少年兵と学園生活

アート

入学式

 王に招集され、3ヶ月経った
彼らは校門の前にいた

「今日から僕らの学園生活が始まるんだよ
楽しみだなぁ
君もだろ?ライト」

「それよりあいつらの方が心配だよ」

 3ヶ月前に王の褒美で正規兵になれた
ライトの元仲間たち
 話をすると大喜びで飛び上がった
だが元は傭兵、上手くやれているか心配していた

「大丈夫だよ、おじ様が見てくれてるんだから
それにライトの仲間は強いから
おかげで僕もだいぶ強くなったしね」

「まだまだだけどな」

 そんな他愛もない話をしていると受付が始まった

「行くよ、ライト
緊張してる?」

「馬鹿言え、さっさと行くぞ」



 ここはイスベルにある学校
【ベルタ王立学園】
 一般教養の他に戦闘スキルを学ぶ学園である
   

~入学式~



「なんか人いっぱいいるな」

「入学式だからね〜
今年は200人入ったらしいからね
ライトはクラスどこだった?」

「クラス?あーさっきの紙か?
1-Cだった」

「違うのかー、僕1-Aだった」

 この学園のクラス分けの方式は実力主義であるが特例であるライトは一番下となった

「あっ、あれが今年の首席だよ
まぁライトには敵わないけどね」

 リーストが指を指した方向見ると
赤髪のメガネの少年がいた
 彼は壇上に上がった

「初めまして、みなさん
私が今年の首席、ロイ・シルベタと申します
戦争がなくなり半年が経ちました
世の中は平和になりました」

 世界情勢を入れながら話を始めるロイと名乗る首席すると、突然

「そこ!!何をしている!」

 ロイが叫び出した
そしてステージを降り向かった先に居たのは
居眠りをするライトとそれを起こそうとするリーストだった

「貴様ら、私を愚弄しているのか?
私が壇上で話している時に何をしている!答えろ!」

 リーストとライトに怒鳴るロイ

「ぼ、僕は彼を起こそうとしていまして〜」

 少し慌てながら答えるリースト
一方ライトの答えは

「悪い、アンタの話さ
長くておもんないから寝てた」

 ライトの答えにロイは更に激怒した

「貴様、そんな態度で半年後の大会に勝てると思っているのか!!」

 ロイが言う大会とは
《アズリード剣武大会》である
両国代表がしのぎを削り強さを競う模擬戦の大会である

 しかし、ライトは

「ふわぁ〜ぁ、勝てる勝てる
余裕だよ
おやすみ〜」

 その生意気な態度に怒り狂うロイ

「貴様、この俺と」

「そこまで!
今日は祝いの席揉め事は避けてもらおう」

 そう言い放ったのは校長だった
そして校長の指示により式は終わり
各々教室へ向かった

「ったく、ヒヤヒヤしたよ
何もあんな言い方しなくてもいいだろう」

「向こうから突っかかってきたんだ
俺は悪くねぇよ」


「寝そうになってたライトも悪いよ」

「そういうもんか?」

「そういうものだよ」

 リーストにそう言われるとライトは少し反省をした
 そして教室に入った

「あの人、さっきの問題の人じゃない」
「同じクラスだったんだ、やばいね」

 ライトの式の行動がクラス内で話題されていた、それは好評ではなくむしろ悪評だった
 そして一人の女性が近づいてきた

バン!!

 クラス内に机を叩く音が響いた

「あなた、どう言うつもり?
首席に喧嘩売って勝てるとでも思ってるわけ?」

「さぁな」

 彼のその態度にやはり女性は怒った

「なんなの、その態度
私は貴族の娘よ?
あんたなんかいつでも潰せるんだからね」

「だから?」

 彼女の脅しに彼は何も感じていなかった

「だからって私はマトルニー家の長女
リオット・マトルニーよ?
私がお父様に言いつければあんたなんて簡単に」

「だからなんだってんだよ?
やれるもんならやってみろよ」

 リオットと名乗る女性
茶髪の団子ヘアが印象的な少女だ

「わ、私に向かってその態度は何よ
決闘よ」

「あーいいぜ
受けて立ってやる」

 彼女の挑発に乗るライト
余裕な態度のライトにリオットは

「私がやってもフェアじゃない
そうね、1-Aの誰かと決闘してもらうわ」

「なんでもいいよ
俺は帰る」

 面倒くさそうに帰ろうとするライト

「明日、午後3時に中庭ね
逃げないでよ」

「逃げねぇよ」

 そう言ってライトは教室を後にした
すると後ろから

「ねぇ」

 振り返るとそこには黒髪のショートボブの女性が立っていた

「なんだよ?」

「明日ほんとにやる気?
相手はあのマトルニー家が選ぶAクラスの人よ?」

「関係ねぇよ、売られたら買うだけだ」

「そう」

「なんだよ」

 彼女の態度に違和感を感じたライト
すると彼女が

「明日、あなたが勝てば教えてあげる
それじゃ」

「なんだそれ
おい、あんた名前は?」

「サーラ・ネイ」

 名乗ると彼女はその場を立ち去った

「なんだったんだ」

 彼女の態度の違和感を残したまま
1日が終わった

「少年兵と学園生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く