FEATHER

「S」

第一章9  『決別の裏切り』

シックなつくりをした店――『GOVERN《ガヴァン》』。


並んだ骨董品を照らす朝日の光。


――そして、


入り口に佇む少女――『花園華聯はなぞのかれん』。


突然と現れた彼女を前に平然としていられる自分を不思議に思う。
そこには確かな自信、根拠のない理由があった。

直感として、願望として。
来てほしくはない人が、ここへ参じることを。
ただただ、予想していたにすぎない。

だから互いに薄ら笑いを浮かべている。
叶ってほしくはない現実を目に、悲しげに。

「羽亮は、フェザーなんかじゃ……ないよね?」

その質問になんて答えればいいのか。
そんなものは、ここへ来る前から。
昨日、背中を貫かれたときから、決まっていた。

自分にはもう、居場所などないのだと。
生まれた時から、悟っていた。

「俺は……」

大好きな人を失って、優しい貴族に拾われた。
いつしか大切な人へと変わっていた。
守りたい存在になっていた。

もう何も、奪われたくない。


奪われるくらいなら――。


たとえ世界を敵に回しても――。


「華聯……」

答えはでているのに言葉にできない。
故に笑って誤魔化してしまう。

そこに華聯も笑顔を重ねる。
安堵するように勘違いをしてくれている。

やはり、言えるわけがないだろうと。
一歩、彼女の傍へと踏み込んで。

「ありがとう」

そっと囁いて、彼女の首元に平手を打っていた。

「う、りゅう……」

上手く急所に嵌ったのか、華聯の瞼がゆっくりと下ろされ、身体が揺れる。
それを優しく受け止めて、抱き抱える。
首元にそっと、お守りを添えて。

「おいおい、店の中で騒ぐんじゃねぇよ」

背後から厄介事はごめんだと、呆れかえった鉄船の声がする。
目の前には槍を構えた兵が数人。
とても振り返れる状況ではなく、耳だけを傾ける。

「南に向かえ」

「……?」

「城塞都市:《ダート》。そこに《Beyond《ビヨンド》》という酒場がある。そこで『梶鉄船に言われてきた』と言え。いいな?」

「……わかった」

兵には聞こえない小さな会話。
華聯を抱えた状態で、徐々に店の外へと出る。

「《ミスト・ドレイン》」

途端、鉄船の魔法により、背後の店(ガヴァン)は朝靄に紛れて消えていく。
後ずさりする兵を前に一番後ろで待機している、焼けた黒い肌と髭を生やしたガタイのいい兵を見つける。
あれがリーダーなのだとわかると、透かさず魔法を放った。

「《風魔烈風》」

フェザーを身に宿し、今までにない魔力を得て。
扱えるようになった魔法は数知れず。
その一つである風魔法を使って、取り囲んでいた三人を軽く暴風が弾き飛ばす。

殺さぬよう威力は抑えても、壁に亀裂が入るほどの勢いで衝突し、倒れ込む。
残りの兵長と呼ぶべき者だけは、膝を突きながらも意識は残っていた。

「ま、まて……」

九死に一生を得てもなお、捉えようとする心意気。
兵士としては立派であろうが、こちらは容赦なく逃避行を目論む。

背に意識を集中させ、同時に魔力を集中させる。
背筋に新たな感覚が宿って行き、徐々に力を込める。
瞬間、背中に人ならざる翼が出現する。

左翼はソラの白い羽。右翼は彼の黒い羽。
右腕には伝説の剣――《スペルディウス》が宿っている。
子供の頃に憧れた英雄の姿。

生やした翼で地面に叩きつける風をつくり、飛翔する。
一気に数十メートル上空に宙を舞い、広い《レイヴン》の街並みが目に映る。

初めて空中から眺める都市は絶景で、ひんやりとしたそよ風が頬を撫でる。
とてつもない解放感が、今までにない爽快感を生んでいる。

誰もが見上げる空から世界を見渡す。
それは何の柵も感じさせない自由を感じさせる。
これが、空を飛ぶという感覚。

もう一度、翼を羽ばたかせ、空中を移動する。
障害物など何もなく、青い空を真っ直ぐに渡り。

ただ嬉しいはずの感情が、胸に抱いた彼女の存在で少し重い。
沸々と蘇る思い出を内に留め、視界には一つの屋敷が目に入る。


「―――」


飛び立った店と抱えた彼女の家との間に位置する道で、こちらを見る一人の男性。
そこへ迷わず急降下する。


眉を寄せ、何を言うでもなく、いつも通り軍服の講師――『花園玄内はなぞのげんない』は佇んでいる。


着陸して数秒の間、抱えた少女を恩師のもとへと受け渡す。

「……行くのですね」

意識のない娘を抱いて、心配そうに声を掛けてくる。
わかってくれていることを理解して、感謝の意を浮かべる。

「こうでもしないと、先生たちにもっと、迷惑が掛かっちゃうから」

その胸にある罪悪感を少しでも取り払えるよう、苦し紛れの笑顔を乗せて。
逃げるように背中を向ける。

「俺の所為で、先生たちの居場所まで奪いたくないです」

この世の遺物であり危険因子であるフェザー。
自分がフェザーだと知られたとき、処刑は免れない。

それだけならまだいい。

魅剣羽亮みつるぎうりゅう』がフェザーだとわかれば、匿った罪で花園家は汚名を着せられ、貴族という今まで築き上げてきた地位を剝奪されることはおろか、最悪死を持って償うことになる。


――ならば、


全て『魅剣羽亮』というフェザーが独自で行った事態だと指し示せば、花園家も国同様に被害者だと穏便に済ませられる。
自分が招いたことであれば、自分が消えてしまえば問題はなくなる。

『魅剣羽亮』の居場所はもう、ここにはない。

「子供が遠慮するんじゃありません……って、言えたらよかったのですが」

手持無沙汰な現状は誰から見ても仕方がなく思えること。
故に自分は何も気にしていないのだと、自然と笑顔を取り繕った。

「それじゃ、華聯をお願いします」

「言われなくとも」

優しく苦笑する先生に悟られることなく、別れを済ませ。
迷うことなく空へと羽ばたく。

黒白こくはくの翼ですか」

相反する色を持ちながら、交わらせていない。
濁った灰色になるでもなく、艶のある非対称の羽。

「美しいですね」

そんな先生の呟きを耳にすることはなく、太陽の光を浴びながら飛び立って。

遠のいていく街に背を向けて、南を目指す。
もうここに戻ることはできないのだと、決別の涙を添えて。

フェザーとしての道を歩み始めた。





「ん……」

「起きましたか」

ふと瞼を開けて、聞こえた父の声から既視感を覚える。

「全く、昨日今日で困った子ですね」

呆れ声を耳に朦朧とした意識の中、真っ先に彼のことを思い出す。

「羽亮は……」

徐々に蘇る記憶を胸に途方に暮れる。
助けるどころか、裏切ってしまった。

「さっき旅立ちました」

「ぇ……」

「私たちを守るために」

父に背負われ、空を見上げる姿が寂しげで。
地面には陽の光を浴びて輝く白と黒の羽が落ちていて。
それだけで、何があったのか察した。

「私……私っ」

父の背に顔を埋め、酷い罪悪感に駆られる。
何もできず別れを迎え、彼の『ごめんね』と『ありがとう』が痛く胸を抉る。

「羽亮に酷いこと言っちゃった……っ」

泣くことしかできない現状。
自分を責めることで楽になろうとしている。
そんなことをしても、『魅剣羽亮』は帰って来ないというのに。

「もう、謝ることもできない……っ」

会うことすらも叶わない。
取り返しのつかないことをしてしまった。

「……彼に会いたいですか?」

「うん……」

「なら、会いに行けばいい」

「どこにいるかもわからないのに……?」

それ以上、何を言うこともなく。
何を考えているのか、押し黙る父に違和感を覚える。

けれど結局、今は会えない彼のことばかり考えて。
幸せな思い出に浸って。

そうやって、現実逃避をすることしかできずにいた。





今日の学校は休むということで、娘をベッドに寝かせ。
思い人が遠くへ行ってしまったのだから無理もないと、納得する。

そうやって、華聯と別れてしばらく。

学校へと向かうと、やはりとでも言うべきか、立て続けに出没したフェザーの話題で持ち切りで。
昨日今日で二度目の緊急会議が開かれていた。

「今回の議題は皆さんお気づきの通り、今朝現れた『黒白こくはくのフェザー』についてです」

円卓に腰掛け、三つのビジョンの真ん中に空を舞う、黒い左翼に白い右翼のフェザーが映しだされ、職員は黙然と眺める。


残り二つのビジョンには、黒陰国王――《レイヴン皇》と、国家直属の騎士団――『七聖剣』が周りと同様の表情を見せていた。


「その正体は伏せられていますが、この学院高等部生徒の『魅剣羽亮』とのこと」

司会の淡々たる説明に周りは驚愕する。


――そして、


「彦内氏、間違いありませんね?」

その視線が一気にこちらへと集中する。

「はい」

今朝の出来事から、こうなることはわかっていたため、動揺することなく相槌を打つ。
庇うわけでも、家族を売るわけでもなく、ただありのままを口にする。

魅剣羽亮が残した救いの手を。
彼の思いを無下にしたくはない。

ただそれだけを一心にこの場に立っていた。

「それで、本題は?」

そんな覚悟など知る由もなく、ビジョンに映るあかい鎧に身を包んだ青年。


七聖剣団長――《炎帝》『鬼嶋天芯きしまてんしん』。


普段はおおらかなはずの彼がつまらなそうに話を聞いている。
それが少しばかり、癇に障った。

「まさか花園家の断罪ですか?」

そこに一人、ふくよかな体系をした年配講師が口を開ける。

「それはないでしょう。比較的、貴族としての歴史は短くとも、優秀な名家ですよ。それこそ国の損失です」

また一人、貴人のようにピンクと薄紫のドレスを着飾った女講師が口を開く。

「ならば、何を?」

講師一行は小首を傾げて、ざわめき始める。


その光景をビジョン越しに眺める黒陰国の王――《レイヴン皇》。


司会は、「静粛に」と声を上げると、本題に移る。

「今ここで行うのは『魅剣羽亮』の処分」


「「「「「―――」」」」」


司会の放った言葉に空気は一変する。
辺りは開始よりも一際淀み、静まり返る。
唖然とする皆に司会はまた、追い打ちをかけるように口にする。

「彼を敵と見なすのか否か、ここにいる皆様でご決断いただきたい」


司会の名は――『レフリー・プロンプト』。


黒陰国における、罪人の処遇を振り子に掛ける謎多き平和の使徒。
その名の通り、判決を促す者だった。





「自習か~……」

いつも通り学院へと向かい、一限目にして『如月きさらぎ龍司りゅうじ』は暇を持て余す。
机に伏せ、退屈ながらにあたりを見回す。

周りは勉強に励むもの、ゲームを手に団欒する男子、会話に花を咲かせる女子など、様々に時間をつぶしていた。

ふと背後に目をやるも、今日も彼は席にいない。
魅剣羽亮みつるぎうりゅう』はまたしても、遅刻か欠席か。
面白味の欠ける現状にため息が零れてしまう。

「暇だぁ~」

「そうだね」

裏声交じりの嘆きに賛同するは、小さい頃からの友人『月島颯斗つきしまはやと』。
苦笑したのち、彼は視線を窓に移す。
隣の彼が険しい表情であることは、反射越しに見て取れた。

「今日はお嬢もお休みだし」

お嬢『花園華聯はなぞのかれん』とも、昔からの交友がある。
長い付き合いの三人を世間では、幼馴染と呼ぶ。

真面目で有名な彼女が学院を休むのは珍しいことで。
颯斗は少なからず、華聯に好意を寄せている節がある。
ただそれは憶測であって、確証のあるものでもなく。

華聯は貴族であり、彼女は平民である魅剣羽亮にぞっこんで。
颯斗もまた、魅剣羽亮が好きなのだと。
それ故に鎌をかけようにも、言葉を見つからず。

「なんか、嫌な予感がする」

「……?」

先に口を開いたのは、颯斗の方だった。

「羽亮が休みなのは仕方ないとして、お嬢まで休みだなんて」

「ああ……」

彼が休みならは、昨日にあったフェザーとの戦闘によるものだと断定できる。

けれど華聯が休みというのは、不思議なことで。
羽亮の看病でもしているのかと思うも、それを父である花園先生が許すとも思えない。

それがため、不思議ではある。

「それに今朝、フェザーが現れて……」

「考えすぎだろ」

「昨日と立て続けにだよ?」

「……」

今までにないことが積み重なって、不安を煽るのか。
颯斗の表情は暗く沈んでいく。

なんと声を掛ければいいかわからず、沈黙した刹那。
教室の扉がガラリと音を立て、教室は静まり返る。

教壇へ目を向ければ、担任である『花園彦内』先生が佇んでおり、その表情はいつになく真剣な趣だった。

「皆さんにお知らせがあります」

ゆっくりと口を開き、今朝のフェザーについて軽く説明をする。

「ぇ……」

不穏な空気に知らされたのは、信じられないもので。
何が起こっているのか、理解できずにいた。





――1時間前。


やはりとでも言うべきか。
彼の齎した救いは己の身を引き替えとした行為だった。

この展開を予想する頭と、実行に移す精神。
大切なモノのためなら、自分の犠牲を厭わない。

それを如実に表した図だった。

「魅剣羽亮の処分、ねぇ……」

ビジョンに映った七聖剣団長『鬼嶋天芯きしまてんしん』は、呆れ返っている。

それも、仕方がない。
魅剣羽亮の処遇について、講師一同がどよめき、意見がまとまらずにいるのだから。


――会議開始時。


「そもそも、魅剣羽亮とは何者なんですか?」

先陣を切るは初等部の女講師。

「中等部にもいませんでしたよね?」

続いて特徴的なシェブロン髭をした中等部の講師。

「確か、高等部から編入してきた生徒ですよね?」

若々しい眼鏡の講師。

「噂では、平民でありながら編入試験で学年7位という快挙を成し遂げた生徒だとか。それからの成績は学年13位を転々としているとかなんとか」

けだるげに筋肉質な細身の短髪講師。

「高等部の生徒なら、高等部の講師の方が素上については詳しくなくて?」

白髪の年配女講師。

「優秀な生徒ですよ。剣技は学年上位に入ると言っても過言ではありません」

そこに割って入る高等部の剣術講師。

「あら、魔法のセンスも相当なものですよ。全属性を扱えるのですから」

黒く綺麗な長髪で、生徒に人気の高等部魔法科、若手女講師。

「さすが、花園家の騎士ですね」

謎の団欒に包まれ、和やかになる空気。
呑気な会話に失笑しそうになる中、レフリーの表情は暗かった。

「ゔ、ゔん」


「「「「「―――」」」」」


「盛り上がっているところ悪いんですが、この会議の目的を忘れないでください?」

笑顔を浮かべ、温和に振舞っているようで、作り笑いだと誰でもわかる。
それほどにレフリーの表情は胡散臭く、歪だった。

「今ここで決めるべきは、魅剣羽亮を断罪するか否か」

真剣な趣で脅すような口調に皆は押し黙る。
その後、空気は一変し、賛成派・反対派に意見が分かれ。


そして、現在――。


「魅剣羽亮はフェザーなのでしょう?なら即刻、死罪でいいのではなくて?」

「それは本当に魅剣羽亮なのですか?全く別のフェザーという可能性は……」

「そんな悠長なことを言っていたら、いつ危害を加えられたものか」

「もとはうちの生徒だったのでしょう?ならいい子じゃありませんか」

「私たちを欺き、敵国から侵入してきたスパイかもしれませんよ」

「白陽国の?それは大変!」

「これを機にフェザーの大軍を押し寄せてくる可能性も……」

「まさか!昨日の体育館騒動もそいつの仕業か!」

「そんな!」

多種多様の憶測が入り混じり、淀んだ会話が繰り広げられる。
これが全て講師の主張であり、指導者とは思えない偏見で塗れている。
そこにまた司会の「静粛に」という声が響く。

「多々見解の相違があるようで。まずは魅剣羽亮について、誤解のないように改めて説明しておきましょうか」

何を考えているのか、レフリーは秘かに不敵な笑みを零す。
その姿が異様で、気づけば彼と視線が交差していた。

「彦内氏」

「何でしょう?」

「魅剣羽亮は人間ですか?」

唐突な質問にどう答えるべきか、思考を凝らす。

「私情は挟まず、事実だけをお答えください」

しかしながら、考える間も与えてはくれず、答えを選ぶ権利すらこの場にはない。

「あなたは元研究員なのでしょう?」

昔の失態を弱みとでも履き違えているのか。
レフリーの言葉は酷く冷淡で。
立場上、それに応えてよいものか迷う。

「その知識をお聞かせ願いたい」

紳士的でありながら、少しお道化どけているようにも思える。
奇怪な言動に惑わされた末、応えることが賢明だと相槌を打った。

「魅剣羽亮は人間です」

聞かれた質問に素直な解答を示し、辺りは納得がいかないご様子。
けれどこれは、確固たる『事実』であると断言できていた。

「フェザーとは、昔から存在する遺物であり、見た目は極めて人に近い。ですが、決定的に違うものが二つあります。一つは持ち主の魔力が高密度に圧縮され造形される翼です。これは皆さんご存知の通りだと思います」

数少ないフェザーの実態からわかる情報。
目に見える部分に関して言えば、誰もが見たことはあると共感するように頷いている。
しかし重要な研究成果は、それではなく。

「二つ目は、フェザーの体内を巡る〝血〟です」

「血?」

「彼らの血には魔力でコーティングされた特殊な核があり、それが翼を生やす動力源となっています。そしてそれは血液検査によって調べることができ、学院内でも年に3回、学期ごとに実施されています。つまり――」

「魅剣羽亮がフェザーである可能性は限りなく低い、と?」

「はい」

研究員としての知恵を披露し、周りは顔を見合わせ沈黙する。
司会はまた、不敵な笑みを添えると背を向けて、真ん中のビジョンへと足を運ぶ。

「それで?」

レフリーはリモコンを操作し、ビジョンに新たな写真を角に四枚並べると、中央で一つの動画を再生する。

「……っ!」

土煙の中、『黒翼のフェザー』と対峙する白き片翼のフェザーがおり、弁解の余地もない戦闘記録が流れ出ていた。

「これを見てもまだ、魅剣羽亮がフェザーでないと言い張れますか?」

「……」

やられたと、心底思う。

先ほど映された今朝の写真は上空故に拡大しようとカメラで捉え切れていなかった。
けれど昨日の体育館での戦闘には、くっきりと魅剣羽亮が撮られている。

言い逃れなど、できるはずもなかった。

「さて」

論破できたことによる優越感なのか、レフリーはニコニコと頬を綻ばす。

「それでは問います。魅剣羽亮の断罪に対し、反対の者はいますか?」

その質問は残酷なもので、皆がどう応えるかは明白だった、
目の前には複数の手が天に掲げられている。


――なのに、


「すみません」

一番恐れていることが起きながら、頭は不思議と冷静で。

「一つ、よろしいでしょうか」

「何でしょう?」

ただ一つ、たった一つの望みを歎願させる。


「―――」


せめてもの救いを。
彼のため、彼を思う皆のため。
吐き出した言葉に辺りは戸惑い気味に口を噤んでいた。

「……いいでしょう」

それをレフリーは了承する。
国王も静かに頷くと、鬼嶋団長と共に黙然と通信を切断する。
そうして、会議は静かに幕を閉じる。

暗闇の広がる部屋に佇んだレフリーの背中は、どこまでも怪しげな影を纏っていた。

          

「FEATHER」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く