がする。そして大きな大陸が2つある。地名は一切書かれていない。俺が名付けるか……。地名をあーでもないこーでもないと考えていると再びアトランの文字がスマホに浮かび上がる。


『マスター、他に伝えたい事があります宜しいですか?』


 今度は何だ……。予想外の事が起きてももう驚かないからな。


「衛星からの情報によると反乱軍の弾薬が残り乏しくなっています。直ぐに向かうべきかと。」


 そんな馬鹿な、弾はありったけ渡したはずなのにもう無くなったのか。人数が増えたのか?とにかく急がないとミーラとの約束を守らないとならない。


 俺は部屋を出ようと扉を開ける。扉はいつもより軽く、勢い余って前に倒れてしまった。


「ひゃあ!だ、大丈夫ですか?」
「うん、ミーラの方こそ平気?」


 恐らく彼女もドアを開けようとしていたのだろう。だから俺と彼女がぶつかって密着している。彼女の鼓動が聞こえる。鼓動は俺と同じぐらい早い。


「すいません。」
「俺もごめん。直ぐに退くよ。」


 彼女は俺が離れる前に離れた。嫌われたのだろうか?彼女の耳と尻尾は垂れている。機嫌が悪いのか……。いやそれよりも大事な事があった。説明しないといけない。 


「ミーラ、リベレ達の弾が足りないらしい。出掛けてくる。」
「え……えっと。彼等は無事なんですか?」
「もちろん、ただ急がないといけない。」
「私も付いていきます。」


 光が廊下の窓から差し込む。彼女の白い髪が光を反射する。ミーラはリベレ達に会いたいのだろう。


「良いよ。準備してとにかく直ぐに行こう。」
「はい、待ってて下さい。」


 ミーラは俺よりも素早かった。俺達は急いで手続きや準備を済ませて港湾都市の外へ出た。後ろには門が高くそびえ立っている。とにかく急いで移動しないとならない。またあの航空機に頼ろう。


「V-22オスプレイ召喚。」


 いつも通りの光と共にそれは現れる。この反動の眠さも光も慣れた物だ。既にプロペラは上を向いている。このティルトローター機の特徴はプロペラの向きを変えてヘリにも飛行機にもなれる事だ。この輸送機も慣れた。


 アラームが再び鳴る。俺がスマホを取り出すと上の通知にアトランの文字があった。


『天候悪化が予測される為、航空機での移動は推奨しません。』


 この忙しい時に……。でも確かに上を見ると黒い雲が多かった。辺りはいつもより暗く、遠くでは雷の光も見える。


「状況に適する物を好きに召喚してくれ。」
『了解。M1エイブラムス召喚。』


 アメリカ陸軍の主力戦車だ。まさか戦車で移動する日が来るとは……。乗用車の数倍はあるそれに俺は少し見惚れていた。そしてM1の砲身と履帯の向きは進む先を示していた。


『○データリンク』
『ここから目的地までおよそ四時間。実際の交通規制に従い走行します。』
「ユータ様、雨が降りそうです、早く乗りましょう。」
「うん。ミーラも気をつけて。」


戦車の乗る場所は乗用車とは違い上にある。俺とミーラは砲塔の上まで登った。彼女がここに来るまで紆余曲折あったがそれを語るのは彼女の名誉の為にやめておく。


「待って!」


 アイスが地面を滑ってこちらに来る。彼女の重力魔法は地面を滑る事も出来るのか初めて知った。アイスは更に地面を蹴って一瞬でこのM1エイブラムスの上まで来た。その様子を見て俺は感動した。格好良すぎる。所で何の用だろう?


「どうしたの?」
「どうしたのって……あなた明日暇って聞いてたじゃないの。」


 やばい。すっかり忘れていた。確かに俺は昨日そう言っていた。なんとか許して貰おう。


「ごめん。ただ急な用事が出来て、今すぐに行かないとならない。また埋め合わせする。」
「……何処へ行くの?」
「反乱軍の本拠地。」


アイスは合点がいったのか分かったわと小さく呟いてからある一通の手紙を俺に渡した。


「私もそこに行かないと行けないの。連れて行ってくれない?お願い。」


どういう事だ?メラージ家は反乱軍の事を黙認するだろうって……。いやそれは彼女の見解か。本当はもしかしたら違うかもしれない。


「良いけどこの手紙は何?」
「それは領主からリベレに向けた手紙よ。あなたに渡して欲しいの。」
「着いてくるなら紹介するから自分で渡した方が良い。」
「それもそうね。」


 アイスは少し考えてからそう言った。俺はハッチを開けて中に入る。中は思っていた通り狭かった。ただ子柄な俺とミーラはアイスよりも狭くは感じなかった。


「えっと……私は何処に座れば良いですか?」
「そこの戦車長の椅子でいいよ。俺は装填手の所に座る。」
「なら私はここね。」
「皆、何処かに捕まって。目的地へ進め。」


 砂埃と白煙を上げて戦車は西へ進み始めた。時々街道を外れてショートカットしたから揺れる事もあった。途中でV-22の回収をした旨がアトランから言われた。頼んで無いことまでしてくれてありがとう。心の中でお礼を言った。そしてアトランの読み通り雨が降り始めた。凄まじい雨だ。雷の音まで聞こえる。戦車が上げる砂埃も無くなった。


 俺はハッチを閉める。ミーラは大分戸惑っているのか俺に助けを求めてきた。彼女のハッチも閉じる。彼女は俺にお礼を言った。やがて川と橋が見えた。戦車の重さのせいで橋を渡れずにいるとアイスが雨の中、重力魔法で向こう岸まで運んでくれた。俺は彼女にお礼を言った。彼女は返答する間もなく疲れから眠ってしまった。ミーラはそんな彼女に自らの席を譲った。豪雨の中で俺達は助け合い進み続けた。

「異世界の死の商人」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く