FEATHER

「S」

第一章10 『誓い』

「皆さんにお知らせがあります」

自習となった一限目に担任である『花園彦内』が現れ、皆は静かに注目する。

「今朝現れたフェザーですが、黒白のフェザーとして指名手配されることになりました。いずれ君たちと出会う可能性があるでしょう。十分に気を付けてください」

きっと、今朝のことであろうと、察しはついていた。
けれど、先生の発言に違和感があり、胸が少しざわつく。

「報告は以上です」

「ぇ……」

『魅剣羽亮』に関する情報がなく、龍司は思わず声を漏らす。
その後、二人して立ち去ろうとする先生を追いかける。

「ちょ、ちょっと先生っ」

「何でしょう?」

「羽亮は……」

何と声を掛ければよいのか、彼の名を口にするだけで踏み止まる。

「……彼はしばらく学院を休むそうです」

静かに微笑む姿は、どこか暗く。
教室を後にする先生を眺め、それを疑問に思えば、クラスが何やら囁き合っていることに気づいた。


「――魅剣しばらく休みだってよ」


「――このままずっと来なきゃいいのにな」


「――そうそう。平民がうろつくんじゃねぇっての」


『魅剣羽亮』が何かを成す度に『平民のくせに』と陰口を零す。

いつも通りの見下し嘲笑う下品な貴族。
所詮、家計に恵まれただけの地位だというのに。
まるで自らが得た権力とでも勘違いしているのか、奢り切っている。

とても傲慢な言動。
羽亮は無関心に聞き流していたが、友人としては腹立たしい。

学年上位に匹敵する才を妬まれ、忌み嫌われている。
誰よりも見返してやりたいという野心が芽生える。

「……次の授業何だっけ?」

気を紛らわすべく、険悪な表情をしている龍司に話しかける。

「ん? ……ああ、剣術だったな」

「そっか」

静かに迸る怒りを抑え、ゆっくりと息を吐く。
しぼんでいく風船のように肩から力を抜く。

「おいおい、ここで変わんなよ」

「わかってるよ」

龍司の呆れるような声に気持ちを落ち着かせる。
するとチャイムが鳴り、龍司と一歩踏み出し、廊下へと出る。

2限目は剣術のため、競技場で行われる。
東側にある体育館とは逆方向で、崩壊したのが体育館でよかったと少し思う。
ここで唯一の存在意義である剣技を身分関係なく振るえる。

「先に行ってるよ」

「おう」

更衣室にて、龍司より先に着替え、木剣を手に競技場へと足を運ぶ。


「――やりー!一番乗り~!」


「――おい、あれ」


「何だよ、一番乗りじゃねぇのかよ~」

靴ひもを締め直す中、スポーツタイツに着替え終わった生徒が続々と集結する。
剣術は選択科目で、割合としては男子がほとんどを占めている。

それは主に羽亮や華聯を蔑み意気がった貴族の集団。
ただ貴族というのは確かな実力を持っているため、反論しがたいのも事実。



「――おい、月島!」


ふと声を掛けられ、顔を上げる。
紺色の刺々しい髪、黄色の瞳。


そこに佇むは、剥き出しの犬歯が特徴的な馴染み深い自称好敵手ライバル――『美坂信次みさかしんじ』だった。


「何?」

曲げていた膝を伸ばし、同じ目線になる。

「今日こそは、お前に勝つ!」

「うるさい、黙れ、暑苦しい」

鼻息荒く、指をさしては大声で宣戦布告する。
日常茶飯事の光景に見飽き、周りから変な視線を浴びせられる。
今ではもう恒例行事と化して、慣れてしまっている。


「――全員集合!」


剣術の講師が現れ、生徒一同が機敏に整列する。
その後、アップとして競技場内をランニングする。
そんな中、ふと信次へと目を向ける。

同じ貴族でありながら、品格を伴わない。
自分とは騎士という家計と、通っていた道場が共通しているだけ。
信次との勝負で負けたことは一度足りとしてない。

にも拘らず、信次は諦めることなく挑み続けてくる。
直向きに、ただ『勝ちたい』という信念で。

「皆も聞いたと思うが、昨日今日と立て続けにフェザーが現れた。きな臭い話、近いうちに大きな戦いがあるだろう。身を守るためにも、今日は模擬戦を行いたいと思う」

「「「「「はい!」」」」」

筋肉質な教官のような講師の言葉に周りは笑顔を浮かべ合う。

優劣を決められる勝負の場を好む、嫌らしい表情。
飲み込まれそうになる高揚感に師範からの教えを思い出し、冷静さを保つ。

「それじゃ、好きなやつと二人組になれ。組んだヤツと対戦してもらう」

講師の嫌な言葉を耳に颯爽と龍司と組むべく後ろを振り返る。
そこには円らな瞳でこちらを見つめる信次がおり、龍司を見れば、他の誰かと既にペアをつくっていた。

「それじゃ、模擬戦を始める。戦いたいヤツから順にフィールドに出ろ。出ないやつは端に寄るか二階に上がって待機」

「「「「「はい」」」」」

講師の声に元気よく返事し、周りは楽しそうに笑みを零す。
この瞬間、自分だけが取り残されたような気分でいた。

「まずは1回戦だが……」

「はい!」

「お、威勢がいいな……んじゃ、一回戦は美坂VS月島だな」

そしていきなりの初戦。
何を考える暇もなく、フィールドに立たされ、剣を構える。
互いに見合う中、周りから注目の視線を浴びる。

「恒例行事だな」

「どうせ今日も美坂の負けだろ」

「いや、わかんねぇぜ?あいつ日に日に強くなってるし」

「頑張れ信次ー!」

野次馬の声に少しばかり考え深く思う。

「始め!」

講師の掛け声と共に開始され、透かさず互いに踏み切り接近する。
木剣と木剣の衝撃が掌から腕を伝い、態勢を立て直しては切り掛かる。
上から降り下ろし、下から振り払い、水平に筋の入った剣を放つ。

通常であれば、最後の斬撃で木剣は吹き飛び、相手の首元を突いていた。
しかし信次は、最後の一撃を必死に受け止め、弾いていた。

『楽しいなあ!』


――黙れ。お前は出てくるな。


再発した高揚から、内心の葛藤をする。
一度、流れを戻すべく、間合いを取る。

冷静さを保ち、決まった型を維持し続ける。
それを心掛け、相手に意識を集中する。

するとそこには、息を切らしながらもしたり顔をする信次がいた。


――まったく……。


自然と釣られるように頬が緩み、何度も思う。

その明るさで周りを変えていく。
まるで漫画の主人公のような姿に自分もいつしか惹かれていた。
事あるごとに目で追うほどの存在と化していた。

凄まじい成長速度。
荒々しく、それでも確かな一歩を歩み続けている。
今にも追いつかれそうな疾走にいよいよ焦りを感じ始める。

「まぁ、でも……」

再度、重い一撃を放ち、信次は仰け反りながらも制止する。
このままでは先と同じ展開になり、流れが停滞する。
そう勘が囁き、軽くステップを踏んで回転し、遠心力を加えた剣をぶつける。

「んがあっ」

さすがにこれは受け止めきれず、信次は態勢を崩す。
けれど剣を話すこともなく、倒れる様子もない。

そのため、よろついた隙を見計らって止めをさそうと懐に潜る。
だが粘り強く、次の一撃でさえ、信次には通用しなかった。

「マジかよあいつ!」

「こりゃ、ひょっとしたらひょっとするぞ!」

「行け―信次ー!」

いつの間にか、外野から熱い支持を受け、信次は何度も笑顔になる。
戦いを楽しんでいるのか、自分の成長を噛み締めているのか。
どちらにせよ、こちらとしては少しばかり厄介になっているのは確かな話。

「今度はこっちから行くぞ!」

考えている間に駆け寄って木剣を縦に切りつけ、木剣で受け止めるも、体重を乗せた攻撃はさすがに受け止めきれず、やむなく横に流す。

しゃがみ込むように着地した信次の背を目に瞬きをする。
呆気にとられた直後、天に向かって木剣を切り払うように接近していた。

「……っ」

不意を突かれるも、間一髪で防ぎきる。

すると今度は回転を加えた右下へ払う一撃、持ち直して左下に斬撃をかまし、そこから軽いステップで下から斜め上にフルスイングという、ひし形を描くような技を見せていた。

息もつかせぬ連続斬りを何とか受け止め、後ずさりする。

『楽しいな~』

内に秘めた自分が狂気染みた笑みを浮かべ、あくまで冷静にと言い聞かせる。
今にも立ち上がりそうになるモノを必死で抑え、呼吸を整える。

「なに手こずってんだよ!」

ふと耳にする龍司の声により、改めて気を引き締める。
人は成長するのだと、再認識する。


――そして、


脳裏に蘇る過去の記憶。
引き裂かれるように別たれた自分をつくらせた元凶。

『おお、月島家の子にしては随分と華奢な体つきで』

小さい頃から周りは容姿を触れてくる。
当時は幼く、可愛がられているのだと勘違いしていた。
しかし笑顔で並べられた言葉の数々は、徐々に歪なものへと変わっていた。

『なんと、大剣が使えないのですか?』

『こんな体つきですもの。仕方ありませんわよ』

『ですが坊ちゃんは、騎士になりたいと仰っているのでしょう?』

『モデルを目指した方が良いのではなくて?』

『これから大きくなりますよ、きっと』


――うるさい。


『未だに大剣が使えないとは、名家の恥ですな』

『月島家の歴史も、これで終わりか』

『お兄様方は美青年で大剣も振れるというのに』


――黙れ。


『あいつ、大剣使えないらしいぜ?』

『え?月島家って代々、大剣を使う一族だろ?』

『使えないとか、ただの汚点じゃねぇか』

みんなみんな、勝手なことばかり。
いつからか、忌み嫌われた存在なのだと自覚し始めた。

『高々、大剣一本振れないだけで』とは思わない。
その力で一族は国に貢献し、貴族にまで上り詰めた長い歴史がある。
幸いだったのは、家族の誰も責めることはなく、背中を押してくれていたこと。

我が道を行けばいいと、使える必要はないと。
ただその優しさが痛かった。

責められる方がよっぽど楽なのに。
家族に気を使われ、迷惑をかけている自分が嫌だった。


「―――」


苛まれる日々で生まれた、もう一人の自分。
目を閉じれば感じる憎しみの塊。
狂気に満ちた殺戮衝動。怒りの権化。

疎まれ続ける自分だからこそ、平民である彼の存在が眩しいくらいに輝いて見えた。
誰に何を言われても、必ず誰かのためを思って動ける優しさ。

彼と共に過ごす時間は嫌いではなくて。
昨日の戦いで重傷を負ったとき、怖いと思った。

そんな彼に何もできず、知らないところで失ってしまうことが。


――だから、


「はあああ!」

地を蹴り、足を動かす。
止まることない剣技を叩き込む。
相手の隙を見逃さず、防ぐ暇も与えない速度で、無駄のない動きを意識する。

たとえ、大剣が使えなくとも。
一撃の重さが劣っていようとも。
確実なる一手を連続できれば、威力は絶大。

「ぐあっ!」


――誰かを守る力が欲しい。


そう心で何度も唱えた時、木剣と共に吹き飛ぶ信次がいた。





「いや~凄かったな、今日の颯斗」

「そう?」

「おう、神がかってたぜ。ちゃんと抑えられてたみたいだし」

夕暮れの通学路を歩く放課後。
彼の見舞いに行こうと誘われ、道中に土産話で盛り上がる。

剣術は彼の得意分野で、模擬戦で彼に勝てたモノは誰もいない。
そんな彼に学院で起こった出来事を報告すれば、羨ましがるのではないか。
戦いたいと、気持ち早めに良くなって学院に来るのではないか。

やはり四人で一緒にいる時が一番楽しいから。
後で華聯にも伝えに行こうと、二人で話し。

「え……?」

「何だよ、これ……」

魅剣羽亮の自宅に着いたとき、『KEEP OUT』のテープが塀や玄関を塞いでいた。





――花園邸。


「そう……」

お見舞いに来たという二人を招き入れ、今日の出来事を報告される。


目の前には不安げに顔を顰めた、白銀の髪に灰眼をした彼――『如月龍司』。


怪訝そうにこちらを見つめる、エメラルド色の瞳をした茶髪の彼――『月島颯斗』。


二人が齎す話題はもちろん、『魅剣羽亮』についてだった。

「お嬢、なんか知らない?」

「羽亮の居場所」

彼の家が立ち入り禁止区域となり、二人は何も知らない。
それだけでわかる事実が一つ。

「ううん、知らない」

誰かが情報に制限をかけている。
今朝フェザーが現れたというのに。
その存在を明るみにしていない。

もうどこにいるのかもわからない、彼の正体を。

「お嬢、それ……」

何に気づいたのか、颯斗が首元を指す。
視線を下ろせば、自分も今朝方に気づいた物があった。

「ああ、これ……」

胸元にまで垂らされたエメラルド色のペンダント。
聞けば特殊な魔力が込められた魔道具だと父は言う。
誰がくれたかは、言わずとも知れていた。

「大切な、プレゼントなの」

もう会うことはないからと、寂しくなる自分のためなのか。
今までの感謝を形にした、贈り物なのか。

彼のことだから、きっと後者なのだろう。
ありがたいけれど、そこに嬉しさは感じられなかった。

これがあれば、彼を感じていられる。
淡い思い出が蘇っては、忘れることを拒ませる。
彼がくれたプレゼントだからと、外すことさえできないで。

残酷なことをするなと、笑い泣きするばかりだった。

「ねぇ、二人とも……強くなりましょう」

そのせいで、思わずにはいられない。

「三人で、強くなりましょう」

もう戻って来ないなら、戻って来られないのなら。
父の言ったことの意味が、今ならば理解できる。

もう一度、彼に会いたいと願っているだけでは、何もない。
ならば、こちら側から会いに行けばいい。
会って、文句の一つでも言ってやりたい。


騎士なら傍にいなさい、と――。





花園邸を後に歩く足取りが重くなっていくのを感じる。
踏みしめる落ち葉の音がうるさく思えるほど、互いに気が滅入っている。

「なんか、珍しいよな」

「うん……」

「お嬢が、あんなこと言うなんて」

「そうだね……」

平和主義の彼女が、強くなろうと誓わせる。
自分たちも思っていたこと故に自然と相槌をして。
彼女の見せた儚げな笑顔が離れずにいた。

「なぁ、颯斗」

「何、龍司」

「今から先生のとこ、行ってもいいか?」

「奇遇だね。僕も会いたいと思ってた」


「じゃ――」


顔を見合わせ、互いに後方へ走り出す。


山の上、学院を目指して――。





「おや、どうしました?」

「先生の、方こそ……」

「こんなところで、何を……」

息を切らし、ようやく見つけた先生を前に言葉が出ない。

それもそのはず。
全力で学院まで戻り、職員室に行けば誰もおらず、探し回り。
帰ったのかと思えば、封鎖されているはずの体育館にいる。

『花園彦内』という講師の考えが、いつにも増してわからずにいた。

「少々、気になったことがありましてね。二人こそ、私に用があって来たのでしょう?」

何でもお見通しというのか。
先に息を整えた龍司が、口を開く。

「羽亮の家が封鎖されていた理由……羽亮はどこに行ったんですか?」


「―――」


龍司の言葉に対し、虚空を見つめ先生は空を仰ぐ。
ただ聞きたいことは、それだけではなく。

「……華聯が、強くなろうって、言ったんです」

講師であり、保護者である先生ならば、知らないはずがないだろうと。

「先生、何か知っているんじゃないですか?」

龍司に続いて、口を動かしていた。


「―――」


背を向け、しばらく口籠ると、先生は振り返る。

「……昨日ここで、フェザーとの戦闘があったことは知っていますね?」

「はい」

「記録では、フェザーが二体いたとされています」

「二体?」

何を言っているのか、胸がざわつく。
今朝の嫌な予感がまた、働いている。

「わかりませんか?」


「「―――」」


「緊急時に感知されたのは『黒翼のフェザー』一体のみ。ここで戦っていたのは、もう一人しかいないはずなんですよ」

「それって……」

自分たちの知る限り、戦っていたのは『魅剣羽亮』ただ一人。
それなのに記録ではフェザーが二人。

いなくなった『魅剣羽亮』と、今朝現れたフェザー、華聯の様子。

そこから導き出される解答は一つしかない。

「まさか……っ!」

とても信じ難い真相に辿り着き、驚愕する。
隣の龍司は合点が行っていないらしく、先生はこちらへと向き直る。

「魅剣羽亮はフェザーだと、指名手配されることになりました」

「は……?」

先生の口から断言され、龍司は困惑する。
しかしそれならば、全てに辻褄が合う。
華聯や先生から覚えた違和感はこれだったのだと、納得してしまう。

「あいつは今まで人だったんですよ!?フェザーなはずなわけ……」

けれど龍司は、信じられないと言わんばかりに訴えかける。
目の前の現実を受け入れられずにいる。

「私も今朝の会議で同じことを主張しました。ですが……」

言い足りないのか、龍司が先生に掴みかかろうとするため、肩を掴む。
自分でもわかっているのか、龍司は大人しく踏み止まる。
もう何をどうすればいいのか、思考が停止する。

「彼に会いたいですか?」

そこへ紡がれる言葉。
迷うことなく、二人で相槌を打つ。

「なら、会いに行けばいい」

「でも、どうやって……」

「華聯に強くなろうと、そう言われたのでしょう?それが答えですよ」

話が見えてこず、首を傾げる。
一体それがどう繋がるのだろうと。

「強くなれば、フェザーと立ち会う機会がある」

「「……っ!」」

「ニュースで見たと思いますが、これから対フェザー殲滅部隊が発足される。国家騎士団である《七聖剣》の七7名と、学院内から1週間後に行われる選抜試験。その上位五名を加えた12人の盛栄――《レイヴン魔法騎士団》。そこに入れば、きっと彼にだって会えるはずです」

僅かだか、希望が見えてくる。
強くなった先に彼がいるのだと。
華聯の、らしくない言葉のいみがようやくわかった。


――でも、


「……先生はどうして、それを伏せていたんですか?」

一つだけ、解せないことがある。
今朝、なぜそれを言わなかったのか。

『魅剣羽亮』がフェザーであることを周りに伏せているまではわかる。
彼がフェザーだと知られれば、誰もが寄ってたかって殺しにかかろうとするだろうと。

気に食わないのは、自分たちにまで話してはくれなかったこと。

「……君たちならば、ここへ来ると思ったからです」

「……」

「彼を友だと思うなら、私を見つけ、自ら聞きに来ると。自らの意思で選択して欲しかった」

本当の友ならば、心配して駆けつける。
そうしないのは、奥底でどうでもいいと思うもの。
自分たちは秘かに試されていたのだと、自覚する。

「《レイヴン魔法騎士団》に入れば、確かに羽亮君には会えるでしょう。けれど団の設立目的はあくまでもフェザーの殲滅です。会えたとしても、その時にはもう……」


「「―――」」


再会できても、お互い敵同士。
もう今までの関係ではあれず、友ですらない。


だから、先生は――。


「そんな酷な選択、自ら勧められるわけがないでしょう?」

配慮という先生の優しさ。
見たくはないものを隠してくれていた。
先生も辛いのだと、聞かなければよかったと、後悔する。

「……それでも俺は、羽亮に会いたいです」

覚悟ある龍司の声。
先生は複雑そうに苦笑している。

「僕も」

ただそれは自分も同じ。
ここにはいない華聯が誰よりも思ったであろう感情。

先生は薄く微笑むと、再び背を向ける。

それはとても、寂しげな佇まいだった。





「なぁ……」

「何?」

学院を後に黄昏時の帰路を歩き、龍司は口を開く。

「先生はなんで、俺たちにあんなこと言ったのかな」

「あんなこと?」

「今朝、『羽亮はしばらく休む』って」

「それは……」

真相を隠すための方便。
しかし龍司が言っているのは、おそらくは違う意味でのこと。

「羽亮はフェザーなんだろ?なら普通、退学扱いとかになるんじゃねぇの?」

「確かに……」

羽亮がフェザーと確定され、指名手配されたなら、退学処分となる。

「それに何で羽亮だってこと、伏せる必要があるんだ?」

「僕たちのためにだよね……?」

「先生一人の力で、情報を伏せることなんてできないだろ」

「言われてみれば……」

「おそらくは会議で先生が申し出たことなんだろうけど。上も上だよな。周りにも魅剣羽亮だってわかったなら、簡単に捜査可能なのに。そうしなかったってことは」

「上もまだ、決めあぐねていることがある……?」

「たぶん」

「けど、指名手配は確定だよね?」

「手配されるだけで、まだ内容に関してはわからないだろ。最悪は死刑だけど、罰せられる内容がもし、他だったら」

「羽亮を助けられる可能性がある?」

「ま、憶測だけどな。昨日と今日の会議で、決めたのが魅剣羽亮を指名手配することだけだとしたら。処罰の内容が死刑ではなかったとしたら」

「まだ、希望がある」

いろんな奇跡が重なり合った先に光がある。
それだけで、今を生きる原動力になる。
野心が、芽生える。

「強くなろう、颯斗」

立ち止まり、龍司は振り返る。
自分と同様の覚悟の瞳を持って。

「うん……」

沈みがかった夕日に照らされながら、腕をぶつけ合う。

「強くなろう」

華聯のために。先生のために。
誰でもない、自分たちのために。

そんな一つの思いを胸に。

今日ここに誓いを立てていた。

          

「FEATHER」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く