仮面舞踏会 ~隠密優等生《オタク》な俺と生徒会長《おさななじみ》の君と~

「S」

レポート 0:『それはふとした出来事だった』

――それはふとした出来事だった。


いつも通り誰もいない廊下。放課後という静寂と、窓ガラスから差し込む夕日。
まるで青春の一ページを絵にしたような光景。

今となっては、どうしてそんな時間帯に学校にいたのかあまり覚えてはいない。
おそらくは、どうでもいいことなのだろう。覚えていないとはそういうことだ。


――けれど、


この後起きる出来事は、想定などできるものでもなかった。


忘れる事さえも、できないほどに――。


「――ねぇ、どうして屋内でもフードを被っているの?」


誰もいないと思ったはずの曲がり角。
窓ガラスから吹き抜ける風が、その艶やかな黒髪をふわりと靡かせ、日差しは彼女を照らし出す。

容姿端麗、成績優秀。

誰に対しても分け隔てなく平等な優しさと笑顔を振り撒くその性格に誰もが魅了され、男は惹かれ、女は憧れの目を向ける。


そんな生徒会長――『長重美香ながえみか』と鉢合わせてしまった。


「……」

急に話しかけてくる彼女。
それに対し平然と通り過ぎようとしたのだが、足は反射的に立ち止まり、口は自然と動いていた。

「吸血鬼、ドラキュラ、ヴァンパイア。そいつらは陽を浴びると死んじまうだろ?それと似たようなもんさ。周りは輝きに満ちている。それが俺には眩しすぎる。まったく、俺には厳しい世界だよ」

された質問は何気ないもの。誰でもおかしいと思うであろうこと。
それは自分の服装についてで、よくされる質問。

ブレザーの下に赤いパーカーを着用し、夏であろうとフードを被る。
夏物冬物とでちゃんと分けてはいるが、理由は今説明した通り。


――俺には、この世界が眩しすぎるからだ。


「ふーん……あなたってイタい人なの?」

「まぁ、そうかもなー」

適当に流す自分。
そんなことはどうだっていいし、わかりきっていること。

何故ならそこが、自分の長所であり、短所でもあるから。
憶測や偏見でモノを語る奴等クズの言葉に傾ける耳はない。

オープンなオタクで、寡黙な性格で、頼られれば断れないような優しい奴で、内心人を見下すような質で、彼女いない歴=年齢であろうと、そんなことを知れば陰口で噂するような偽物に興味など持てるはずもない。


――だから、


長重の言葉も、腐り切ったこの心には届かない。

「自分のことなのに無関心なのね」

寂しそうな表情。
『そんなこと、どうだっていいだろうに』と、心底思う。

「だって、あんたには関係ない事だろう?」

「関係……ない……?」

「ああ」

不穏な空気。
そこに少し違和感を覚えてしまう。
長重の反応が少し、歪なものだったから。

「関係ないわけないじゃない!あなたのせいで私は毎回学年3位なのよ!」

響く罵声。上がる怒鳴り声。
そこに口元が二ヤリと緩む。

「へー、お前生徒会長のくせに学年1位逃してんのプププ。しかも3位とか他のやつにも負けてんじゃねぇかプププ」

「あームカつく!」

怒気を浮かべた自白。
それは成績表に書かれる学年順位のこと。
そこに小馬鹿な意を浮かべたのだが、苛立つ彼女を眺めるのも不憫なため慰めることにした。

「まぁそんな怒んなよ。可愛い顔が台無しだぜ?」

「可愛い……?」

戸惑いと恥じらい。
頬を赤らめながらも嬉しさが滲み出ている。
それ故に、長重への変なスイッチは歯止めが利かないものとなった。

「ぷっ、簡単に顔が赤くなって、お前チョロインかっての」

「なっ……!?この~~っ!」

「まぁ待てよ。好きな奴にはからかいたくなるって、よく言うだろ?」

「へ……す、好き……?」

「ぷっ、また引っかかってやがる」

「~~っ!」

顔を何度も、これでもかというほど上気させ、歯ぎしりをする長重。
すると彼女は、唐突にも告げる。

「……もう怒りました。そんな態度をとるなら私、あなたを副会長に任命します!」

「……は?」

またも急な持ち掛け。
そのわけを、長重は淡々と説明していく。

「今年から生徒会長は私。そのメンバーは生徒会長の指名によって決まる。その席は今現在全く埋まってないの」

「へー、だから?」

「あなた、私より成績が優秀なのでしょう?」

「さあ?どうだろうな」

「誤魔化したって無駄」

「……?」

ポケットから取り出された携帯。

本来であれば校則により、学校への携帯の持ち込みは禁止なのだが、そんな細かいことは、いともたやすく吹き飛ぶほどに、俺の目の前では驚きを隠せない出来事が起きていた。

見せつける画面に眉を顰めて息を呑む。
そこには録音と表示された文字と、再生される音声があった。


『なぁ、鏡夜。今回の成績、どうだった?』

『オール満点学年1位』

『まじか……お前やっぱすげぇのな』

『お前はどうなんだよ』

『俺か?俺は、学年2位だった』

『お前も十分凄いじゃないか』

『まぁな……までも、お前のわかりやすいテスト対策ノートのおかげだしな』

『そうだな。それぐらい取っててもらわないと、俺の付き合ってやった時間が無駄になるしな』

『お前ノート見せるだけで何もしてないだろ!?』


何気ない会話。聞き覚えのある声。
その一人は紛れもなく自分で、もう一人はこの学校に来てよくつるんでいるあいつで。

そんな一瞬のたじろぎで、身に覚えのあることだと判断してか、長重は録音を止める。

途端、キリリとした表情から可愛いドヤ顔に変化して、仕方がなくも切る手札がないため、ため息交じりに確認する。

「……それで?俺が隠れ優等生で、あんたより成績が上だったから、なんだって?」

あからさまな挑発。
そこに長重は眉を寄せ、口元を引きつらせ、自然と怒りマークを増やしていく。
ほんと、扱いやすいことこの上ない。

「なら、生徒会のメンバーとして不足じゃないってだけの話……っ」

「へー」

素っ気無い態度。
話の流れから、そんなことはわかっていた。


――ただ、


そういう態度を取ることで、長重の怒りを煽ることができ、扱いやすくなる。


もの凄く単純で、子供のように純粋なのだ、長重は――。


「ふふ……」

「……?」

意味深な笑み。
怪しげな空気が漂う中、長重はふとして呟いた。

「調べたところによると、あなたはどうやら家へ早く帰りたがる質のようだし……」

「あ、ああ……」

光を失った瞳。
黒く濁ったその目が、全てを見透かし呑み込むかのように、こちらを覗き込んでくる。
そのことに少し、身震いを覚える。

「……いっぱい扱き使ってあげますからね……」

「なん、だと……」

「ふふふ……」

どこから手に入れた情報。ほとんど脅しのような言い回し。
それ故に戸惑いの感情が渦を巻く。


――だが、


「どう?恐怖で声も出ないとか――」


「あー、まぁ好きな奴と一緒にいられるんなら、別にいいか……」

さして、そこに問題などなかった。


「なっ……!ふ、ふん!どうせまたからかっているのでしょう?同じ手に何度も引っかかるわけ――」


「そんじゃよろしく、会長さん」

「え?ああ、うん。よろしく……」

驚きに溢れ、混乱している長重。

それもそうだろう。
自信満々に掴んでいたはずの弱みは、それほど大したものではなかったのだから。

「じゃ、そういうことで」

「へ?……って、さっきのは、からかっていただけよね!?そうよね!?どっちなの!?」

「ほほほ」

「ちょっと、訂正していきなさいよ~~~~っ!」

放課後の廊下。背後から響く長重の声。
離れて行く距離の中、踏み締める足音が耳元を掠めながら、頬は自然と緩んでいる。

ただ一瞬、そこに一瞬、脳には確かな記憶が蘇る。
だから必然と、険しい顔を浮かべてしまう。

外へと出て、仰ぎ見る快晴の空。
夕暮れだというのに、目に映る景色は甘酸っぱい青春の一ページを彩らせる。

おかしな一日。いつか来るかもしれないと思っていたハプニング。
想定外であっても、予想外ではない出来事。

それ故に思う。

「どうしたもんかねぇ……」

頭を搔いて呟いた言葉。


それは文字通り、途方に暮れた複雑さだった――。

          

「仮面舞踏会 ~隠密優等生《オタク》な俺と生徒会長《おさななじみ》の君と~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く