仮面舞踏会 ~隠密優等生《オタク》な俺と生徒会長《おさななじみ》の君と~

「S」

レポート 5:『賢獣』

電車を降りて、駐輪場へと向かい、自転車を押す。
するとホームで長重が待っていて。
途中まで一緒に帰ることにする。

「……ん?」

ふと横道に何かが置いてあることに気づく。
ただの段ボールかと思うも、気になり近づいてみる。

「……っ!」

その中身を覗くなり釘付けになる。
自然と、そこから離れられなくなる。

「真道?」

背後から聞こえる長重の声。
目先のモノに「あ」と息を漏らし、満面の笑みを零していた。

「可愛い~♪」

箱の中にいる小さき獣。
『ミー、ミー』と鳴き声を放ち、大きな瞳を潤ませる。

灰色と黒の縞模様。青い眼。掌サイズの身体。
生まれたばかりの子猫だった。


「―――」


ゆっくり、恐る恐る手を伸ばす。
猫の顔まで近づけて止める。
猫は大人しく座ったまま、匂いを嗅いで、

「……」

チロチロと、舐めてきていた。

「人懐っこいね」

子猫を撫でる長重と、甘えるように手へ顔を摺り寄せる子猫。
凄く、ほのぼのする。


――捨て猫、か……。


「私の家、ペット禁止ダメなんだよね。実家でウサギは飼ってるんだけど……」

実家のウサギ。
見たことはないが、飼っていることだけは知っている。
中学の頃、彼女が話していたから。

「……知ってる」

けれど今は、親元離れた一人暮らし。
訳ありの家庭。似た境遇。
それを知っているのは、全て自分に非があるから。

「え……?」

小さな声で呟いて、聞き取れなかった長重は案の定、首を傾げる。
しかしそれも一瞬で。

「真道、飼えない?」

彼女はすぐに心配へと移る。

「……」

猫は好きだが、飼うとなれば話は別。


――なので、


「聞いてみる」

スマホを取り出し、LINEを開く。
友達欄の瑠璃にタップし、メッセージを送る。

『猫、飼ってもいい?』

さすがにすぐには既読がつかないため、その間、長重が抱き抱えた子猫の写真も送っておく。


さり気なく、子猫を手に微笑む長重の一枚も収めて――。


「……よし」

「オッケー取れたの?」

「んにゃ?」

『どうする気?』と言いたげな顔ぶり。
もしかしなくとも、きっと瑠璃は反対する。


――だから、


「お前、うち来るか?」

子猫自信に問うてみる。
人間の言葉なんて、生まれたての子猫には通じないかもしれない。
けれど動物も人間と同様、少しの仕草で何を考えているかぐらいわかる。

そのため、じっと見つめていれば、

「わぁ……っ!?」

長重の腕から飛び出して、こちらの首へと飛び込んでくる。
狙っていたのか頭からパーカーへと突っ込んで、服の中を動き回った末、胸元から顔を出した。

「ふふ。満足そうな顔」

服の中が暖かいようで、子猫は眠そうに落ち着く。
まるで本当に、笑っているかのようで。
こちらも自然と、笑みが零れる。

「本当に大丈夫?」

「とりあえず、実力行使」

「心配だなぁ……」

肩をすくめる長重をよそに、子猫を撫でて、『ミー』と鳴く姿に癒される。
帰路を歩きながら、長重の瞳がこちらを映し続けている。
それだけで、本気で心配なのだと伝わってくる。

「俺は、勝ち目のない勝負は挑まない主義なんだ」

「勝算があるってこと?」

「まぁ、な」

反対されるかもしれない。
下手をすれば、家から追い出される可能性だってある。
でもそれは、今までの話。

瑠璃ならきっとわかってくれる。
そんな安心感がある。

「ダメだった時は?」

「氷室に押し付ける」

「そこは人任せなんだ……」

けれどやっぱり、自信はなくて。
どうにかなるさと、呑気なことを考えている。

考えすぎても仕方がない。
子猫(こいつ)のために何ができるか。
今はそれを考えることしか、できないのだから。

「それじゃ、私ここだから」

「ああ」

長重と別れ、離れていく背中を遠めに眺める。

その行き先にあるマンション。
駅から歩いて15分ほどの位置。

ここからなら、自転車で僅か5分ほどで家に着く。
子猫が胸元から落ちないように注意しながら、自転車を漕ぐ。
時々視線を子猫へとやれば、お風呂に浸かる人のように笑っていた。

「お前、おっさんかよ」

吹き出し気味に笑い、あっという間に自宅へとたどり着き。
自転車を止め、玄関へと向かう。

ゆっくり戸を開けて覗いてみるも、人気などなく。
瑠璃はまだ、帰ってきていないようだった。

「さて、どうするか……」

頭を掻いて、瑠璃が帰るまで何をするか考える。
すると子猫は胸元から飛び出して、家の中を散歩していく。

「ふむ」

辺りを見回しながら歩く当たり、視察といったところだろう。

ここがどういう家で、どんな家具の配置で。
その中のどこに自分の縄張りをつくるか。
これが猫という生き物の習性なのかもしれない。

「そこがお前の特等席か」

庭へと繋がる縁側。
日当たりが良く、心地のいい場所。
どうやら気に入ったようで、景色を眺めるように尻尾を揺らして座っている。

「餌は、フード?いや、猫缶?ミルク……」

飼ったことのないペット。

実家で小4の頃に夏祭りですくった金魚(現在20センチ越え)を飼ってはいるが、猫と触れ合う機会など、そうそうなかった。


――まずは、


「動物病院、ペットショップ、あたりか……」

野良だった場合、何かの病気を抱えていることがある。
一回検査を受けさせて、その時に詳しい情報を仕入れよう。

「とりあえず、風呂入るか」

洗濯物を取り込み、お湯を張る。
子猫を抱え、風呂場へと向かい、子猫の身体を洗う。

不思議なことに子猫は水を嫌がらず、気持ちよさそうに身を委ねていた。
湯船に浸かれば、器用に犬掻きしている。

猫なのに……。

「お前、スゲーな……」

と思いきや、徐々に沈んでいく子猫。

「っておおぉいっ!?」

慌てながらに救い上げ、安否を確かめる。
すると呑気に『ミー』と鳴き声を上げ、一安心する。

風呂から上がり、子猫の身体を拭く。
フサフサだった毛がボリュームを失っている。
拭き終わると子猫はすぐさま走り出し、リビングにある扇風機のスイッチを入れる。

「ニャー」

唖然と、猫らしい鳴き声を耳に風を浴びる子猫を凝視する。


――賢すぎる……っ!


「おっと」

気づけば毛並みが元に戻って、子猫が胸元へと飛び込んでくる。
『ミー』と笑むように鳴いて、甘えるようにじゃれてくる。
自然と頬が綻び、ふとお腹へと手を当てて、

「腹減った……」

そう思うのだった。

「コンビニ行くか……」

すると子猫が頭上に乗って、『ミー』と鳴く。
まるで、自分も付いて行くと、言いたげに。

「お前も来るか?」

「ミー」

元気のいい一声が聞こえていた。





「疲れた……」

コンビニへと向かう道中、『頭に子猫を乗せたフードの男』という形で街歩く人々の視線を浴び。
さすがにコンビニでペットはまずいだろうと思い、胸元に隠せば、レジにて顔を出し『ミー』と鳴く。

優しいおばちゃんだから良かったものの。
ペットショップのお姉さんまで、ゲージに入れず頭上に乗っけていることに驚いていた。

「さてと」

ビニール袋から買ってきたものを取り出す。
その間、子猫に目をやり、ため息を零す。

ペットショップで買った品々。
ゲージにペット用ベッドとキャットフード。


――そして、


白い四葉模様が刻まれた青い首輪。
そこに付けられた名なしペンダント。
もしもの時のため、裏に住所と電話番号が記載できる話題の品。

それら全部、自ら選んでいく姿に店員の目も点になっていた。
ゲージに関しては嫌い、自分でも必要ないとさえ思えるほど、賢く大人しいが、念のため購入した。

今すぐサーカス団にでも入れるレベル。

もう猫の域を超えている……。

「寝よ……」

子猫によりドッと疲れ、瑠璃が帰ってくるまで、ゆっくりしていたいと。
そう思ってソファに横になれば、あっという間に睡魔が眠りへと誘った。





「ただいま~……」

疲れながらに覇気のない声を上げる。
面倒臭くも感じるけれど、それをすれば彼が駆けつけて『おかえり』と言ってくれるから。
その優しい笑顔に癒される。

「あれ……?」

いつもなら出迎えてくれるはずの彼がいない。
靴はあるし、電気も点いている。

おかしいなと思い、リビングへと行ってみれば、いつものように特等席ソファに寝ているのだと気づく。

「ふふ」

可愛い寝顔。小顔で童顔。
大きくなっても、代わり映えのしない容姿が羨ましく思える。

頬を小突けば、モチモチの白い肌の感触。
細身の体形も相まって、女装すれば『男の娘』もいけるかもしれないと、くだらないことを考えてしまう。


「―――」


一向に起きない鏡夜カレ
どうやら相当疲れていたよう。

だからふと、襲いたくなる。

「……ん?」

彼の上に跨ろうとした時だった。
お腹の上に見慣れない毛玉が丸くなっている。

よく見れば、鏡夜が好きな猫という動物に見えなくもないが、いるはずのない存在に疑問符が絶えなかった。

「え?」

途端、子猫も目を覚ましたようで、こちらを一目に飛び掛かってきていた。

「うわぁ!」

顔に張り付き、前が見えず。
子猫により力が弱く、爪を立てていないことが幸いとして、すぐ外れた。

「……何やってんの?」

「ああ、起きた……ってこっちの台詞よ!」

「……?」

「なんで家に猫がいるの!?」

「LINE送ったよ?」

「え?」

言われて気づく。
送られたことに気づいていなかったということを。

「ミー、おいで」

「ミー?」

彼の掛け声をもとに子猫は跳ぶ。
それをすかさず彼がキャッチする。

「名前?」

「うん。ミーって鳴くから、ミーにしようかなって」

「へ~……って飼うの!?」

「ダメ……?」

「うっ」

潤ませた瞳で小首を傾げる。
手に持つ子猫も同様にこちらを見つめてくる。

それが可愛くて、眩しくて、どうしようもなく思えて。
顔を背けて逃れようとするも、首を落として承諾していた。

すると鏡夜はニヤリと笑みを浮かべて、

「ミー。俺の家族の瑠璃だ」

そう言って、子猫を手放す。
『挨拶をしろ』という遠回しのセリフに子猫を見れば、こちらに歩み寄って、膝の上に乗って。
お座りをして、『ミー』と笑むように声を上げた。

「凄い……」

唖然と眺め、自然とフサフサの毛に手は伸びて頭を撫でていた。

「それで?」

「ん?」

「子猫にも気づかず、寝ている俺に何をしようとしていたんですか?」

「あー……」

バレバレの思考回路。
全て見透かされているようなジト目に、上手く誤魔化せる理由なんて見当たらず。

「寝ている鏡夜が、可愛すぎるのがいけないの!」

そう口走っていた。

「んな理不尽な……」

呆れ返り、ため息を漏らすけれど、不服なのはこっちも一緒。
好きな人を前にすれば、ものにしたくなるのは自然の原理。

私は悪くない!

「鏡夜だって、強引に猫飼おうとしてたんだから、お相子でしょ?」

「まぁ、確かに……確かに?」

「ふふ」

都合のいいこじつけを見つけ、言い逃れる。
お茶を濁したところで、立ち上がれば、『ぐ~』とお腹の鳴る音がする。

「腹減った……」

お腹を押さえる鏡夜。
寝て起きたら空腹になるという彼の体質は不思議なもので。
『ミー』も、這いつくばってお腹を空かせていることに笑みが零れた。

「じゃあ晩御飯にしよっか」

「うん……」

覇気のない声。
子猫と一緒に倒れ込み、まるで鏡夜も猫のよう。

ベッドで丸くなる姿が彷彿とされ、今度猫耳を付けようと企んだ夜だった。

          

「仮面舞踏会 ~隠密優等生《オタク》な俺と生徒会長《おさななじみ》の君と~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く