満開の桜の、樹の下で

兎舞

 

世の中に たえて桜の なかりせば
春の心は のどけからまし

全くだわ・・・。

4月といえば、桜。
春といえば、桜。
日本の国花も、桜。
何かと言うと、桜、桜、桜。

あの和歌だって、桜が好きすぎて詠まれた和歌だし。

でも私は、本気で桜が好きじゃない。
桜の咲く、この季節が。

◇◆◇

やっと今日中に終わらせておかなきゃいけない仕事を片付けて、会社を出る。
オフィスの目の前の小さな公園にも、桜の樹がある。

どこにでもあるんだから・・・。毛虫つくのに。
桜の樹の下なんて素敵ね~❤
って言うけど、じゃやってみろ。
上から毛虫降ってくるぞ。

そんな事実を伝えただけなのに、会社の後輩からは私が毛虫みたいな目で見られた。
ロマンチックがわからないおばちゃんですみません。
すみません、なんて思ってないけど。

昼間の小さなやり取りを思い出してしまい、やり場の無いため息は、自然と目の前の桜へ向かった。

まだ満開には程遠いが、膨らんだ蕾が多いせいか遠めにはうっすらピンク色に見える。
日本中にある樹。
咲けば、誰もが「桜」とわかるなんて、ある意味すごい。
咲くタイミングを連日テレビで放送する花も、他には無い。花の種類なんて無数にあるのに。

なんとなく好きでもない桜の樹を見上げながら、ぬるい春風に吹かれていると。

「桜、好きかい?」

後ろから声をかけられた。

タイミングも唐突だし、夜の11時も過ぎた公園に自分以外の人間が居ると思わなかったし、大体、私は桜が嫌いだ。
気分を害された気がして、多少のイラツキを感じながら振り返った。

そこには。
10歳くらいの女の子がいた。

こんな夜中に、子ども?しかも、女の子?

イライラをぶつけてやろうと思ったのに、その姿を見たら拍子抜けした。
「えっと・・・、君、この近所の子?」
なんと声をかければいいのか分からず、そりゃそうだという質問をしてしまった。
が、また変な返答が来た。
「何を言っているの?私たちの家はここからは遠いでしょう?」

・・・私たち?
こんな子、知らないけど。
何言ってるんだろう?

「えーっと・・・、じゃ、君の家はどこ?」
「もう、何を寝ぼけているのかしら・・・。もう遅いわ、帰りなさい」

いや、帰りなさい、って。
お前こそ帰れよ。

「でも、嬉しいわ。約束を守ってくれて。」
呆れてその場から離れようとした瞬間、その子はそう言った。
約束?

「約束、って・・・。」
「あらやだ、それも忘れちゃったの?桜の樹の下で会いましょう、って、約束したじゃない」

その瞬間。
咲いていないはずの桜が満開になり、一面を多い尽くすような桜吹雪が舞った。

◇◆◇

『おばあちゃん、おばあちゃん・・・』
危篤と聞かされ、両親と駆けつけた祖母の枕元。
大好きで、ずっと一緒にいたい、いられると信じて疑わなかった祖母の死を前に、大人が制止するのも聞かず、意識の無い祖母に取りすがった。

行かないで。ずっと、ずっと私と一緒にいて。
声にならない思いを、涙と嗚咽で叫び続けた。
そのとき。
ゆっくりと、祖母の目が開いた。

幻を見ているのかと思ったら、そこには確かに微笑んでこちらを見ている祖母がいた。
「また、会いましょう。満開の桜の、樹の下で。」

それだけ言うと、すっと息を吸って、そして祖母の鼓動は止まった。

◇◆◇

「お、ばあ、ちゃん・・・?」
まさか、と思いながらそうつぶやいて、知らずに手を伸ばした。
彼女は呆れたように言った。
「いやだね、私以外の誰に見えるの。」

って!おばあちゃんには全然見えませんけど!
幽霊って死んだときの姿で出るんじゃないの?!見たことないけど!

「ずっと待ってたんだよ、桜が咲く時期には、お前が立ち寄りそうな場所に咲く桜の樹の下で。」

・・・忘れてました。ごめんなさい。
そして、私は全てを思い出した。
祖母の、いまわの際の言葉も、何故私が桜を嫌いになったのかも。

桜の樹の下で会おうといわれても、それを信じる気にはなれなかった。
もし、桜の樹の下へ行っても、会えなかったら?
ていうか、普通会えない。死んだ人には。
だから、桜の花が咲く季節は嫌いになったし、樹を見るのもいやになった。

「だって・・・、だって、おばあちゃん、普通会えるって思わないじゃん!」
子どもに戻ったように、駄々をこねながら半泣きで祖母にくってかかった。
「昔は私の言うことは何でも信じるいい子だったのに・・・。大人になると変わっちまうもんだねぇ。
いいかい。お前が本当に会いたいと思えば、私に会うことは出来るんだよ。なのに、ただの一度も思ってくれなかった。寂しいねぇ。」

会いたかった。会って、聞いて欲しい話は山ほどあった。
でも、会えるはずが無い。
願っても叶わない辛さは、もう味わいたくない。
いつか私は、祖母への思慕より、今の自分が辛い思いをしないほうへ逃げるようになっていたのだ。

「会いたかった、です。・・・おばあちゃん。」
最後は涙声で、祖母には届かなかったかもしれない。

しかし、今は小さな女の子の姿をした祖母は、ちょこちょこと寄ってきて、私にしゃがむように言う。
そして、ゆっくりと頭を撫でてくれた。

「そうだよ、そう、思ったことは素直に願って、言葉にしていいんだよ。」

その撫で方は、昔のおばあちゃんそのもので。
私はしゃがみこみながら、爆ぜるように泣き出してしまった。

祖母は、ずっと、私の頭を撫で続けてくれた。
その間中ずっと、幻の花吹雪は散り続け、桜も満開のままだった。

―散華ー。

「満開の桜の、樹の下で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く